fc2ブログ
2021 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 11

【熟女体験談】問答無用でアナルセックスなど犯されまくっている万引き主婦

kage

2021/10/15 (Fri)

私は、主人の転勤で、4年前に関東のある都市に引っ越ししました。

そこでの1年間は私にとっては地獄の1年でした。

幸い、1年でまた転勤となり今のところにすんでいます。

けど、私のために犠牲になった彼女はどうなっているか、心配です。

私は、転勤で社宅に住んでいましたが、親しい友人もいなく、寂しかった。

ある時、スーパーで買い物をしていて、万引きをしました。

何故そうしたのか、今でもわかりません。

店を出でて、ある男性に呼び止められました。

彼は、私が万引きするところを見ていたのです。

私は気が動転してしまい、彼の車の中で必死に懇願して、許して貰おうとしました。

彼はこの事が知れると私ばかりでなく、主人も困ることになると言いました。

私がどんなに懇願しても、これは犯罪であり、どうしようもない。

けど、「僕が黙っていると犯罪はなかったことになり、誰も困らない」と言いました。

彼は私にお金を要求してきました。

私は彼に10万円を払い、何とかこの事は公になりませんでした。

私は家に帰ってもしばらく何も手につかず、ボーとしていました。

しばらくすると、何故か涙が溢れてきて止まりませんでした。

【熟女体験談】息子の家庭教師をネグリジェで誘惑してくるセレブマダム

kage

2021/10/15 (Fri)

今から20年以上前のこと。

大学生の時、男の子の家庭教師をすることになりました。

母子家庭ですが、豪邸に住まいし、初めから何か訳ありかな?なんて思っていました。

3回ほど通ったときに、男の子が「先生はすぐに辞めないよね?」と聞きました。

そのときは意味がわかりませんでした。

ひと月ほどしたときに、今度の土曜日は、息子の誕生日なので、「勉強の後にお食事をなさってください」と言われました。

当日、7時頃に勉強を終え、早速食事をごちそうになりました。

勧められるまま、ワインを飲み、9時頃になると、「もうおやすみの時間よ。先生にご挨拶をして!」と母親が言うので、「私もそろそろ失礼します」と言ったところ、「もう少しいてください」と言われ…

すると、母親は二階にある息子の寝室に行き、なかなか戻ってきません。

私はほろ酔い気分で、睡魔に襲われ、ついうとうと…

10時頃に目が覚めると、母親はネグリジェに着替えて私の横にいて、ワインを飲んでいました。

少しどぎまぎして、「そろそろ失礼します」と言うと、「先生、今夜はお泊まりになって…ゆっくり飲みましょうよ!」と。

母親は30半ばで、色白で豊満な肉体をしていて、私はその色気に圧倒されていました。

【熟女体験談】借金を背負った女性達を金の力でオモチャにしていた父親の後継者となった息子の人生

kage

2021/10/15 (Fri)

五十歳近くになって、気づいたのは友達がいないことだった。

それは子供の時からそうだった。

先祖代々の土地持ちで、手広く事業をしていた父親は金融業も営んでいた。

子供の頃、父親の部屋からは女性のすすり泣きや喘ぎ声がよく聞こえてきた。

「許して・」

「返しますから」

借金を背負った女性達を父親は金の力でオモチャにしていた。

俺の母親は俺が五歳の時にガンで死んだ。

父親にとっては好都合だったのかもしれない。

自由に女性達をオモチャにできるのだから。

「金は力だ。力のない者は何もできない」

が口癖だった父親は、俺に金儲けの仕方を叩きこんだ。

稚園も学校も家に帰ってから友達と遊んだことはない。

金融だの法律だの経営だの徹底的に仕込まれた。

八歳の時だったと思う。日曜日の朝、父親がドライブに連れて行ってくれた。

連れて行かれたのはボロアパートの前だった。