FC2ブログ
2021 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 04

【熟女体験談】社長の奥さんである副社長とオフィスでセックスしちゃいました

kage

2021/03/03 (Wed)

俺が某零細企業に入った時の体験談です。

俺は高校卒業して、この会社に入りました。

従業員は社長含めても20人ぐらいの小さな会社。

俺と同期の奴もいたけど、半年も持たずに辞めていった。

だがら、ほとんどの従業員が、40歳を越えていました。

女の人もいたけど、パートのおばちゃんとかでした。

でも、一人だけ綺麗な人がいてました。

それは女副社長で34歳。

しかも女副社長は社長の奥さんでした。

34歳と言っても20代半中盤ぐらいに見える人です。

社長とは22歳離れていて、副社長が26歳の時に結婚したみたいです。

副社長というのは役職だけで、仕事内容はパートのおばさん達と事務をしていました。

でも、俺からしてみたら立派な上司です。

そして女副社長と初めて熱い関係になったのは、俺が入社して2年ぐらい経った夏の時のことです。

社長や会社の先輩達がゴルフのコンペに行きました。

俺はゴルフをしないので行ってないが、終わったら打ち上げをするとの事で、社長命令で、その打ち上げの準備を副社長と昼からする羽目になりました。

副社長とは昼前に会社で待ち合わせをして、車で買い出しに・・・!

副社長の私服姿はこれまでも何回も見ていたが、その日はやけに薄着でセクシーでした。

【熟女体験談】母とセックスしたいと言ってしまった結果、本当にできちゃった近親相姦セックス

kage

2021/03/03 (Wed)

サイトの読者のほとんどの人は、姉や妹はともかく母親はいるだろうし、健在なんだと思う。

けど、実際はというと母子**AVのように美人だったり色気があるわけじゃないし、母子**好きだけど妄想だけという人がほとんどだと思う。

そんなわけで、いつも体験談だったり、それよりも人妻・熟女画像なんかみてすごくうらやましく思ってました。

で、時々人妻ソープ出かけてたんだけど、全然金が続きません。

GWに川崎へ遊びにいって、派手に遊んだので、もうすっからかんで休みなのに出かけられませんでした。

だけど、性欲はたまる一方で・・・同じく、うちの母もGWに友達と旅行に行った反動で、休みだというのにうちでゴロゴロと週刊誌や新聞を眺めてました。

俺21、母49です。

美魔女だったらいいんだけど、余計な肉もたっぷりついて、白髪も目立ってきて実年齢より老けて見える、そんなおばさんです。

同年代でも、全然若い人がいるのに、母はメイクしてもそんなに若くは見えない。

眼鏡のせいかも。

ネットもたいした記事はないし、ノートPCでエロサイト見てると母は小言いうし、つまらん日曜日になるはずだった。

遅いお昼に母とふたりでそうめんを啜りながら、母にどこか出かけないの?と言った。

気兼ねなくAVでも見て、オナニーしようと思ってたんだけど、母は金がない、アンタこそいつまでもゴロゴロしてるの?と返された。

俺は親父と違って、金の使い道はエロぐらいしかないのだが、デートする女もいないのかと痛いところを付かれた。

ここ2年ほど、普通の女には縁遠くなってて、母にいつもそんなところで金ばっかり使ってと叱られている。

とはいえムラムラは溜まってるわけで、でかい尻を向けて、新聞を読んでいる母を見て、どうなんだろうなぁと何度も考えてました。

【熟女体験談】自転車でこけた女性を助けた結果、生活感がありすぎる自宅に誘われセックスできちゃった

kage

2021/03/03 (Wed)

異常な暑さだった先日の出来事です。

私は不動産建築関係の仕事をしています。

営業職でたまに車の中で寝るぐらいでこれまで結構マジメに仕事をしてきました。

そしてその日、初めて仕事中誘惑に負けました。

現場の打ち合わせを終えた私は業者と別れ、喫茶店で休憩しようと思っていました。

目の前の団地内をショートカットしようと、団地の駐輪場の日陰でスマホをいじって周辺地図を見ていました。

その一帯は決して環境がいいとは言えず、早く現場を離れたいと思っていたところ、自転車に乗った女性が帰ってきました。

金髪、ところどころ黒のだらしない感じでした。

軽く見ましたが、その後は全く気にず、やっぱり駅まで歩くかと思ったその時・・・

「キャッ!」

ペタッ、ガシャンガシャンガシャン!!コンビニの袋を持った女性が見事にコケて自転車数台が将棋倒しに。

「だ、大丈夫ですか??」

私は慌てて女性のもとに行きました。

すると女性は座りながら、

「すみません、はずかしい・・・」

と笑っていました。

黒のTシャツに白のパンツ、肘や服の土を払っています。

私はコンビニ袋を拾い倒れた自転車を起こしていると、女性も自転車を起こしに来ました。