FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

【熟女体験談】中学のとき好きだったモデルS系美女にお口で責めてもらったM男

kage

2021/02/26 (Fri)

俺の名前は和夫(仮名)と言い、浪人して地元の関西の大学に合格し、現在2回生です。

先日、中学校の同窓会があり、久しぶりに旧友と飲む機会がありました。

その同窓会には、当時ずっと好きだったモデル美女な綾子(仮名)の姿が。

綾子は高身長、170センチの細型、それなのに出ているところはしっかり出ているという、まさにモデルそのもの。

「綾子がこんなにきれいになってるなんてな~」

と自分を含め周りの男たちは口を揃えていました。

ちなみに綾子は現役で地方の大学に合格し、現在3回生。

彼女に振られたばかりだった俺は、なんとか綾子と仲良くなりたいと思い、話をしに行くものの、今彼氏がいるとのこと。

「こんなきれいな人が彼氏いないわけないよな…」

と諦め、同窓会は終わりました。

翌日、一応前々からメールアドレスは知っていたので、

「昨日は楽しかったね。また今度ご飯でも行こ~」

というようなメールをしたところ、綾子から返信が。

「あたし長期帰省しててまだこの辺いるし、来週あたり飲もうよ♪ヒロシとか雅美も誘っとくし」

え!?2人きりではないものの、まさかこんなに早く実現しちゃっていいんですか!?彼氏がいることは知りつつも、少し期待をしてしまう俺。

その後、俺と綾子、それと友人のヒロシと雅美が集まり、ヒロシ宅で飲むことに。

ある程度酔いもまわって来た時に、誰が切り出したというわけでもなくいつの間にか恋愛トークへ。

【熟女体験談】夫がSMに目覚めたのがきっかけで、手錠拘束プレイのお仕置きセックスにガチで感じてしまった妻

kage

2021/02/26 (Fri)

最近、夫がSMに目覚めたことから・・・

そう、どこで買ったのか、ファーの付いた手錠を持ち出してきて、私にはめようとしてきた時のこと・・・

その時、私は変態的なセックスに興味がないので絶対にいやと断り続けていました。

でも先日、子供たちが出かけていない昼間に突然手錠をはめてきました。

私はめちゃくちゃに抵抗したんですが夫の力にかなうわけもなく、背中でカチリと手錠を両手首にはめられてしまいました。

そして服の上からおっぱいを揉まれたり、お尻を撫で回されたりしました。

夫は私がいやがって暴れると余計に興奮するみたいです。

しばらくして夫がスカートの中に手を入れてきて下着を荒々しく脱がして、私のあそこにむしゃぶりついてきました。

ちょっと怒っていた私は甘い声がでないように必死に我慢したんですけど、手錠で拘束されてる状況と夫の舌技に負けて結局感じまくってしまいました。

そしてついに我慢ができなくなってしまったので早く来てと言ったら、フェラしてくれなきゃ入れてあげないと夫が言い出しました。

なにそれと思ったのですが、もう我慢の限界だった私はしぶしぶフェラすることにしました。

そのフェラも普通のフェラじゃありませんでした。

下半身を丸出しにしてソファーにふんぞり返って座っている夫の足元にひざまづき背中で手錠をされたままの状態でフェラをさせられました。

ギンギンに勃起した夫のおちんちんで頬をはたかれたり、両手が不自由なまま頭を抑えられてのどの奥までくわえさせられた時はものすごい屈辱でした。

でもフェラしてる最中も乳首をつままれたり爪先であそこをいたずらされたりしたため、

さらにあそこが疼いて早く入れて欲しくてたまらなくなって一心不乱にフェラしてしまいました。

たっぷりと私のフェラを堪能した夫は私の上半身をうつ伏せにソファーに預けさせ、お尻を突き出させる格好をさせました。

【熟女体験談】孫もいるような売店で働く熟女がドクターとの純愛セックスに至るまでのお話

kage

2021/02/26 (Fri)

私は、50代の熟女ド真ン中な甘エロ女です。

どうでもイイですが、孫なんかいたりしたりするんですw

そう、あれは、売店甘熟女の身に起こったありえってぃな、医者との猥褻エッチな出来事・・・

そこは、そんなに大きくもない病院の売店…

で、私、1人で切り盛りしていたのです・・・

あれは、3月14日のホワイトディの日です。

その日は雪が降っていました。

リハビリの横田先生が売店に来ました。

横田

「あの、これ!」



「なあに?」

横田

「この前のバレンタインのお返し!」



「えっ!?」

横田先生はいつもサンドウィッチと春雨ヌードルを買いに来てくれて、時間の許す限り色々な話をする間柄でした。

自分の息子のようにも感じていて、なんでも話していました。