FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

【熟女体験談】人妻をイカせることに最大の喜びを感じる男がイッたことがない人妻と遭遇し、思いっきりイカせてやった

kage

2021/02/21 (Sun)

私は甘熟女な人妻をイカせることに最大の喜びを感じます。

1回よりも5回、5回よりも10回というように、1回でも多く甘熟女な人妻をイカせられればそれだけ満足度は高まります。

甘熟女な人妻をイカせるのに夢中になって、自分がイクのを忘れてしまうこともしょっちゅうですが、なぜか俺はそれで満足できるんです。

信じられないかもしれないけど。

前置きが長過ぎましたね。

今日は、公共施設のセミナーで知り合った人妻ユカと先日、結ばれたことを報告したいと思います。

ユカとは前から顔は合わせていて、とてもきれいな女性だなと密かに心を寄せていました。

でもなかなか声が掛けられなかったんです。

やっと先日、セミナーが終わった後、思い切って声をかけることが出来ました。

ユカも俺のことが気になっていたらしく、スムーズに会話が運びました。

そこでお茶に誘うとすんなりOK。

結構、話が盛り上がったので思い切ってお酒に誘ってみた。

するとこれもOK。

とりあえず居酒屋に行き、ユカは羽目を外したのか、家庭のことなどいろんなことを話してくれた。

今32歳で子供がいること。

旦那が初体験の男で、旦那以外の男とはエッチしたことがないこと等々。

「セックスには満足しているの」

と聞いてみると、あまり満足していない様子。

【熟女体験談】セックスレスな人妻が同窓会で乱交し、思いっきりハメを外した話

kage

2021/02/21 (Sun)

私45歳、主人44歳、2人の子供がいます。

ところで、唐突ですが、男性の皆さんは、彼女や奥さんに同窓会いかせますか?

うちは、ごく普通の家族です。

子供達は大学やらで家を出ていて、現在は主人と二人きり。

私と主人とは初めて同士で、お互いに他の人は知りません。

私は昔から周りの人に清楚というくらいにふしだらな事は苦手で真面目と言われてきました。

もう、しばらく主人とはセックスレスです。

主人は求めてきますが私がその気にならないし断っています。

いまさら主人に男を感じることもなくなっていました。

大げさにいうと主人に触れられるのも気持ち悪いとも思ってしまいます。

もう主人を愛してないのかというと別にそこまでじゃないんですけどね。

年齢的なものでしょうか?性欲がなくなったわけではないので、そんな気持ちの時もありますが主人としたいとは思わないのでオナニーで済ませます。

指でクリトリスを触って挿入しないでもすぐにエクスタシーに達し満足します。

頭の中では主人ではない他の男の人のペニスを舐めたり咥えたり。

私の大切なところを舐められたり。

主人とはしないような色々な体位でセックスしてることを想像します。

たまに数人の男の人を相手することも想像します。

【熟女体験談】出張先で浮気をした夫に追い詰められ、童貞くんを誘ってセックスした人妻

kage

2021/02/21 (Sun)

私は糞、ど田舎に生まれ、家にはびこる老害どものせいで体調障害を患ってしまいました。

で、逃げるように田舎の大学を卒業すると同時に家を捨てて、都会に就職し、数人の男性と交際した後、

3年前に上司であった15歳年上の亭主に出会い、結婚しました。

で、家庭に入り、これで幸福になれると思いましたが、ですが、ですが、この亭主は出張をしては浮気をするくそ亭主でした。

別れようと思いましたが、ここで別れても体調障害を持ったままではどうしようもないと、

くそ亭主とは体調障害を治してから離婚してやると決め、病院代を稼ぐために午前中はパートに働きに出て、午後は病院通いにしていました。

幸い、いい医者に出会い、体調障害の主な原因は極度のストレスである事が判明。

カウンセリングと処方箋で体調障害の治療を開始しました。

病院通いをしなくてよくなった後は公園で読書をして、心身ともにリラックスさせる毎日。

孤独のようにも見えるが、それ以外に章君というとても大人しくて優しい少年が話し相手になってくれている。

章君は半年に一回は来る姪の友達で私とも顔見知りであった。

家は捨てたとはいえ、姉妹とは連絡を取っており、姪も私には懐いている。

そんなかわいい姪の友達なので安心して話を聞いてもらっている。

話といっても愚痴に近い事をいつも黙って聞いてくれます。

そのおかげで心のもやもやが晴れる感じです。

章君にはいい迷惑ですのに本当に感謝していました。

そんなある日、私は章君にいつものように話を聞いてもらっていると、空から冷たい物が落ちてきました。

空は晴れているに雨?と思っていたら、あっという間に黒い雲に覆われ、どしゃ降りに見舞われました。