FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

【熟女体験談】女盛りのシングルマザーが息子に近親相姦セックスで性教育を実践

kage

2021/02/11 (Thu)

私はただいま甘熟女な女盛りの36歳、シングルマザーってヤツでして、この歳にして17歳の息子がいます。

ちなみに、息子は現在高3です。

私が高校3年生の時、7歳年上の彼氏が出来ました。

僅か5回程度のHの末、付き合って半年後の3学期に彼氏の子を妊娠しました。

私はまだ17歳だったし、百貨店への就職が決まっていたけど、好きな人の赤ちゃんを堕胎する気になれませんでした。

私は社会人だった彼氏に結婚を迫り、妊娠したまま高校を卒業して、すぐ入籍しました。

ですが私との関係がただの遊びだったと気付いたのは、結婚してからでした。

結婚する前から他に彼女がいて、しかもそちらが本命だったみたいで、私はその彼女から男を奪った悪女扱いをされました。

旦那も彼女との付き合いを止めてくれませんでした。

妊娠して婚前から性交出来なくなってた私など、もはや興味の対象ではなかったのでしょう。

新婚4ヵ月で私は耐えきれなくなり、離婚しました。

既に妊娠6ヶ月過ぎだったので中絶は出来ず、その年の10月に、私は18歳7ヶ月で息子を産み、シングルマザーになりました。

育児休暇の後、仕事に復帰してからは息子を育てる事だけが生き甲斐でした。

恋愛もHも元旦那としか経験が無かった私は、男選びの失敗から恋愛が怖くなり、気が付いたら三十路になっていました。

でも歳よりずっと若く見られていたし、スタイルやルックスにも自信があって、今が女盛りだという自負がありました。

私が31歳の頃の春、息子は中1でした。

私の唯一の性体験相手だった、あの元旦那に顔立ちがそっくりで、思わず惚れてしまいそうな風貌に、恋のような感覚を覚えていました。

そんな感覚は、いつの間にか本物の恋愛感情に発展していました。

【熟女体験談】SNSのチャットで盛り上がった美人な熟女とリアルに会って即ホテルに入り不倫セックス

kage

2021/02/11 (Thu)

SNSのチャットで話して盛り上がったまりこ(仮名)と、リアルに出会ったのは県東部の街で会った。

お互いに車でその駅前のロータリーで待ち合わせ。

あらかじめ聞いていた色と車種の車が入ってくるのを見届け、打ち合わせどおり少し離れたコインパーキングに向かった。

パーキングに車を入れると、まりこは躊躇いもせず漏れの車に乗り移って来た。

車に乗っていたときから気づいていたが、そこそこの美人。

最大の特長は・・・腰のくびれが目立つこと。

身長は160以上ありそうだけど、多分ウエスト55cmくらいしかないのではないか。

その上のおっぱいも大きめなので、腰から胸にかけてのラインが見事だった。

細い腰の上に、大きく豊かなおっぱいが突き出している。

Dカップだそうだが、軽くそれ以上に見えた。

まりこは三十路の甘熟女で、幼稚園の娘さんが一人いると言っていた。

このときも娘の友達の家に娘を遊びに行かせていた。

どうやら、自分は病院に行くためという理由にしたらしい(帰りに聞いたのだが、まりこは極度の便秘持ちだそうで、よく病院に行くのだそうだ)。

乗り移ってきた車の中で話したら、娘を預けてあるため時間がそんなにない、とのことだった。

言葉の裏側を読めば、即ホテルということ。

だから

「そう、じゃぁすぐに入るね。中でゆっくり話をしよう」

と言った。

【熟女体験談】妻や子もいるが、長く、深く、セックス関係が続いてる近所のおばさんがいる

kage

2021/02/11 (Thu)

自分には、妻も子もいますが、それよりも遥かに長く、深く、セックス関係が続いてるBBAがいる。

で、おばさんは、近所のBBAなので、物心がついたころから知っている。

おばさんのおまんこを見たのは、小学校高学年のとき。

目の前でビラビラを大きく拡げて奥まで見せてくれた。

今でも、あのときの興奮は色褪せていない。

おばさんは節子(仮名)と言って、綺麗で上品な人だった。

初めて関係したときは、30後半ぐらいだったと思う。

正確な年齢は今も教えてくれない。

ちょっと当時の気持ちになって書いてみようと思う。

親と喧嘩して家を飛び出したことがあった。

たしか夏休み中だったと思う。

行くところなんかなかったし、小学校のグラウンドでナイターで草野球してるのを見てたんだけど、すぐに飽きてしまった。

家にも帰れなくて近所をウロウロしてるときに、声をかけてくれたのが節子おばさんだった。

近所で顔見知りだったけど、ちゃんと話したのは初めてだった。

おばさんは僕の話を聞くと、

「そっか、まだ帰れないんだ。じゃあ、うちに来ない?」

美味しいお菓子があるからと誘ってくれた。