FC2ブログ
2020 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 02

【熟女体験談】同級生の結婚式で当時付き合っていた元カノと再会し、元カノの母とした濃厚なセックスが走馬灯のようによみがえってきた

kage

2021/01/30 (Sat)

元カノの母との濃厚なセックスが、先月同級生の結婚式で、当時付き合ってた元カノと再会したときに走馬灯のようによみがえってきた・・・

ちなみに、高1から高2の冬まで付き合ってた元カノは素敵ガールでしたw

懐かしくて2次会でも昔話をしていましたが、俺の頭には絶対に言えない思い出が付きまとっていました。

童貞だった俺は、その元カノ(真帆┃仮名)が初めての女でした。

初体験を済ませたのは真帆の家で、よく遊びに行ってはコッソリ2階の部屋でセックスしてたもんです。

真帆の母親とは何度も顔を合わせていましたし、多分俺たちが上でしてるのを分かっていたんだと思います。

この母親ってのが素晴らしく美人で、初めて会った時はマジでビックリしました。

まずビックリしたのはその若さです。

18の時に真帆を出産しているらしく、当時確か34歳とかだったと思います。

俺の母親は50とかだったから、こんなに若いお母さんがいるのか!とビックリだったんです。

しかも34才と言われなかったら20代にしか見えなかったし。

真帆と洋服を貸し借りするらしく、俺が遊びに行った時もミニスカートとか穿いてました。

無理して若作りしてるような感じではなくて、真帆以上に似合ってたと当時思ってました。

18時になる頃、注学生の弟を塾に送りに行きます。

だからその時間が近づくと、俺と真帆は暗黙の了解でセックスタイムへ。

帰って車で30~40分ぐらいだから、いつも焦ってやってました。

だからゆっくりフェラとかなんて経験してなかったんです。

それでも高1の俺には満足で、いつも貪るように真帆の体を舐めまくっていましたね。

【熟女体験談】ゼミの中心的であり巨乳な教え子との不倫セックス体験談

kage

2021/01/30 (Sat)

自分は45歳で結婚して10年、子供も1人います。

妻は2歳年上で、家庭はまあ円満でした。

当時、自分は大学で講師をしていました。

写真や映像に関するゼミをやっており、ゼミの学生は3、4年生合わせて20人弱でした。

その中に、上村めぐみ(仮名)という女の子がいました。

その子は、ゼミの中でも、積極的で明るい子でした身長も高く、色白で美人で、色々な意味でゼミの中心的な子でした。

何よりも…自分が気になってしまったのは、上村さんのスタイルでした

長身でスラッとしているが、胸だけはものすごいボリューム…

顔は幼くかわいらしい感じで、アンバランスな外見に正直魅了されていました

自分の妻は、外見こそ並ですが…

胸はAカップで…

巨乳好きな自分にはそこだけが不満であると同時に長年巨乳に憧れ、

巨乳の女性を見るたびに目で追ってしまうような感じでしたそのため、ゼミに上村さんが入った当初からずっと気になっていました

上村さんが4年生の時の6月に、学校との企画で海外研修があり、

参加者は自分と、学生は上村さんを含む3人(男2女1でした)行き先はギリシャで、遺跡を巡りました研修と行っても、ほぼ観光旅行でした

ところが到着してすぐ、宿泊先のホテルで手違いがあり、部屋が二部屋しかとれていないとのこと

英語が喋れるのは私だけだったので、1人でホテルの方に話をしたが、部屋が空いていないとのこと…

【熟女体験談】バイト仲間で女性2人を含む4人で、お別れ乱交4Pセックスを楽しんだ

kage

2021/01/30 (Sat)

バイト先の仲間で、俺ともう1人の男と女2人の4人でよくつるんでいた時のこと・・・

バイトっていっても華やかさとは無縁の、どちらかといえばガテン系の職場で、仕事は小汚くて、いつも金は無く、

自分で言うのもなんだけどまーあんまりパッとしない4人組だった。

ただそれだけに似たもん同士で壁が無いというか、変に見栄を張ることも無い男女の枠を超えた友情みたいなものが芽生えて、

給料が出るとよく4人で安居酒屋に飲みに行ったりしていた。

わかりづらくなりそうなんで先に名前を振っとく。

俺=タケシ、男友人=アキラ、女1=ユキ、女2=マユミ、もちろん仮名。

さっきも言った通り4人の中では今さら気取ってもしょうがないっていう共通認識があったせいか、

飲みに行っても話す内容は、彼女(彼氏)が欲しいとか金が無いとかそんなのは当たり前で、もうちょっとシモの方の話しも結構平気でしていた。

下ネタが好きというよりは、そういうことを本音で話せる異性の友人って少ないもんだし、

性的な好奇心や疑問を解消するだけの実経験もあまり多くなかったから、

少なくとも俺にとっては異性というものを知るという意味でもこの飲み会は実に貴重なものだった。

(ただし一応全員非童貞、非処女ではあった)俺の知る限り、

4人の中で付き合ったりとか体の関係を持ったりということは無く、あくまでも気の合う仲間という関係がバイト期間中ずっと続いていた。

そんな関係が崩れたのはアキラの退職がきっかけだった。

しかもアキラは単にバイトをやめるだけでなく、ある事情で地方にある実家に戻ることになってしまい、

当然俺たちはアキラとの別れを惜しみ、送別会と称しては以前にも増して一緒に飲みに行くようになった。