FC2ブログ
2020 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 02

【熟女体験談】人妻が大好きで、人妻を喰いまくっている高校生

kage

2021/01/20 (Wed)

俺は、17歳の高2です。

昨日、また人妻を喰っちゃいました。

友人のおばさんです。

前から狙ってた人妻です。

友人がいないのを知っていて、知らないふりをして尋ねました。

家に上がり、誰もいないのを確認して、即実行。

台所にいたおばさんを後ろから襲い、嫌がっているのを無視し、スカートを捲りパンティーの横から一気に極太のカリをぶち込みました。

抵抗したけど、入口と奥を極太のカリで、ちょっと擦っただけで簡単に落ちました。

カリの引っかかりが相当よかったみたいで、5分後には大きな喘ぎ声を出しながら、バックなのに腰を振っていました。

見た目は超美人で真面目そうだったけど、連れのおばさんは淫乱熟女でした。

44歳で芸能人で言うと斎藤慶子似かな?

落せばこっちのもんです。

5回~7回やれば嫌でも骨抜きにしちゃいます。

14歳の頃から32歳の人妻~53歳の熟女を喰っちゃってます。

俺の20cmあるんだけど、大きさよりもカリが極太ってよく言われます。

ただ、17歳で既に、真黒です。

極太&巨根&真黒&量が多くて濃いときてるから、親に感謝です。

【熟女体験談】同居している義母にマッサージをしてからエッチな関係になった

kage

2021/01/20 (Wed)

同居している義母とHな関係になりました。

私は28歳のサラリーマンです。

妻は25歳で、社内恋愛で昨年の3月に結婚しました。

義母は47歳ですが、見た目は40くらいです。

同居するまでは、義母は同じ市内の一戸建て、私たち夫婦はアパートに暮らしていました。

今年1月に義父が交通事故で亡くなったので、私たち夫婦が一戸建ての方に移ることになりました。

義父は私にすごく親切にしてくれていたので、亡くなったのはすごくショックでしたが、

初めて会ったときから憧れていた義母と同居することになり、嬉しくなりました。

義母は妻と同じく色白でムッチリした体型をしています。

ルックスは、平均よりやや上のレベルという感じです。

妻と並んで立つと、母娘と言うよりは少し年の離れた姉妹です。

今年3月から同居し始めました。

洗濯物カゴに入っている義母の汚れた下着の臭いをかいだり、干してある下着類を眺めて楽しんでいました。

休日の夕方などは、私が全員の洗濯物を取り込んで畳んでいると、義母が慌てて飛んできて、自分の下着を隠そうとします。

色白の顔を羞恥に染めて「後は私がやりますから…」と言う義母を見ると、かわいい人だなと思いました。

そんな義母とHな関係になったのは、ゴールデンウィーク中です。

ゴールデンウィーク中に、妻が会社の同僚3人とヨーロッパ旅行に出かけました。

【熟女体験談】下に子供がいるのにサッカーコーチにレイプされてしまった

kage

2021/01/20 (Wed)

その日は土曜日で私は家に居た。

妻は午後から子供のサッカー教室の手伝いで子供達と学校に出掛けて行った。

私は一人で家に居るのも暇なので、散歩がてら子供のサッカーでも見に行こうかと家を出た。

学校に着くと、子供達はグランド一杯に広がってボールを蹴っていた。私はブラブラと奥さん達の集まっている方に行ったが、そこに妻の姿は無かった。

「あの、ウチの女房来てませんか?」

「あらっ、さっきまで一緒に居たのに。ねえっ?」一人の奥さんが隣に居た奥さんに聞いた。

すると隣の奥さんは顔をしかめ、しいっ、と口に指を当てて、ダメという風に顔を横に振った。す

ると最初の奥さんもしまった、という顔をして、急にオドオドした様子になった。

「あ、あの、そう、おトイレにでも行ったのかしら。ねえっ、」

周りの奥さん方の雰囲気が急に気まずいものに変わった。

「あ、あの、何かご用事でしたら、探してきましょうか?」

別の奥さんが校舎の方を振り返りながら言った。

「いえ、別に用事って訳じゃ。」私はその場を離れることにして、奥さん方に適当に挨拶していったん学校を出た。

私は怪しい雰囲気を感じて、学校の裏口から校舎の中に入り、裸足で足音をひそめて階段を上った。

2階の教室を端から順番に覗いていったが、どの教室にも誰もいなかった。

私は3階に上がった。3階の教室も2階と同じ様にひっそりと静まりかえり、校庭から遠く子供の声が聞こえるだけだった。

(私はいったい何をやってるんだ?)私は馬鹿らしくなって4階まで階段を上ったところで、もう帰ろうとしかけた。

その時、「ああっ、」という女の悲鳴のような声がどこからか聞こえてきた。私は耳を澄ませた。