FC2ブログ
2020 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 02

【熟女体験談】父親の再婚相手が若すぎる教え子でおまけにエッチだったので義理母とのセックスライフにハマっている

kage

2021/01/10 (Sun)

新しい母親の唐突な紹介から始まった・・・

「ただいま。おい和志、ちょっといいか?」

「おかえり…、?」

「覚えてるか?この人が今度お前の新しい母親になる瞳君だ」

「お、覚えてるよ」

「また会ったわね、和志君。ヨロシクね!」

「は、はい…よろしくお願いします」

大学の教授をしている親父が再婚することになった。

相手の女性は教え子だった瞳さん(仮名)で、今はアラサー若熟女だ。

一度遊びに来たことがあって、初めて瞳さんを見たときにはキレイ過ぎて暫し呆然としてたものだ。

それがまさか俺の義理の母親になるなんて…たしかに親父は45歳にしては若く見えるしダンディーなところがカッコいいんだと思う。

それにしても自分の父親と同い年ほどの男性と結婚するとは。

程なくして結婚をした瞳さんと親父。

その後すぐに突然やってきた瞳さんとの同居生活が始まった。

新しい生活には刺激が一杯溢れている。

男所帯だったところに若い女の人が混ざったんだから当然か。

高校も夏休みに入り、やることもなく家でブラブラしている俺には刺激が強すぎる。

【熟女体験談】家長の奥さんの秘密を握って、自宅で強制言いなりセックス

kage

2021/01/10 (Sun)

俺35、課長40代前半、そして、奥さんは上司より少し年下のアラフォーです。

そもそも、あれは、上司の夫婦関係がうまくいってないようで、子供が寝たりしたあとや、

休日に間が持たないから遊びに来てくれと言われ、ちょくちょく通うようになったことから始まりました・・・

奥さんはほっそりとした美熟女で、別にグラマーなタイプではないけど、とても色気のある感じでした。

なぜ、課長はこんな美人がいるのに別マンコを求めて浮気するんだ?と思ったくらいです。

俺が上司の家に行くと、だいたいは家で焼肉をして酒を飲み3人で話しをして、その日は泊まっていくというパターンができてました。

奥さんもかなり飲めるクチで、俺達が打ち解けて、メールアドレスや携帯番号などを交換するまでにそんなに時間かかりませんでした。

と、いうか上司の前で

「携帯教えておいてくださいよ」

って言われて教えました。

しばらくすると、奥さんから頻繁にメールが来るようになりました。

内容は、上司のアリバイに関する確認が多かったです。

最初は、上司をかばっていましたがそのうちに俺も下心がでてきました。

相談に乗ってほしいから、上司に内緒で飲みに行こうと誘われることもありましたが、

最初は、俺のことをかわいがって信用してくれている上司に申し訳ないので、それはまずいでしょうと断わっていました。

下心もあったけど、あまりにも奥さんが真剣に言うので、結局は何度か飲みに行きました。

それでも、俺は、そういう状況下で、奥さんをホテルなどに連れていくことはしませんでした。

【熟女体験談】仕事ができる女部長が酔って女に豹変したのでセックスを楽しんだ

kage

2021/01/10 (Sun)

私は28歳になる独身サラリーマンです。

2年前に付き合っていた彼女と別れてからステディな関係の女性はいませんでした。

で、ですね、そんな私ですが今年、別の部署に移動たその部署の部長が、なんと熟女どまん中な女性だったんダス。

その女部長は仕事ができます、普通なら女性は課長でもなかなかなれないうちの会社の社風なのに、

まずは異色と言っていい存在ですので、私も彼女の存在だけは知っていました。

見た目は…というより、雰囲気もですが櫻井よし子のような感じで、落ち着いた感じの美熟女系です。

もっとも、45歳なので櫻井よし子よりも若くて綺麗です。

彼女は20代の時に社内結婚をしたらしいのですが、30代になると離婚してしまい、彼女が会社に残って、ご主人の方が退社したようです。

そんな訳で意味もなく冷たい女のようなイメージができてしまっており、

しかも、できすぎる女性というのはなんとなく近寄り難い感じがするのか、決して感じの悪い人ではないのに、

やや敬遠されているような感じのところがあり、私も皆と同じように初めの頃はなんか近寄り難いように感じていました。

しかし流石に女性で部長に抜擢されただけあって、こちらの仕事の内容もきちんと把握してくれており、

仕事の指示も的確なので次第に好感を持ってきました。

勿論、それは女性に対する好感ではなく、上司に対する好感でした。

その女性部長=Bさんは、以前の部署の上司だった部長とは雲泥の差でした。