FC2ブログ
2020 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 02

【熟女体験談】出張PC修理で美熟女な熟女のハメ撮り動画を発見したり、誘惑されて不倫セックスまでできた体験談

kage

2021/01/31 (Sun)

自分はある街で、小ぢんまりとしたパソコン屋を営んでいます。

近場に進出してきた量販店のおかげで生活は苦しくなっておりますが、色々と工夫を凝らして頑張っています。

その工夫というのはアフターケアー事で、うちで購入していない方の家電製品に対しても行っています。

ここ最近依頼が増えているのはPC修理で、小さいながらもうちの店はホームページも用意しているので、全国各地から問い合わせもあります。

とはいえ、近所からの問い合わせの方が大多数です。

ろくなPC知識がない人がファイル共有ソフトを使用した結果ウィルスに感染し、焦って電話をしてくる…というパターンが多いです。

週に3人~5人は電話してくるほどなので良い副収入源です。

驚くことに、中には肉体関係を迫ってくる人妻も少なくない事です。

エロくて変態ちっくな人妻さんって意外と多くいるみたいです。

先日もそうでした。

「旦那が使用してるPCが壊れたみたいで…」

と、奥さんの話を聞いてみると、どうやら何かをダウンロードしたみたいです。

それが何なのかも分からず、旦那にバレたくないと焦っているようでした。

急遽午後一でその依頼主の家に向かいました。

車で30分ほどの郊外、20階ぐらいの高層マンション。

訪問したら、人妻とは思えないほど若く美人な女性が出てきたので驚きました。

旦那さんの書斎部屋に置いてあるデスクトップPC。

調べてみると、案の定ウィルスにやられていました。

【熟女体験談】一緒にテレクラセックスをした清楚系奥さんは喘ぎ声もイキ方も超絶エロくて最高だった

kage

2021/01/31 (Sun)

私が独身だったころのこと・・・がちんこテレクラが流行っていて、

週末に2時間テレクラにいると、曜日や時間帯にもよりますが、ほぼ100%近く、女性と出会うことができていた時代の話です。

当時、毎週のように週末はテレクラにしけこんで、出会いを探していましたが、

その日は一発目のコールを取ることができ、甘熟女な36歳、人妻と会うことができました。

結婚8年目で子供が2人という理想的な家庭を持っていて、しゃべりかたも落ち着いていて、どこか上品さを感じた人妻でした。

とりあえず、昼1時に待ち合わせをし、私は車で近くのコンビニに行ったのですが、

ベージュのコートにたぶんミニスカートに近いスカートをはいて立っていました。

久しぶりに大当たりでした。

最近は会うことはできていたが、なかなか理想に近い人妻と会うことができず、

とりあえずエッチはしたかったので、ぽっちゃりしたおばちゃんやブスな若い子でも、セックスマシーンのようにセックスしていた。

少し港に車を止めて話をしていると、今日は夫と子供は夫の実家に行っており月曜しか帰ってこない、とのことで、

その奥さんは今日は大学の同窓会があると言って出てきていたそうですが、

まあ、たぶんこの理由は嘘で、実際にセックスがしたくて、出てきたのでしょう。

女性は必ず大儀名分を大切にします。

だから女性を出てこらせる時は、大義名分を作ってあげないと、アポ率は大きく下がります。

そんなテクニック的なことはどうでもいいとして、しだいに打ち解けてきた感じで、冗談を言いながら、

ボディタッチをしても全く拒まず、逆に私にもタッチしてくるので私も股間が熱くなり、

ついキスをすると、拒むどころか、腕をまわしてきて、抱きついてくるので、

とりあえず場所をかえようと、いつものホテルに行くことを提案してみた。

【熟女体験談】「お前は絶対彼女が出来ない」と言われていたが、20歳前に人生初の彼女ができ、脱童貞セックスに成功した

kage

2021/01/31 (Sun)

今でもたまに会うガキの頃からの友人達には、

「お前は絶対彼女が出来ない。20歳の誕生日の日に俺らが金を出し合うから、ソープランドに行って童貞捨てろ」

と言われていた自分が、20歳を迎える1週間前に人生初の彼女が出来た。

友人達の言うように、自分も彼女が作れるとは夢にも思わなかった。

ブサイクで、その上髭が濃く、朝剃っても昼前には顎当たりが青くなってくる。

そして女性の前に行くと全く会話が弾まないし、何を話せば良いのか思いつかない。

大学に入学しても、周りは浮かれた雰囲気なのに、私だけ1人ポツンのぼっち。

当然ながらサークルにも勧誘されず、淡々と決してテレビドラマでは決して描かれない、暗くひとりぼっちの大学生活を送っていた。

たまの気晴らしは、ソープランドを奢ってやると言ってくれる友人達と会う事ぐらい。

その友達も以前は

「お前小学校の時はあんなに明るかったのに、何でそんな根暗キャラになったんだよ」

と訝しげに尋ねてきて、憂鬱になった時もある。

しかし、今では完全に根暗キャラとネタキャラ化してて、彼らと会い、お酒を飲みに行くのは楽しい一時である。

そんな私が、大学にもいまいち馴染めず、家では妹に煙たがられ(まるで思春期の父親に対する態度を私に向けてくる。

そして、妹は父親とは仲が良い)、家にずっといると妹がうるさいので、バイトをして時間を潰そうと考えたのである。

しかし、バイトも面接を受けるが全て落とされてしまう。

面接の時にも目を見て話せず、下を向いてボソボソと話してしまうからだろうと分かっているが、治せない。

【熟女体験談】同級生の結婚式で当時付き合っていた元カノと再会し、元カノの母とした濃厚なセックスが走馬灯のようによみがえってきた

kage

2021/01/30 (Sat)

元カノの母との濃厚なセックスが、先月同級生の結婚式で、当時付き合ってた元カノと再会したときに走馬灯のようによみがえってきた・・・

ちなみに、高1から高2の冬まで付き合ってた元カノは素敵ガールでしたw

懐かしくて2次会でも昔話をしていましたが、俺の頭には絶対に言えない思い出が付きまとっていました。

童貞だった俺は、その元カノ(真帆┃仮名)が初めての女でした。

初体験を済ませたのは真帆の家で、よく遊びに行ってはコッソリ2階の部屋でセックスしてたもんです。

真帆の母親とは何度も顔を合わせていましたし、多分俺たちが上でしてるのを分かっていたんだと思います。

この母親ってのが素晴らしく美人で、初めて会った時はマジでビックリしました。

まずビックリしたのはその若さです。

18の時に真帆を出産しているらしく、当時確か34歳とかだったと思います。

俺の母親は50とかだったから、こんなに若いお母さんがいるのか!とビックリだったんです。

しかも34才と言われなかったら20代にしか見えなかったし。

真帆と洋服を貸し借りするらしく、俺が遊びに行った時もミニスカートとか穿いてました。

無理して若作りしてるような感じではなくて、真帆以上に似合ってたと当時思ってました。

18時になる頃、注学生の弟を塾に送りに行きます。

だからその時間が近づくと、俺と真帆は暗黙の了解でセックスタイムへ。

帰って車で30~40分ぐらいだから、いつも焦ってやってました。

だからゆっくりフェラとかなんて経験してなかったんです。

それでも高1の俺には満足で、いつも貪るように真帆の体を舐めまくっていましたね。

【熟女体験談】ゼミの中心的であり巨乳な教え子との不倫セックス体験談

kage

2021/01/30 (Sat)

自分は45歳で結婚して10年、子供も1人います。

妻は2歳年上で、家庭はまあ円満でした。

当時、自分は大学で講師をしていました。

写真や映像に関するゼミをやっており、ゼミの学生は3、4年生合わせて20人弱でした。

その中に、上村めぐみ(仮名)という女の子がいました。

その子は、ゼミの中でも、積極的で明るい子でした身長も高く、色白で美人で、色々な意味でゼミの中心的な子でした。

何よりも…自分が気になってしまったのは、上村さんのスタイルでした

長身でスラッとしているが、胸だけはものすごいボリューム…

顔は幼くかわいらしい感じで、アンバランスな外見に正直魅了されていました

自分の妻は、外見こそ並ですが…

胸はAカップで…

巨乳好きな自分にはそこだけが不満であると同時に長年巨乳に憧れ、

巨乳の女性を見るたびに目で追ってしまうような感じでしたそのため、ゼミに上村さんが入った当初からずっと気になっていました

上村さんが4年生の時の6月に、学校との企画で海外研修があり、

参加者は自分と、学生は上村さんを含む3人(男2女1でした)行き先はギリシャで、遺跡を巡りました研修と行っても、ほぼ観光旅行でした

ところが到着してすぐ、宿泊先のホテルで手違いがあり、部屋が二部屋しかとれていないとのこと

英語が喋れるのは私だけだったので、1人でホテルの方に話をしたが、部屋が空いていないとのこと…

【熟女体験談】バイト仲間で女性2人を含む4人で、お別れ乱交4Pセックスを楽しんだ

kage

2021/01/30 (Sat)

バイト先の仲間で、俺ともう1人の男と女2人の4人でよくつるんでいた時のこと・・・

バイトっていっても華やかさとは無縁の、どちらかといえばガテン系の職場で、仕事は小汚くて、いつも金は無く、

自分で言うのもなんだけどまーあんまりパッとしない4人組だった。

ただそれだけに似たもん同士で壁が無いというか、変に見栄を張ることも無い男女の枠を超えた友情みたいなものが芽生えて、

給料が出るとよく4人で安居酒屋に飲みに行ったりしていた。

わかりづらくなりそうなんで先に名前を振っとく。

俺=タケシ、男友人=アキラ、女1=ユキ、女2=マユミ、もちろん仮名。

さっきも言った通り4人の中では今さら気取ってもしょうがないっていう共通認識があったせいか、

飲みに行っても話す内容は、彼女(彼氏)が欲しいとか金が無いとかそんなのは当たり前で、もうちょっとシモの方の話しも結構平気でしていた。

下ネタが好きというよりは、そういうことを本音で話せる異性の友人って少ないもんだし、

性的な好奇心や疑問を解消するだけの実経験もあまり多くなかったから、

少なくとも俺にとっては異性というものを知るという意味でもこの飲み会は実に貴重なものだった。

(ただし一応全員非童貞、非処女ではあった)俺の知る限り、

4人の中で付き合ったりとか体の関係を持ったりということは無く、あくまでも気の合う仲間という関係がバイト期間中ずっと続いていた。

そんな関係が崩れたのはアキラの退職がきっかけだった。

しかもアキラは単にバイトをやめるだけでなく、ある事情で地方にある実家に戻ることになってしまい、

当然俺たちはアキラとの別れを惜しみ、送別会と称しては以前にも増して一緒に飲みに行くようになった。

【熟女体験談】夫が女としてみれくれないから、娘の旦那さんと禁断のセックスをしてしまった主婦

kage

2021/01/29 (Fri)

一回り年上の主人との性生活はここ5年ほどありません。

女として私をみてくれない主人。

でも、私は女。

主婦でも女、母親でも女、閉経していても女、死ぬまで女です。

性欲もあればオナニーもします。

そんな私があろうことか、娘のお婿さんと関係を持ってしまいました。

軽度の妊娠中毒症で入院した娘。

近くに住む婿の和明さんが夕食とを取りに家に来ることになりました。

味気ない主人との二人きりと違って華やぐ食卓。

お酒に弱い主人と違ってビールやワインの相手もしてくれます。

そして、主人がお友達の葬儀のために2泊する、と家を明けた昨年の初夏のある日。

和明さんと二人きりの食事の後、居間でワインを飲みながらの会話。

「和明さんも色々と大変ね」

「いやぁ、お義母さんが夕食作ってくれるんで助かりますよ。洗濯と掃除は大変ですけど」

「和明さん、あっちの方はどうしてるの?怜子(娘)がいないんで大変でしょ?」

「え?」

「夜が寂しいでしょって聞いてるの。浮気はだめよ。変なお店に行ったりしてるの?」

「あぁ、いやいや、僕は風俗は嫌いだから。なんとか一人で適当に・・・。たはは。なんか照れますね、こんな話」

【熟女体験談】友達の母親との刺激が強すぎた童貞喪失セックスをご報告

kage

2021/01/29 (Fri)

中野先輩(仮名)の家で秋まつりの打ち上げをやったことでした。

学祭のアトラクションをやったグループで打ち上げをやろうという事になったのですが、

バリバリの進学校で校則が非常に厳しい高校だったので、絶対に外に出ないという約束で先輩の家で酒宴が行われました。

先輩の家はお金持ちで相当の広さの客間があり、また酔った状態で帰すわけにも行かないと、参加者全員お泊りということで催されました。

僕は中学がわりと荒れてて、飲み会自体は初めてではなかったのですが、

こういう形で打ち上げは久しぶりだったので、皆と同じようにハメを外して楽しんでました。

飲み会が進んで、アトラクションの練習中からちょっと怪しいなぁと思ってた二人がカップルになったり、

僕が少し憧れていた麻子先輩に彼氏がいてショックだったとか、そういう話で盛り上がりました。

深夜を超えた頃には、酔い潰れた出来立てのカップルを一緒の布団に放り込んだりとか、

美人な裕美先輩がキス魔になってファーストキスを奪いまくったりとか、かなり乱れた感じになりました。

僕はムラムラしながらもそんな中に加われず、客間を出て、格好をつけて縁側で外を見ながら缶ビールを飲んでました。

「どうしたの?こんなとこで一人で・・・」

ゴミの片付けや寝床の準備をしてくれた中野先輩のお母さんが、僕に話し掛けてきました。



「いや、どうも賑やかなのは苦手で・・・」

客間に未練を感じつつも、仲間に入れない自分に苦笑いしてました。

【熟女体験談】美人だがきつめで堅物の女上司の社内不倫現場を目撃し、脅して性奴隷にしてやった

kage

2021/01/29 (Fri)

うちの職場は女性職員が多い、いわゆるお堅い銀行系の職場。

だが、よりによって俺の直属上司は2つ年上のヒステリックだが脂ののったイイ女。

年齢は30代半ばでいつも冷めた表情をしてるのが印象的。

全く色気が無い顔してるくせに、体つきだけは例外。

大人の女を匂わせるムッチリ系のスタイルだ。

社員旅行で初めてTシャツ姿を見たが、推定Fカップはあろうかという巨乳。

太ってるわけではなく、印象でいうと小池栄子みたいなスタイルの持ち主。

しかも独身。

かれこれ1年以上前なんだけど、渋谷のラブホでバッタリ出くわしちゃった事があって。

ラブホに入って行ったら部屋を選ぶパネルの前に先客がいて、その1人が女上司。

それだけでも唖然としたのに、連れてた男がなんと既婚者の上司ときたもんだ。

ようするに社内で不倫しちゃってたわけ。

俺も唖然としたけど2人はもっとビビってた。

2人して顔を背けて逃げるようにホテルから出て行ったし。

真正面からバッチリ2人の顔を見ちゃってるから、もう隠せる問題じゃないのにね。

月曜日に出社したら早速呼び出されて、会議室にその2人の上司。

男の方は数段上の上司なのに、俺に土下座する勢いで懇願してきた。

【熟女体験談】高身長でバツイチ熟女なビルのオーナーさんに筆おろしセックスさせてもらった体験談

kage

2021/01/28 (Thu)

これは俺が20代の癖して童貞だった時の話です。

当時俺は大学生で、雑居ビルの雀荘でアルバイトをしていました。

彼女はそのビルのオーナーさんで、店にも客として遊びに来ていました。

彼女はバツイチの42歳。

旦那の浮気で離婚。

慰謝料代わりにブン取ったマンションと雑居ビルの家賃収入で生計を立てているようでした。

垂れ目で、顔だけ見るとやさしそうな印象を受けますが、身体はかなり大柄です。

身長は170近くあり、かなりふくよかな体格をしています。

服は少し派手目の物が多かったですが、ケバケバしい印象はありませんでした。

タレントで言うと斉藤由貴に似てると思います。

その店はSETの客が多いため、彼女の相手はいつも俺の役目でした。

そのうち自然と仲良くなり、晩飯をご馳走になったり、彼女の部屋にも招待されるようになりました。

招待といっても彼女の麻雀仲間の数人も一緒で、徹夜で麻雀をする為に呼ばれていただけのことなのですが。

その日も彼女がやって来ました。

深夜12時に閉店になるまで打ちましたが、その日の彼女の成績は散々なモノでした。

多少、気性の荒い人なので、かなりのご機嫌ナナメです。

「このままじゃ治まらないから、この後家で続きをしましょう!」

と言うと、すぐに麻雀仲間に連絡しました。