FC2ブログ
2020 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 12

【熟女体験談】出会い系で人妻を発見しセックスを始めたものの、上に乗った状態で中出ししてしまった

kage

2020/11/29 (Sun)

とある出会い系に潜伏して、セックス相手を探していたときのこと。

俺は年増な熟女が好きだから年上をターゲットにしてたけど、ほとんどは売春目的の若い子ばかり。

出会い系なんてそんなものかと諦めていたところに、ちょうど年下希望の俺より8歳上の人妻の募集書き込みをはけーーん!

しかし、そのときは人妻はどうも手を出しにくかったし、その上にその人はちょっと遠いところに住んでた。

でも、その人以外に俺の求めてる条件に合う人がいないし、ダメ元でメールを送ってみた。

そしたら返信がきて、顔写真を送ってくれというから、ちょうど友達のデジカメで撮ったのがあったから送ってみた。

すぐ返事が届いた。

写真を見たら好みの顔だからよろしくだって。

ということでメールをすることにになった。

彼女の名前はひろちゃん。

子供は2人いるそうな。

2人目が生まれてから、旦那に相手にしてもらえず欲求不満で男漁りをしてるということだった。

ちなみに、旦那は2人目が生まれてからは右手が恋人になったらしい。

メールを始めて1週間後に彼女の地元で会った。

ちょっぴりダイナマイトボディな人妻でした。

会ってすぐにホテルへ直行。

で、エッチしました。

でも、そのときはゴム付きで。

【熟女体験談】同窓会で盛り上がった勢いで弄ばれ4Pセックスまでしちゃった体験談

kage

2020/11/29 (Sun)

私は45歳のおばさんです、それから、主人は44歳で、2人の子供がいます。

ごく普通の家族です。

子供達は大学やらで家を出ていて、現在は主人と二人きり。

私と主人とは初めて同士で、お互いに他の人は知りません。

私は昔から周りの人に清楚というくらいにふしだらな事は苦手で真面目と言われてきました。

もうしばらく主人とはセックスレス。

主人は求めてきますが私がその気にならないし断っています。

いまさら主人に男を感じることもなくなっていました。

大げさにいうと主人に触れられるのも気持ち悪いとも思ってしまいます。

もう主人を愛してないのかというと別にそこまでじゃないんですけどね。

年齢的なものでしょうか?性欲がなくなったわけではないので、そんな気持ちの時もありますが主人としたいとは思わないのでオナニーで済ませます。

指でクリトリスを触って挿入しないでもすぐにエクスタシーに達し満足します。

頭の中では主人ではない他の男の人のペニスを舐めたり咥えたり。

私の大切なところを舐められたり。

主人とはしないような色々な体位でセックスしてることを想像します。

たまに数人の男の人を相手することも想像します。

数人の男の人に脱がされ、アソコを広げられ何人もの男の視線で犯されて、

体中を触られ舐められた後に代わる代わる私の穴に男達のペニスが挿入され犯される。

【熟女体験談】家出してきた文学少年の悩みを聞いてそのままなんとなく同棲した結果、セックスする関係になった

kage

2020/11/29 (Sun)

50代の私だが、めっちゃ若い彼氏君とセックスを共にしていたw

家出してきたという男の子の悩みを聞いてやって、そのままなんとなく同棲。

「なんとなくクリスタル」なんて小説があったっけ。

※田中康夫の作品彼とは面識があった。

市立図書館で、あたしは司書補助のパートをしているのだけど、よく本を借りに来る子なんだ。

「北川淳史」と図書カードにあった。

「開高健が好きなんやね」いつだったか、彼が「開口一番」という文庫を探して、カウンターに来たのが最初の出会いだった。

彼の貸し出し履歴には開高の作品がずらっと並んでいた。

あたしは、神経質そうなそのメガネの文学青年に微笑みかけて、検索の仕方を備え付けのコンピュータ画面で教えてあげた。

「横山さん?」あたしの名札を見て、おそるおそる口を開いた。

白いほほに濡れたような赤い唇が印象的だった。

まだ穢れを知らない、みずみずしい輝き。

「北川君、あったよ。でも今借り出されてる。残念ね」

「そっか」そんなやり取りが何度かあって、よく本のことや開高健のことを話す中になったわ。

あたしは別に、彼に、性的な魅力などを感じていなかったんだけど、聞けば、彼は、そのときからあたしのことを異性として意識していたというの。

おませな子ね。

進路のことが発端で、生活態度にまで土足で入り込む父親と口論して、彼は家を飛び出した。

後先(あとさき)考えない、性急なところは思春期にありがちなこと。