FC2ブログ
2020 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 12

【熟女体験談】万引した人妻を事務所に連れ込み、無理やりレイプする店員達

kage

2020/11/09 (Mon)

業務スーパーK、BBAや主婦に人気のある。

中年若カップルの若熟女、山下未央(仮名)はアラサーの31歳。

彼女は一人で社宅にいるというストレスからか、スーパーで万引きをしてしまったのだ。

そして未央はテレビで見たのと同じく店の外で肩を叩かれ、事務所に連れて行かれてしまった。

向かいのパイプ椅子を指差して座るように促されると、静かに事務所内に入って腰掛ける未央。

うっかりバッグに入れた、という言い訳は通じなかった。

「大変…申し訳ありません」謝罪の言葉を口にしながら深々と頭を机すれすれに下げる。

「まあ顔を上げてください。

われわれもあなたの人生を狂わせたくないし、もう二度としないならそれでいいのです。ただ…」

一瞬ほっとした未央は、会話がまだ続く気配に顔はげられずにいると

「店側としても何もペナルティを課さないというのも後々問題になることが考えられるので。

本日、未央さんに反省とスーパーの苦労を知ってもらうために少し働いてくれますか。

7時の閉店後にね。」

突然の申出に驚くが、それくらいで許されるなら旦那にばれるよりも数段マシだと考え、「どんなことをするんですか?」

「簡単な作業です。

閉店後30分でアルバイトスタッフがいなくなるので、我々と片付けや商品の整理を2時間程度、手伝ってもらいます」2時間なら9時半までだ。

彼が帰ってくるのは早くても11時、十分時間がある。

【熟女体験談】塾の生徒にご褒美をあげる筈がエッチなことまで教え始めたふしだらな妻

kage

2020/11/09 (Mon)

元教師の嫁は結婚退職後に小学生の糞ガキ相手に個人授業の塾を自宅で開いています。

生徒は5年生が2人、6年生が3人の5人だけです。

ある日夕食の時に妻が「K君が親にデジカメを買ってもらったのでモデルになって欲しいって言うの、どうしよう・・・」と相談してきました。

K君は5年生で可愛い感じの子です。

「例えばテストをして80点以上だったらワンポーズ、85点でツーポーズとかにすれば頑張って勉強するのでは?」と提案しました。

妻は「それいい!」ととてもはしゃいだ様子で納得していました。

次の週に「ねえねえ、K君だけど今まで嫌々の勉強だったのに撮影の条件を言ったら急に頑張りだしたの」と嬉しそうに報告して来ました。

それでもなかなか条件の点数は取れないようでした。

妻がK君に撮ってもらった写真を見せてくれたのはそれから数週間してからでした。

写真はリビングのソファーに妻が座っているだけの写真でした。

その後は妻の写真を見ることはなかったので条件が高くてなかなか撮影できないのかと思っていました。

その日は用事があり店への出勤はなしにしていたのですが用事が予定より早く終わったので一旦家に戻ってから店に行くことにしました。

家に戻ると妻の姿が無かったのですが子どもの靴があったので勉強中だろうと思い着替えてから妻に声を掛けようと勉強部屋の前まで行くと

「このポーズ体が痛いよ」と言う妻の声が聞こえました。

ポーズ?・・・撮影をしているのかと思いました。

体が痛いポーズ?と思ってると「ぴぴぴ・・・パシャ」とシャッターの音が聞こえました。

なんとなく声を掛けずらくなりそのまま店に向いました。

その日の夜なにかモヤモヤしたモノがあり、妻に「最近は写真は撮ってないの?」とついでのように聞きました。

【熟女体験談】借金地獄に陥り、妻が性奴隷のように扱われ奪われてしまった無様な夫

kage

2020/11/09 (Mon)

景気の低迷期ではありましたが、私達夫婦は雑貨店を始めました。

開店当初こそ客もつきませんでしたが、数年後に徐々に軌道にのりだし、毎月いや毎日予想以上の成果を上げ規模を拡大しました。

しかし好事魔多し、妻の不注意から小出火を出してしまい、借りていた土地建物を返さなくてはならなくなり、

やむなく移転する事になったものの現状の事業規模を維持したいという思いから、再び郊外に広い土地を借りました。

しかし、以前のように儲かる商売ではなくなっており経済的にも追い詰められていました。

しかし過去の栄光にすがりついていた私達は無理に無理を重ね手を出してはいけないと思いつついかがわしい業者に手を出してしまったのでした。

毎日厳しい取立てに追われ更に借金を重ねる、完全に抜け出せない落とし穴に落ちています、

そして今日もそのうちの一社が朝から自宅に押しかけ返済を迫られました。

「あのなぁ、もうあんた達に完済は無理だ、最悪の事態って事も考えなきゃ、だけどそんな事されちゃこっちも困るしなぁ、

だけどこの状況じゃあどうあがいても無理だ、で今日は一つ提案があるんだよ」

「提案?どんな内容か聞かせて下さい」

「あんたらが三社の業者から借りている金をうちの一社にまとめる、そして返済の計画を組み直す、

それから今の状態を元金としこれ以上の利息はつけない、どうだ?悪い話じゃないだろ、

ただし三社を一社にまとめるのに金が掛かる、その手数料をある方法で払ってもらいたいんだが」

「ある方法?いったいどんな?」

「簡単な事だ、奥さんにちょっと働いてもらいたいんだ、うちでね」

「私が、ですか?」