FC2ブログ
2020 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 11

【熟女体験談】将来の嫁となる彼女と義母との親子丼3Pセックス

kage

2020/10/07 (Wed)

彼女当時21歳。

義母(になる予定)当時42歳

彼女と義母は母子家庭でもう父親は他界してた。

彼女と会ったのは19の時でそれから一年後母親に会った。

その当時、こっちは独身で彼女のこと本当に好きだったけど、言い訳になると思うが、

年齢が離れてたために彼女もいずれ心が離れていくだろうという勝手な予測。

そしてそのせいと年下に対してちょっと躊躇があった俺はあまり真剣になれない自分自身もいた。

そんな気持ちを抱えてたため後ろめたさがあり、彼女の親にばれない様にいろいろ工作して行動してたつもりだった。

でも彼女はスパイのように俺に合わせて行動するくせに、その一方で全部母親に報告してた。

始めて母親に逢ったのはクリスマスの週の週末だった。

それまで何度か呼ばれてものらりくらりかわしてたけど、クリスマスに大好きな母親一人はかわいそうだからということでしょうがなく逢うという感じだった。

母親は彼女から何もかも報告を受けてたため最初から俺に馴れ馴れしくして、そして俺を受け入れてくれた。

俺の方も徐々に母親に打ち解けて話してるといつ彼女とエッチしたかとかも全部筒抜けだったことが判明した。

それから奇妙なデート?するようになった。

週末は彼女の実家に泊まって三人で食事→泊まりになったり、

一ヶ月に一度は母親含めて食事や映画するようになったり、しまいには三人で旅行行ったりするようになった。

彼女の母親は年齢より若く見え、見た目は30代前半という感じで、彼女と母親の関係は親子というより姉妹のような仲のいい関係だった。

【熟女体験談】部活の先輩が母親とハメ撮りセックスしていたのだが・・・

kage

2020/10/07 (Wed)

部活の先輩が母親とハメ撮りセックスをしていたお話をする。

あれは、練習も終わり部室で休んでいると、一つ年上の野球部の厚志先輩が携帯を手にもってやってきたときの事。

「良いもの見せてやろうか」

と僕に写メールを見せてくる。

そこには過激な無修正のエロ画像。

ペニスを咥える女の口の度アップがあった。

次は、白いお尻とバックから突き刺さっているペニスの根元の度アップ写真だった。

「うわぁ、すげえ、これ先輩ですかぁ」

と聞くと、

「そうだ」

と言って次に見せられたのは、マンコの度アップで、少し黒ずんで使い込んでそうなマンコから精液が流れ出ているものだった。

「中だしですか?いいんすかぁ?これ彼女ですか?」

と言うと、先輩は何も言わずに次の写メを見せてきた。

今度は度アップではなく、ソファに腰掛けて脚を大きく開いている女の写真だった。

顔は手で隠していたので顔も表情も分からなかったから、女が誰かすぐには分からなかったが、僕はソファに見覚えがあった。

それは僕の家のリビングだった。

そう、顔を隠してはいるが、アソコは丸見えになっている女は、そして先輩に中だしされていた女は僕の母だった。

【熟女体験談】出会い系サイトでアポがとれたモデル体型の美人な奥さんを手錠で拘束して弄びながらセックスするキモメン男

kage

2020/10/07 (Wed)

出会い系サイトでアポがとれ、リアルに会うことになり待ち合わせ場所の○駅前に到着すると、辺りを気にしながら柱の影に隠れるように女性が立っていた。

身長は170㌢弱のモデル体型の高身長、上品な顔立ちに綺麗にまとめた、黒髪にキリっとアイラインを引いた瞳の美しい女性だった。

その女性は絢子という名前で2日前に出会い系サイトで援助希望でやり取りしていた人妻だ。

俺はすぐには会いに行かず、タバコに火を点けてちょっと離れた距離からこの人妻を眺めていた。

きっと驚くよな?とニヤリと笑みを浮かべながら、最後に深くタバコを吸い込んでから人妻が待っている駅前へと向かった。

「あ、あの、こんにちは。絢子さん?」

彼女は俺を見るなり一瞬険しい表情をした。

「あの、メールしたケンスケです。絢子さんでしょ?」

と俺は畳み込んだ。

ようやく彼女は口を開いて

「はい、絢子ですけど、あなたがケンスケさん?」

と明らかに不快感丸出しの表情だった。

まだ言ってなかったが、俺の容姿はかなりひどい部類のキモメン男。

身長168㌢、体重88㌔のデブ。

髪は丸坊主で、腹は出てるし、顔は脂ぎってるし、かなりの大汗かきだ。