FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

【熟女体験談】パート先のファミレス店長に攻められ、中出し不倫セックスをしてしまった専業主婦

kage

2020/09/28 (Mon)

結婚し、出産、そして育児に追われていましたが、子供も大きくなり手が離れると、少しは自分の時間が持てるようになりました。

気づけば40歳を超えたおばさん専業主婦

私は、贅沢かもしれませんが家に一日中居るのがイヤになってきたんです。

口実は何でもよかった。

ただ外に出たかった。

一応もっともらしい理由をつけて主人に外で働きたいと言ってみました。

意外にも主人は、「まあ、いいだろうあまり遅くなる仕事はダメだぞ。」主人の許可を得て、友達の紹介でファミレスのパートを始めました。

時間は10時から3時までと言う条件でした。

高校を出て、2年間だけ働いた事はありますが、43才の今まで外で働いた経験がありません。

言い換えれば、人との接触も主人、子供以外はあまり無かったと言う事でした。

そんな私です。

そのお店で私は一人の男性と知り合いました。

年令は私よりひと回り下の31才だそうです。

その店の店長でした。

新人の私にいろいろ親切に指導してくれて、彼の中に、主人には無い優しさを見出していました。

【熟女体験談】嫁の女友達に良い顔をしながらパンストを引きちぎって野外で不倫セックス

kage

2020/09/28 (Mon)

嫁の女友達とパンスト引きちぎりの不倫セックスをやらかしたお話をします。

いつもより自宅に早く帰ると玄関に女性物の靴が何足もきれいに並べられていました。

リビングから、女性陣の楽しそうな声も聞こえています。

エロくて欲求不満な淫乱熟女な人妻達が我が家に集まっている!

今日はこのスケベな熟女達とハーレムのSEXパラダイスか?妻よGJ!とスケベな妄想をしてしまう私「ただいま~」

「おかえりなさーい」

「おかえりなさーい」

「おかえりなさーい」

「おじゃましてます」

「お帰りなさいダーリン」妻の友人達の熟女達が私を労ってくれました。

「おじゃましてまーす」かみさんの高校時代からの旧友数人が遊びにきていました。

「いらっしゃい、ゆっくりしていってくださいね」なんなら僕のおちんこ貸しますからね仕事着から普段着に着替え、

リビングの隣の部屋でテレビを見ていました。

「どっこいしょ、ビールでも飲むかな」

「あなた、飲むの待ってくれない?、疲れてなかったら皆を送っていって欲しいんだ」

「了解!送ってあげるよ」了解、皆を食べていいんだね。

【熟女体験談】出会い系サイトで知り合った若い男の子と会ってすぐに車の中でエッチ

kage

2020/09/28 (Mon)

私は33才の専業主婦です

主人の度重なる浮気が原因ですでに1年以上セックスレスの状態が続いています。

そんな主人の浮気は相変わらず続いていました。

私自身3食昼寝付きの楽な生活に慣れてしまい、すでに生活力がなくなってしまていましたので離婚する勇気もなく家庭内別居が続いていました。

そんな時に寂しさも手伝って始めた出会い系サイトで24才のマモルくんと知り合いました。

かなり年が離れてたので話が合わないかも…と思いつつもメールを始めたんですが、写メを見ると結構カワイイし、

久しぶりに「お姉さん」と呼ばれ何となくウキウキしながらメールしていました。

そのうちエッチな内容のメールもするようになり、マモルくんは彼女がいなくてほぼ毎日オナニーしているとのことで、

つい私も主人との現在の関係を話すと、「僕でよかったらいっぱい慰めてあげるよ」などとウソかホントか言われただけで少しドキドキしていました。

そして毎日のようにマモルくんメールをするようになって、メールがないと心配になってしまうようになってしまいました。

そんなある日、「どうしてもお姉さんに会いたいな」と言われ嬉しくて心臓がドキドキしてしまい、その日は何も手につきませんでした。

でも私は慎重にメールしました。

「マモルくんが思ってるほどキレイじゃないよ」

「外見なんかきにしてないよ!実際にお姉さんに会っていっぱい話したいんだよ」

何度も誘ってくれるマモルくんの熱意にとうとう会う約束をしてしまいました。