FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

【熟女体験談】上司との不倫セックスを妄想しながら夫とセックスしていたら、それが現実となり不倫関係を楽しむ人妻

kage

2020/09/23 (Wed)

私たちはあの日まで、普通の秘書と上司の関係でした。

私は、秘書として働いている34歳の人妻です。

私の上司は20歳以上年上の55歳。

それは、わたしが彼のいる部署に転属してから彼が転勤になる半年間だけ私は彼の秘書をしていた時のこと。

その半年間、私は紳士的な笑顔の彼にずっと惹かれてた。

彼と不倫セックスをしながら抱かれる事を想像しながら夫とSEXすると燃えた。

初めての接近は、個別で企画した送別会の帰り。

タクシーの中で「応援してます」と言って私から手を握った。

そして転勤から1ヶ月ほどして帰省した元上司と飲みに行き、初めてのディープキス。

私は、こんなに年上でしかも元自分の上司となんて!と自分でも驚いたが止められなかった.

それからというもの、彼が出張でこちらに来るたびにわたしは理由をつけて出て行き、逢った。

いつも決まったホテル。

部屋に入るとたん、彼は我慢できずに私を強く抱きしめ、ディープキス。

私をそのままベットに押し倒し片手は胸を、55歳の年上彼氏の指が足からスカートの中に…。

彼が服をめくって直接私の胸を揉みしだき、乳首を愛撫してくる。

【熟女体験談】妻が事故死してしまい傷心した男が、田舎の離島で旅館の女将と疲れきって慰め合うようにエッチした熱い夜

kage

2020/09/23 (Wed)

僕が49歳、妻が45歳の時、突然襲った妻の事故死…

それは、妻が、デパートの駐車場から出るときにおこった「突発性の脳梗塞」。

運転するBMWが、壁に激突して大破して即死だったのです。

僕は今でいうIT企業家で、巷ではIT社長とも言われる人種です。

25年前に仲間4人で会社を起し、最初は中野坂上の小さなマンションの一室から始めて、

新宿、今は六本木の有名な高層ビルに会社はあり、400名の社員がいます。

同期の仲間は次々と会社を去り、最近は経理担当の女性の役員が1億円を操作して持ち逃げ、

1ヶ月後には掴まりましたが、信頼していたのにとても残念でした。

僕の収入はそれでも月に200万円位はあり、貯金もあります。

仕事への嫌気がつのり、役員会に申し出て、次の社長を役員から選び退社を決めました。

私と妻の間には子供がいないのです。

3回妊娠したのですが、いずれも早期流産で子供は出来ませんでした。

妻の実家は、昔は銀座6丁目の松坂屋の裏でジャズ喫茶店を経営していました。

彼女は「聖心女子大」の卒業で、兄や弟と繁華街で喫茶店を経営、僕が知り合った時には新宿で「クラシックの名曲喫茶店」を開いていました。

【熟女体験談】ドSの嫁からM性を開花させられ、辱的な言葉を浴びせられながらアナル調教をされることに快感を覚えるようになった夫

kage

2020/09/23 (Wed)

ドSの嫁から屈辱的な言葉責めと、ぺニバンからのアナル責めに悦びを感じるM男として調教され続けています。

もともと妻はとても男にモテるうえに、社交的で淫乱なタイプなので、独身時代から男関係が派手だった。

そもそも妻の初体験の相手は、とてもSEXのうまいS男性であり、妻の淫乱さはその男性に調教された結果のものだった。

一方僕はあまりモテるタイプではなく、妻が初体験の相手で一人しか経験はないのだが、男性の調教の趣向性によって、

彼女は誘われれば誰とでもSEXするようなヤリマン女となっていたため、妻がSEXした男の数は相当な数になる。

また、男性は彼女の性生活を全てコントロールすることに喜びを感じるタイプであり、彼氏とのSEXも例外ではなかった。

男性は彼女にピルを服用させ、彼女がいつも生で男を受け入れ、望まれるまま中だしまで受け入れる様に躾けながら、

その時付き合っている彼氏に対してだけは、SEXに関する全ての面で優位に立つS女となるように仕込まれていたため、

彼氏とだけは生でSEXすることを許さず、そのSEXですら男性に管理されていたため、

僕が誘ってもいつも応じてくれるわけではなく、僕はコンドームをつけたSEXをたまにするだけだった。

また男性は、彼女に彼氏が出来るたびに、何度かわざと浮気を発覚させていたため、ほとんどの場合彼女の恋愛は長く続かなかった。

しかし、僕はこの淫乱さだけが唯一の彼女の欠点と考え、彼女もこの男性との関係に関する引け目から、

余計にそのほかの部分では完璧な女性として僕に接してくれていたため、僕は発覚するたびに許してしまい、僕との恋愛関係は途切れることはなかった。

とはいえこの男性の存在だけは、当時僕に隠されていたので、

発覚する彼女の浮気相手は、ナンパや合コン、会社関係はもとより、

彼の指示で“彼女から誘いを掛けた“僕の友人や、後輩など、そのたびに違う相手だった。