FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

【熟女体験談】中学受験を控えた小学生の一人息子に手コキ射精を教え、今ではほぼ毎日手コキをしている母親

kage

2020/09/17 (Thu)

中学受験を控えた小学生の一人息子の性欲処理をしてあげています。

近親相姦って聞くとドキっとしますが、息子の勉強への集中力を高めるため!母としての愛情の裏返しなのです。

ちなみに私はアラフォー、専業主婦です。

事のきっかけは友人との会話でした。

私「最近、○○君(友人の息子)どう?まだ暴れるの?」

友人「実はあれからね、すっかり大人しくなったの」

私「へぇ、よかったじゃない。カウンセリングか何か受けたの?」

友人「違うのよ。ある人に方法を教わったんだけどね。誰にも内緒よ?息子のアレをね、手コキで抜いてやってるの。」

私「え・・・抜くって?」

友人「あれよ、精液。息子のマスターベーションを私がやってあげてるの。

そしたらそれから嘘のように大人しくなって、今じゃ私の言うことをよく聞くようになったわ。」

はじめその話を聞いて、わたしは大変なショックを受けました。

けれど、イヤラシイとか不道徳だと思う前に、そんなに効果があるんだと感心してしまいました。

というのも、友人の息子さんは大変な暴れん坊でクラス崩壊の原因にもなっていたからです。

しかし、私がもっとも興味を示したのは、その話の続きでした。

【熟女体験談】妻の浮気相手は出会い系サイトで知り合った床上手な社長で、激しいセックスが好きだった妻が今はスローセックスにハマっている

kage

2020/09/17 (Thu)

妻の浮気相手は52歳の社長。

某有名な出会い系サイトで知り合ったそうです。

最初はいくらかのお金をもらって会ってた。

ですが、3回目くらいからは妻もセックス目当てで会ってたそうです。

この社長かなりの床上手らしく妻曰く、快感に溺れてやめられなかったそうです。

生はした事が無い(社長が生でしたくないらしい)けど、妻の中でイッたあとの社長のゴムを外して、精子まみれのチンコをお掃除フェラしてたそうです。

俺のザーメンは、口で受け止めた事なんか1回も無いのに。

「フェラでイかせたときは、必ずごっくんしてた。ごめん」なんて言われて俺の頭の中ががぐるぐる回りました。

俺のは口で受け止めた事なんか無いのに、なんでそいつのは飲むの?と聞いたら妻は

「ずっとそんなことありえないしと思ってあなたと付き合う前の人のも飲んだことなかった。

でも、あの人に抱かれて意識飛ぶほどイかされた瞬間、ちんちんを口のところに持ってこられて口に出された事があって、その時すっごく興奮しちゃって。

体がビクビクしてるのを感じながら飲みました。それからもう飲みたいって思えるようになった」と言いました。

夫婦の営みが無くなったのは、、妻が俺で感じなくなったから。

妻は「私もう感じない体になったのかな?」と思い、他の人とのセックスで確かめようとしたみたい。

【熟女体験談】ライトSMを求めるM女と色んな出会い系サイトで知り合い、変態セックスを楽しむ男

kage

2020/09/17 (Thu)

色んな出会い系サイトでM女と知り合いHをしています。

最近だとノーマル、プラス、アルファのライトSMを求める熟女も結構多い

そう言う奥様達を昨年夏頃から10人余りゲットしてきている。

皆さん軽いソフトSMで、大満足していただきました福岡、東京、名古屋への遠征もあったが。

大半は京阪神の在住者である。

その一人であるが、先月初めからメール交換をして、お互いの仕事の調整が付いた今月初めに出会ったのが、H美、37歳の人妻である。

倍近い年齢差でありながら私のメールに返信してきて、大人のセックスを楽しませて欲しい。

大人の女にして欲しいとの願望を持っていた。

旦那が浮気をしているのが分かり、結婚以来自分を満足させることもない旦那への不満と、浮気された怒りが爆発してSMサイト投稿ではあったが、

余りにも過激なメールの嵐の中で、落ち着きとさりげない誘いをする私のメールにホッとして返信してきたそうである。

数回のメール交換で打ち解け、東京から来た友人と出会う日に、旦那には遅くなると言い、友人には早めに帰らないとダメと嘘をついての出会いであった。

大阪梅田から少し離れた下町の私鉄駅の改札口で待ち合わせた。

「着きました」との電話の後、伝えられていた服装の小柄でちょっとポッチャリしているが、なかなか可愛い豊満な奥様が微笑みながら近づいてきた。

軽く挨拶を交わし、「食事しようか」と話すと、「いえ、もしよろしければこのまま」と答えてきた。

二人で駅から5分ほどのところにあるラブホへと入り、ちょっと可愛らしい部屋を選んでエレベータに乗った。