FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

【熟女体験談】SNS掲示板でアプローチしてきた元ナースと史上最強の激しい騎乗位セックス

kage

2020/08/29 (Sat)

俺29歳と11か月。(堂本:仮名)

お相手さん、37歳、既婚、子供なし、(松下由樹似)

スマホのSNS掲示板でアプローチしてきた年上女性。

旦那は49歳で最近メッキリご無沙汰な為、相手を探しているという。

業者メールのようなスタートだったが、一応やりとりしてみると、自動返信ではなく、会話は成立するので、ミニメでやりとりを継続。

色々話すと、元ナースらしく、医者を捕まえて結婚したのはいいが、夜の生活がサッパリだという。

そこ以外は不満はないので離婚とかは全く考えていないが、子作りの為の月1回だけのセックスで、それも非常に淡白なものらしく、そこが唯一の不満点らしい。

1ヶ月ほどやりとりして、じゃあ不満を解消してあげようと、面接決定。

この時点でもネカマの可能性も捨てきれてなかったので、駅で待ち合せにして少し離れた位置で様子を伺っていると、

ちょいムチの中々ステ綺麗な女性が待ち合せ場所で立っている。

女性は携帯を弄ってメールを打っている様子。

するとメールが届き「着きました。どこにいますか?」と。

ここで、ようやくマジだったんだと思い、女性に声をかけに行く。

由樹はまさに美熟女と言った感じで、こりゃ当たりを引いたなと心の中でガッツポーズ。

顔はナースのお仕事の松下由樹のような感じ。

【熟女体験談】親切心で声をかけた美熟女にエロさを感じ、ラブホで中出しセックスをする一回だけのランデブー

kage

2020/08/29 (Sat)

渋谷で声をかけた40代半ばに見える美人妻とHした。

ナンパじゃなく、親切心。

渋谷のドンキ近くの喫煙所でタバコ吸ってたら、四十路って感じのムッチリ系美熟女が地図を片手にウロウロしてた。

オバサンは困ってそうな顔してたので、声かけたら東急本店と東急東横店を勘違いし、地図の見方分からなくなりパニックってたらしい。

とりあえず、道を説明し、去ろうとしたら、中年オバサンは明らかに不安顔。

まるで迷子の少女みたいな不安そうな顔をして、じっと見てくるの。

俺はちょいとこの熟女の表情に萌えちゃってじゃあ俺が案内しますから!ってデパートでの買い物につきあった。

買い物中におばさんと話してたら、何か良い雰囲気になっちゃって東横店から、マークシティに入り、コーヒーショップに入る事に。

始めは、今日の迷子のネタでオバサンからかって、楽しく談笑。

会話中、変な男に騙されてホテル連れ込まれなくてよかったね。

と俺が言ってみたら、オバサンは、相手にされないから、大丈夫なんだよ。

って回答。

そこで、マイさん(オバサン)の喜んだ時のネコ目になったり、鼻ぷくっと膨らませる仕草可愛いよ。

俺、ドキッとしたもんと言うやいなや、マイさんの顔を見たら、鼻がぷくっとしてた。

今、出てるよ!と教えてあげたら、顔を真っ赤にして、喜んでる表情してた。

【熟女体験談】どうしても支払いが必要でSNSに助けを求め、浣腸プレイ、アナルセックスで鬼イキした専業主婦

kage

2020/08/29 (Sat)

自らSMプレイを承諾する屈辱に陶酔しながら、浣腸プレイ、アナルセックスで鬼イカセさせられた40代の専業主婦です。

財布を落とした私がいけなかった。でも、その場で即金払いがマストのオトナの玩具の某ショップでのお買い物。

どうしても支払いが必要だった…、その場で助けを求めたのは某SNSの出会い系だった。

知り合ったのは50代の独身サラリーマン。

彼は私の必要なだけ支払うから、SMプレイ、浣腸プレイ、アナルセックスを希望しました。

昔、付き合った人とアナルの経験がありましたが、もう何年もしてなくて怖かったです。

けれど旦那に財布を落したとは言えないし、時間もないし会う事にしました。

昼過ぎに約束の場所に行くと眼鏡をかけた秋葉系の男が来ました。

男の車でホテルに行くとSM専用ルームに連れていかれ、部屋に入ってすぐに男は持ってきた鞄からバイブ、ローター、大きな注射器などを取り出しました。

私は全裸になり、産婦人科の診察台みたいなモノに座らされ、固定されました。

そして徳用箱の浣腸を全て注入されました。

男は風呂場から桶を持ってくると「ココにしなさい」とお尻の下に置きました。

ブリブリと大量のうんこを出すと「いっぱい出たね。まだ綺麗にしなきゃ」と今度はお湯を注射器で入れ、空気でアナルに栓をする玩具を入れました。

「や…お腹が…」

「大丈夫だよ。少し我慢した方がいいから」とローターでクリを刺激しました。