FC2ブログ
2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

【熟女体験談】真面目で聡明な妻が重大なミスにより、寝取られ調教されてしまったのだが・・・

kage

2020/03/27 (Fri)

「奥さん寝取られてるぞ」

と友人の渡辺からある日衝撃的なメールがきた渡辺というのは妻の会社の同僚だ。

かつては俺も妻と同じ会社だったため渡辺とは同期であり、友人でもあった。

妻とは社内恋愛の末、結婚し、俺は結婚後に転職して今は別の会社に勤務している。

妻の由希は32歳、稚園から高校まで女子高で、大学は慶応だったがほとんど遊んでいなかったようで、真面目で聡明な女だ。

容姿は、アナウンサーの市川寛子さんに似ているとよく言われていて、社内でも有数の美人だった。

妻の会社は、大手メーカーの下請け企業で、売上げの殆どを某メーカーに依存していた。

その会社で、由希は今年の春から責任感の強さを買われて、プロジェクトリーダーを任されていた。

渡辺のメールでは、そんな妻が重大なミスをしてしまって、先方の担当者に謝罪に行ったというのだ。

それだけならば、ありふれた話であるが、問題は、一緒に行った戸森と、先方の担当者である吉田の2人だ。

戸森というのは俺や渡辺と同期で、妻の由希に惚れていて結婚の前には何度も口説いていた男だ。

俺とは研修の時から仲が悪かった。

吉田というのは俺とは面識はないが、渡辺の話では、妻に横恋慕していて、何かと妻に言い寄っている男だそうだ。

そして先程、その戸森から渡辺の元にメールが送られてきたというのだ。

『超ラッキーな展開。今ホテル、由希ちゃんとHしまくるぜ。』俺は渡辺からのメールを読んだ後、すぐに由希に電話を掛けた。

繋がらない。

【熟女体験談】未亡人母がオナニーしている現場で射精してしまい、母にしがみついて近親相姦セックス

kage

2020/03/27 (Fri)

思春期のトラウマ話です。

あれは夏休みでした。

実家は群馬県のM市はずれ片田舎の広い農家です。

たぶん夜中2時頃だったかもしれません。

寝苦しさで目を覚ますと、廊下の向こうで苦しそうなうめき声のようなものが聞こえていました。

寝ぼけていたのではっきりと聞き取れませんでしたが、

声の主はL字の廊下の突き当たりの母親の部屋から漏れているようでした。

昔の襖は薄い障子紙でしたので、抜き足差し足で近づくと、まさに間違えなく母親のうめき声が漏れていました。

最初「うぅん・・。うぅん」と苦しそうな感じでしたが、

なぜか本能的に「自分を気づかせてはいけない」と感じて、しばらくじりじりとして聞き入っていました。

不思議と母の体を心配することより、むしろ声が変化してゆくのをじっと盗み聞くような不思議な感覚でした。

今思えば、6年生の真冬、農作業中脳溢血で父が突然の他界をし、母の体はどうしても肉欲の満足できる男を求めていたのでしょう。

襖の隙間から漏れる薄暗い月明かりの中で思春期のわたしには、あまりにも刺激の強い母の下着姿がうねっていました。

上半身は完全に乳房も露わに、右手で乳首を掴み親指でこりこりと、時には摘まむように・・。

【熟女体験談】元スチュワーデスの母が学校の不良たちにレイプされているところを目撃してしまった

kage

2020/03/27 (Fri)

母は、真由美その時41歳です。

元スチュワーデスで僕が言うのも変ですが松坂慶子に似ていて美人です。

父は、海外赴任をしています。

当時僕は、学校の不良たちからいじめを毎日のように遭っていました。

ある日、母と買い物の途中、2つ上の不良のリーダー弘樹に会ってしまいました。

弘樹は、母に丁寧に挨拶をすると僕に「困ったことがあったら電話して来いよ」と携帯の電話番号を書いた紙を渡しました。

母は、僕がいじめに遭っているのを知っていたので、弘樹のことをいろいろと聞いてきました。

数日後、弘樹にばったり会った時に、

「おまえの母ちゃんから電話あったぜ、水曜日に話するからよ。でもいい女だ..

水曜日は遅くかえって来いよ。そうしたら助けてやるよ、分かったな、さもないと..」と脅かされました。

僕はとても気になり、水曜日、普通通り家を出て学校に行かずに、近くで弘樹が来るのを待ちました。

11時頃、弘樹が現れました。

僕は気づかれないように後を付け弘樹が僕の家に入るのを確かめました。

そして家の中の様子をうかがいました。