FC2ブログ
2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

【熟女体験談】妻を亡くした男性がトレッキングツアーに参加し、連絡先を交換した女性と心の籠った中出しセックス

kage

2020/03/22 (Sun)

私は63歳の男で、妻は既に他界し、一人息子は自立して、今は一人暮らしをしています。

今年、某観光会社主催の2泊3日トレッキングツアーに参加したんだよ。

総勢40人前後で男1人での参加は3人で、後は、ご夫婦或いはカップルの参加者と女性グループの参加者が数組の賑やかなツアーであった。

初日の旅程は起伏のある3時間のトレッキングコースで景観を楽しみつつ全員が余裕で宿泊地に着いた。

夕食の席ではスレンダーで魅力のある中年婦人と隣り合わせになったが、この女性、名をSさんと名乗り女性3人で参加した人でした。

年は私よりも10歳ほど若い五十路ぐらいでしょうか。

バスもお隣に座り一日ずうっとご一緒でしたので自然なトークで、私は先年、妻を病で亡くしたこと、

一人息子は仕事で海外に赴任中、自分は定年になり一人で気楽に海外旅行をしたり、

こうして好きなトレッキングに参加したりと気隋に過ごしていることを聞かれるままに話した。

Sさんも子供が独立して旦那と二人の生活になったけど、

夫は仕事が忙しく長期出張もあり夜はほとんど一人での食事が多く味気無い毎日だと微苦笑していた。

女友達と小旅行を重ねて居るけどトレッキングは初体験

「皆さんに迷惑を掛けたらどうしましょう」と呟いたので

「私で宜しければ微力ですが杖の代わりにして下さい」と気障なようだが言ってみた。

【熟女体験談】婦長となったバツイチ主婦が救急患者さんとセックス

kage

2020/03/22 (Sun)

私は五十路になったおばさんのバツイチ主婦です。

子供も2人いますが、43歳の離婚してから、子供のことだけを考え、必死で生活してきました。

離婚した主人は、某大手企業の管理職でしたが、社内不倫が発覚し、転勤で九州に飛ばされ、私も悩んだあげくに子供の助言もあり離婚しました。

それまでは家庭も順風満帆でしたが、私はどうしても主人を許すことができずに離婚したわけですが、

それ以来、セックスというものを一切考えることもできずに、ずっとセックスレスの生活を送ってきました。

私はもともと看護婦であったため、子供と私の3人が生活するくらいの給料はありましたが、

お金のことよりも子供達をどこかに預けないと仕事ができないため、車で30分くらいの両親の家に預けていたのですが、とにかく必死で働きました。

おかげで今では婦長になることもできました。

もともと性欲が強いわけでもなくて、セックスしないのならしないで我慢はできましたが、

主人とは知り合った時から1回も絶頂を味わうこともなく、絶頂を味わいたい時は、

主人と子供達がいない昼間に心ゆくまでオナニーに没頭し、絶頂を楽しんでいましたが、

離婚してからは、そこまで頭が働かず、結婚してからはずっと専業主婦でしたので、

働くことが最初はすごく苦痛で、看護婦の世界って、女同士だから人間関係が複雑なんです。

これまで何回も悩んできて、セックスどころではありませんでした。

しかし、ある患者さんとの出会いで、性に目覚めてきたんです。

【熟女体験談】熟年離婚をした父と海外旅行に行き、父から求められ近親相姦セックス

kage

2020/03/22 (Sun)

昭和で今よりも社会に活気があって景気がよかった頃の今となってはもう昔話です。

ある年の4月になって間もない頃、父親の職場から電話がありました。

それは、作業現場から転落し、病院に搬送されたというものでした。

幸いにも、左腕の骨折だけで済み、命に別条はありませんでした。

しかし、父と母はいわゆる「熟年離婚」をした直後であり、職人気質で亭主関白の父は、家事どころかお茶の一つも入れられない程。

その上、骨折しての不自由な生活という事で、数年ぶりに実家に戻りました。

実を言うと、その当時私が丁度30代になった頃、すでに私と夫は完全に冷め切っており、酒に溺れては手を上げるDV夫から逃げる様に出て来たのです。

当初、父はかたくなに「お前の助けなどいらん。」と頑固に言い張っていましたが、

やはり不自由な事に直面し、私が手を差し出す事にも文句を言わなくなる様になっていました。

数ヶ月後、怪我も完治。

それでも私は、ずっと実家に残りました。

毎朝父にお弁当を作り、夕食を用意し帰りを待つ。

そしてお父さんの為に家事をこなす。

何でもない、そんな平凡な毎日を穏やかに過ごせる事に、ささやかな幸せを感じていたのです。