FC2ブログ
2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

【熟女体験談】筋肉な介護の男性に襲われかけ、その場では抵抗したものの後で濃厚セックスした人妻

kage

2020/03/15 (Sun)

40代前半、アイ(仮名)と言います。

旦那と2人の子どもがおり、職業はタクシーのドライバーをやっています。

週2回、病院とスポーツジムに送り迎えしている佐久間さんという男性がいます。

奥さんに先立たれ、一人暮らし。

軽い脳梗塞で左手が麻痺していますが、足と口は達者です。

昔、鳶をやっていたらしく、まだまだ筋肉モリモリです。

私は4人兄弟の4番目。

私の事を1番可愛がってくれた1番上の兄とダブらせていました。

ある日、佐久間さんはタクシーの中でジムで知り合った女性の話をしきりにしてきました。

俗に言う恋話です。

私はなぜか嫉妬していました。

無口になり、イヤな思いをさせてしまいました。

気まずい雰囲気が流れ、佐久間さんから連絡が入りました。

風邪をこじらせたとの事。

【熟女体験談】母とパート先の店長が濃厚な大人の不倫セックスやらかしてるところを目撃した息子

kage

2020/03/15 (Sun)

母親(43歳)が今年から市内のほかほか弁当屋でパートを始めた。

まぁ俺も来春は大学(受かれば)だし何かと金もかかるだろうし、家計も大変なんだろう。

先日(今年の春先)、郵便局から模試の受験料を払込まなければいけない日だったので母親のパート先にお金をもらいに寄った。

「どーもー、いるぅー?」と言いながら、弁当屋の裏から入ったけど誰もいなかった。

帰ろうとしたらそこのトイレから母が怪訝な顔をで出来て「あっ」と小声をあげた。

その母のすぐ後から若い店長(30代前半?)もズボンのチャックをあげながら出てきた。

一瞬、気まずい空気だったけど、俺は、何故か明るく「まいったぁ、模試のカネ1万のこと言うの忘れてたぁ」と言った。

母は不自然に明るく「あぁ、急がないとね、えぇーとおサイフ、おサイフ」と言いながら奥に行きかけたとき、

母より若い店長が「○○さぁーん、いいよ、まずはこっから出しておく」とレジから1万円を出して俺に渡した。

「んじゃ、俺、急ぐんで・・・」とそこを出た。

ちとドキドキした。

母の髪も衣服も乱れてたしまぁ、ヤッてたんだろうなぁ、と想像してしまった。

母は俺が気づいてないと思ってるようだった。

【熟女体験談】生意気な嫁の姉の弱みを握って性奴隷調教

kage

2020/03/15 (Sun)

俺は36歳の普通の会社員。

嫁も同い年で同じく会社員。

子供は二人で共に小◯生。

で、嫁には独身の姉がいて年は38の行き遅れの中年熟女見た目は嫁より若くて正直スタイルもいいが、言葉使いや性格が俺の苦手なタイプ。

俺は出張が多くて、月に3度程の泊まりの仕事があります。

嫁も正社員でフルに働いているため、フリーターの嫁姉がいつも子供達の面倒を見てくれてたので、それは感謝していました。

ある日、俺はいつものように出張の仕事で他県に行ったのだが、

先方の都合で3日間仕事の予定が2日目の朝でストップしてしまい、とりあえず帰社する事になりました。

会社からは直帰して明日出社で構わないとの連絡があったので嫁に連絡し、家に帰りました。

平日で子供も学校でいないので、自宅でゆっくり報告書をまとめようとか考えながら帰宅してみると玄関に嫁姉の靴が・・・。

子供達の世話もしてもらってたので、合鍵は渡してありました。

(留守中に上がり込むなんて非常識だな・・・)とは思いましたが、

平常を装い普通に「ただいま~」とリビングのドアを開けたところ

そこにはリビングのチェストの引き出しを物色する嫁姉が

俺「・・・なにしてんの?」