FC2ブログ
2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

【熟女体験談】パート主婦に退職前に一回エッチさせて欲しいとお願いした結果、中出しセックスさせてもらえた話

kage

2020/03/09 (Mon)

「どうせ会社辞めるんだからヤリタイ放題に好き勝手にやらしてもらうぜっ」

そんな投稿エロ体験談を読んだ。

俺にとっても新鮮だったのは、のっけからエッチな話を振るとほいほいついてくる女性が多いと言う事。

熟年パートから、バイトの四十路のおばちゃん、それに大卒の新人君までもが貞操を捨ててセックスに興じたって話なんだ。

その中でもコメント欄にきらりと光る投稿があった。

「女だって嫌いじゃない程度に好きな男から誘われたら無下に断らないものだし♪」

俺、20代最後。

ルックスは並みの上。

女と仲良くなるのは割と得意だ。

ただ、性格的に「いつでも、どこでも、誰とでも」なヤリチンじゃないし、その時点で1年くらい彼女なし。

学歴も経済力も仕事ぶりも「凡人」だと思う。

そんな男でも「後腐れなく1回だけ」ならヤリチン気分を味わえるのか?当時の職場は故郷とも大学とも関係ない地方だったし、転職先も全然別の土地。

とりあえず、後腐れないという条件は満たしてる。

試してみる価値はあるかも…なんて妄想したのが始まりだ。

問題は頼む相手だった。

【熟女体験談】泥酔して寝ていたブスおばちゃんを介抱しながら痴漢しまくり、障害者用のトイレでバックからセックス

kage

2020/03/09 (Mon)

発つ久々にエロ熟女を拾いました。

帰りの日比谷線でいい感じにブスなおばちゃんが股を開いて寝てました。

見た目は50代後半。

最近はこの年代でも黒いミニのワンピースなんかを着たりしてる。

最初は派手なストッキングから透けるパンティがなかなかエロく、ごちそうさまと思ってたんですが偶然、同じ銀座駅で降りて丸の内線の乗り換えまで一緒に。

エスカレーターで見るムチムチしたおデブボディもすごく好み。

終電にはまだまだ余裕がありましが、このおばちゃん座り込んで寝込んでしまった。

隣で様子をけっこう酔ってる感じ。

「大丈夫?」と声をかけながらさりげなくあちこちにタッチ。

おっぱいはかなり大きくブラでガチガチに固定してる感じ。

内股に触れた?触れない?というギリギリでタッチしながら、顔をのぞき込むと、「あぁ、大丈夫ジャナイヨ・・・」もう支離滅裂。

おばちゃんの目的駅は鶴見で行き先が途中まで一緒だったので付き添ったけど、おばちゃんが気持ち悪いというので途中下車。

もう下心全開で介抱しながら、おばちゃんの身体を触りまくった。

ブヨブヨで柔らかい身体を堪能しても、おばちゃんは何も言わない。

【熟女体験談】パーキングエリアで寝取らせ願望のある旦那さんに妻を寝取ってほしいと言われ、まさかの中出しセックスができた

kage

2020/03/09 (Mon)

つい先日の出来事。

俺は、長距離トラックのドライバーをしている。

九州から、大阪までの荷物を届け、山陽道の小さなパーキングエリアで、仮眠をしようと思い、缶コーヒーを飲んで、運転席でくつろいでいた。

俺は、32才、一応嫁、子供がいる身だ。

時間は夜の11時過ぎ、小さなパーキングなので、車はほとんど止まってない。

缶コーヒーを飲みながら、携帯をいじっていると、運転席の隣りに、1台の車が止まった。

その車の運転手が降りて、こちらに近づいて、軽く何やら、俺に話しかけてきた。

見た目では、50台後輩位のサラリーマンタイプ。

窓をあけると、どちらの運送会社なんですか?と訪ねられた。

九州からですよ、と答えると、急いで発ちますか?と言われ、いえ、帰りなので、仮眠でもしようかと思ってます。

すると、もし良ければ、少し、時間を頂けないですか?といわれ、どう言う事でしょう?

詳しく話してくださいと言うと、実は、助手席に妻がいるのですが、トラックの寝台で、妻を抱いて頂けませんか?と。

俺は耳を疑い、もう少し、詳しくはなしてください、とかえした。