FC2ブログ
2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

【熟女体験談】とあるサイトで熟年のカップルさんと知り合い、男性に見られながら指導のもと筆下ろしされた

kage

2020/03/07 (Sat)

自分は23歳で童貞で、とあるサイトで熟年のカップルさんと知り合いました。

男性Kさんと女性Mさんというそうです。

Mさんは51歳、かなり太めの女性だという話でした。

しばらくメール等でやり取りしていてKさん同伴のもとでMさんに筆下ろししていただくことになりました。

そして当日予定通りの時間、場所で待ち合わせ。

写メの交換等はしていなかったため、目の前で電話をする羽目になってしまいましたが。

実際に会ってみた男性Kさん女性Mさんは想像以上に普通のおじさん、おばさんといった感じでした。

その後軽い食事と雑談を交えホテルへと向かいました。

(ほとんど自分が質問に答えているだけでしたが・・・)

ホテルへ着いた後は順番にシャワーを浴びるのと、その順番待ちの間、店ではできなかった下の方の話も色々としました。

シャワーを浴びる時、荷物は手元に置いておいた方がいい等アドバイスを頂き、かなり遊び慣れているようでした。

そしてKさんの観察、指導のもと筆下ろしが始まりました。

Mさんの身体は太めの50代らしく全身の肉はたるんでいて乳首も黒く、アソコも少々グロテスクでした。

ですが自分にはその豊満な身体がとても魅力的に見え、興奮して勃起しっぱなしでした。

【熟女体験談】ラブホで働く未亡人のパートさんのオナニーを目撃し、そのままセックスに持ち込んだ

kage

2020/03/07 (Sat)

二年ぐらい前までラブホで雇われ店長?をやってました。

日中の仕事だけでは生活するのがやっとで、小遣いも少なかったので生活費の+αと小遣いの足しになればと三年ほど夜にバイトしてました。

一年経ってからラブホ社長から「夜は任せるから」と雇われ店長に任命?されパートのおばちゃん三人をローテーションで使い、

基本的には夜は私と三人のうちの一人のおばちゃんで切り盛りしてました。

ラブホはガレージタイプでガレージから階段を上がると部屋があるタイプ、片面5室が背中合わせであり計10室ありました。

階段を上がると部屋に入る扉と作業場に通じてる扉があり、客が退室すると作業場扉を開け部屋掃除をするといった感じでした。

平日はほとんど利用客もなく、土日祝日や連休の時は満室になってました。

三人のおばちゃんのうち「この人と何かエッチな事できないかな」と狙っていたおばちゃんがいて、

あ、おばちゃんと言っても当時私は45才でその人は50才だったので「お姉さん」ですかね。

そのお姉さんは美恵子さんといい、旦那さんは既に亡くなっていて、娘が二人いて二人とも結婚して二人とも近くで家庭を持っていて今は一人暮らし。

タイプはぽっちゃりで決してデブでない体型でぽっちゃり好きの私はだから目をつけた訳なんです。

顔立ちは「痩せると綺麗」と言われるタイプ。

ある夏の平日夜の出来事です。

【熟女体験談】コンビニで働くおばさんと偶然出会ったことがきっかけで看病しに来てくれ、病み上がりに濃厚セックス

kage

2020/03/07 (Sat)

最初は似ていると思ってジロジロ見ていると、おばさんもこっちを見ている。

お互いに「あれっ」。

おばさんが手を振って近づいてきて・・・。

「こんな所で会うなんて仕事の服装じゃないから分からなかったわよ。なんか似てるなぁって。家、この辺りなの?」

おばさんは気軽に腕を叩いて話し掛けて来た。

お互いいつも見ている服装と違うから、何か新鮮な感じだった。

家は近くで昼飯の買い出しに来たと告げたが、「時間が有ったら一緒に食べない?」と誘うと、喜んでOKした。

「下村さんは何が食べたい?」コンビニの制服の名札で名前は確認済み。

何でもいいとの返事に、スーパーのフードコートで食べる事になった。

下村さんの家族構成やら自分の事など話しながら昼飯を済ませて、その日は別れた。

次の日からも変わる事なく毎朝立ち寄っていたが、日曜日に会って以来、距離が近づいたのか、他に客が居なかったり、

もう一人の店員が居ない時などレジの前で話すようになった。

何日か経ったある日、具合が悪く、午前中で現場を早退して帰り際に弁当を買う為コンビニに寄ったら下村さんはまだ居た。