FC2ブログ
2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

【熟女体験談】元彼女の母親と目隠し拘束し、SM中出しセックス

kage

2020/03/03 (Tue)

昨年夏の話です。

私は23歳になったばかりの男性です。

実は、元彼女の母親との体験談です。

この母親は48歳で恵子さんと言います。

旦那との間に、元彼女とその妹と子供を2人産んでいます。

顔の方は、多少ですけど松坂慶子に似ています。

ボッチャリで胸が大きくて下腹が二段腹(服の上からもハッキリ見える)でセミロングです。

初めて会った時から、この元彼女の母親とは変態的なSEXをしてみたい!という願望があり、家にお邪魔しては母親と話したりで次第に仲良くなっていきました。

そして、やっとの思いでXデーが来ました。

とある場所で母親と待合せをして私の車に乗せました。

話をしながら母親チェック!白のブラウスに水色のスカートそして透けて見えるブラジャーと大きい胸、白っぽいファンデーションに赤い口紅がたまらない。

私は、凄く興奮して勃起していた。

ホテルに入り、部屋のソファーに2人で座った。

緊張気味のお母さんを会話でほぐして、お母さんの頭を撫でながら右の手の平をマッサージしてあげた。

【熟女体験談】保険のおばさんを自宅に呼んで、襲って泣いているところを無理やり中出しレイプ

kage

2020/03/03 (Tue)

今日会社を休んだ。

ついさっきまで会社に来る保険のおばさんを自宅でレイプして犯しまくっていた。

「保険の話があるんだけど・・・」と言って自宅に来てもらった。

「あまり時間がないので、早く来て欲しい。」と嘘をついて、午前中の早い時間に来てもらった。

おばさんは文子さんと言う名前で、45歳くらいの小太りのおばさんだ。

身長は155cmくらいだろうか。

やたらとおっぱいが大きい。

文子さんは、その体型を気にしているのかいつも黒っぽい服装でいた。

俺は、文子さんをレイプすることをいつも想像してオナニーをしていたが、「自宅で犯せば証拠が残らない。」と思い、わざわざ来てもらったという訳だ。

玄関のチャイムが鳴り、俺が出て行くと、いつもの文子さんがそこに居た。

わざと「本当にあまり時間が無いんだ。」と嘘をついて、さっさと家の中に文子さんを入れた。

文子さんは、さっそく保険の話をし始めた。

初めは俺もドキドキして、なかなか手を出せなかった。

【熟女体験談】セレブな奥さんをドライブに誘ってホテルに連れ込み、高級下着を脱がしてセックスし、セフレとなった

kage

2020/03/03 (Tue)

俺は既に中年を迎えたサラリーマン。

少し前に今でも仲が良い高校時代の同級生Kと彼の家の近所の焼き鳥屋に行った。

居酒屋はこじんまりとしていて、カウンター5席、ボックス4人がけが3テーブルぐらいだ。

おばちゃんが一人でやっていて、いままでに何度か行ったことはあるが、いつもおっちゃんたちのたまり場のようになっていた。

だけど、この日はちがって、おばちゃんの友達らしき熟女が一人でカウンターで飲んみながら、おばちゃんと話をしていた。

オレたち二人は、その近くのテーブル席に通された。

オレはそんなに男前でもないのに、いつもおばちゃんに、「男前、男前。」と言われて、からかわれていたのだが、そこにカウンターの熟女が食い付いて来た。

話の流れで、その熟女が「ユキさん」という、店から徒歩1分圏内に住むいいとこのセレブな奥さんであることがわかった。

(乗っているクルマもBMWと言っていた。)美人ではないが、42歳と言っていたがどうみても四十路には見えない。

おそらく実年齢55歳くらいだろうと思う。

カルチャーサークルでフラダンスの講師をしているという話もしていた。

ユキ「ホント男前だよねぇ。私、男とビールが大好きだから、今度、夜のお相手してほしいわ。」と酔った勢いか、いきなりの大胆なお誘い。

オレ「いいですねぇ。今度、二人で一緒に飲みに行きましょうか?」

ユキ「ぜひ行きましょうね。」Kは(えっ?こんなオバチャンと?)みたいな顔で見ていたが、オレの筋金入りの熟女好きを知らなかったらしい。