FC2ブログ
2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

【熟女体験談】妻の妹とのセックスが義母にバレ、義母とも関係を持ち3股近親相姦セックス

kage

2020/03/31 (Tue)

妻33才の義母は、早くに結婚出産したため、まだ51才、妻と私の歳の離れているため、私よりも年下である。

年に1.2度近くに来たからとうちに寄って行くことがあるが、大抵は妻の休みの日の昼間の事でもう何年も顔を合わせてはいない。

そんな妻の義母から、携帯に電話が入った。

話したいことがあるから会いたいとのこと、それも妻には知られないように。

私から言うのもだが、妻も妻の妹もかなり整った顔立ちなのは、この義母譲りで、10才くらいは若く見える。

妻の義母としてこれまで見て来たので、性の対照として見たことは無かったが、妻には内緒で会いたいとの連絡で、一気に性の対照になってしまった。

仕事を終え、待ち合わせの場所に向かった。

約束の時間より少し早く着いたが、義母は既に着いていた。

クラクションを軽く2回鳴らすと、振り向きそのまま小走りに車に近づき、挨拶もせずに車に乗り込んできた。

何やら周りの目を気にしている様子なので、一先ず車を走らせた。

「話って何ですか?」車に乗り込んでから、何も言わず少し怖い顔で前を見ているだけの義母との空間に耐えきれず僕から、切り出した。

それでも、義母は?口をひらかず、前を見ているだけだった。

10分もあてなく走っただろうか、義母が「今日する話は人には聞かれたく無いから、二人きりになれるところへ行って…」とようやく口を開いた。

【熟女体験談】人生初のボーナスで人妻ヘルスに行ったら、まさかの叔母が相手となり人生初のボーナスで人妻ヘルスに行ったら、まさかの叔母が相手となり近親相姦セックス

kage

2020/03/31 (Tue)

新社会人になって、一番の楽しみだったのは初めて貰うボーナス。

ボーナスで何を買おうか?それとも貯金して将来の結婚資金でも貯めるか使い道に頭を悩ますのが楽しかった。

でも一年目のボーナスだから中途半端な金額だからイマイチ欲しいものが買えない。

そんな時、先輩社員から声がかかりました。

「おまえな~、貯金なんてだるい事言ってたらダメだぞ」

「えっ?マズイっすか?」

「男は黙ってフーゾク!これだよ~」

「風俗ってもったいないような気が・・・」人生初のボーナスの使い道がフーゾク?ちょっと嫌な感じがしたけど断れないオーラを先輩が発しています。

とても断れない感じなので仕方なく一緒にいくことになりました。

熟女フェチ向けの人妻ヘルスに行ったんですが、常連の先輩はテキパキ指名をしています。

「おまえ、分からないんだろ?お前の相手は俺が選んでやる」頼むから力士みたいなデブおばさんだけはよしてくれと祈ってました。

店員さんから何枚か写真をもらって吟味している先輩。

なぜぷくっと笑う?その中から1枚の写真を取り出すと私に見せながら、この人で決めっ!先輩。

写真裏側なんですけど…。

反論出来ないままの緊張の30分。

【熟女体験談】掛かり付け歯科医のセレブマダムに夢叶い挿入し寝取ってきた

kage

2020/03/31 (Tue)

掛かり付け歯科医のセレブマダムに夢叶い挿入し寝取ってきました

治療に行った際、駐車場に暫し車を停め、

隣接に聳え建つ豪邸から、

たまに姿を表すセレブマダムな奥様を眺めては、

いい女だな~!

一回で良いからやりたいな~と、

スケベ心を抱き視姦していました

挿入の切っ掛けは、棚からぼた餅の諺の如く美味しい物でした。

私の知り合いから「○○に食事に行った際、マスターから店主宰のゴルフコンペをするから出席してよ」と!

お願いされたから一緒に申し込んでおいたから宜しくの連絡が。

マスターの店には、私も食事やビールを頻繁に頂きに行っている関係から

「店に来てる客ばかりだし、暇だから行って楽しんで来れば良いか~」

の楽な気持ち。

【熟女体験談】シングルマザーな後輩の母親に女の本性を思い出させ、デカチンアナル責め

kage

2020/03/30 (Mon)

後輩の母親(46歳)は苦労人で旦那は女を作って家を出ていき女手一つで二人の子供を育て現在一人で住んでいる

そんな後輩の母の家にちょっとした用があって行くことになった。

行ったのは、昼間だったが、出迎えてくれた母親の姿に少し驚いた。

小柄な母親だが胸と尻がでかいグラマーなのだが、薄手のよれよれのTシャツにパンツもはみ出してしまうくらいの短パン姿だった

内心、『誘われてるのかな?』と思いつつも、『いやいや、勘違いだろう』との思いが、交錯していた。

まぁ、昔から知ってるし、身内みたいなもんだから、誘われることは無いだろうと途中から思って、用を済ませた。

お茶を出してくれた時に、Tシャツがよれよれだったから、首元からブラが丸見えの状態になっていた。

心の中でまた葛藤が始まった。

気を紛らわせようと、一度トイレに立つも、リビングに戻って、母親の姿を見たら、また葛藤が始まった。

どうせ二人きりだし、母親と最低限の会話しかしない後輩たちの事も知ってるから、

ここで何か間違いを犯しても、余所にばれることはないだろうと思って、一つテストを行ってみることにした。

帰ろうとして、お茶を一緒にキッチンまで運んだ時に、少し立ち話をしてみた。

昔から知ってる分、話題なんかいくらでも作れた。

話しているうちに距離を徐々に縮めていくが、母親は予想通りに出してくれたグラスを洗い始めた。

【熟女体験談】開業医の先生やリゾートマンションのオーナー達とスワッピングパーティを楽しんだ

kage

2020/03/30 (Mon)

今、会社の都合で大阪に単身赴任中の34才の会社員です。

先月の初めから約3年の予定で大阪に赴任しています。

妻(理恵・28才)とは結婚2年ですが、子供は妻が30才まではつくらない予定でまだいません。

妻も生命保険会社勤めを続けており、会社を辞めるつもりもなく私1人が単身での赴任となったものです。

妻との夫婦生活は週2回程度で同年齢にしては少ないほうですが付き合ってからの期間を入れるとそこそこだと思います。

この単身赴任の命令を会社からいわれる直前にあることからスワッピングを経験しました。

そのことを書いてみます。

このスワッピングは妻からの話がきっかけでした。

妻は会社の関係で開業医の先生と保険の関係で知り合い仕事の話でおつきあいをしていたとのことです。

その先生からゴルフの誘いがあり、夫婦で招待されたというものでした。

時々、この先生ことは会社話の中に出てきており、妻のつきあいもあり断るわけもいかないと思い招待を受けることにしました。

まさかこんなふうになるとは予想もつきませんでした。

その場所は千葉の鴨川市のリゾートマンションでのことでした。

【熟女体験談】4人の女性からハーレム状態の逆レイプされた飲み会乱交

kage

2020/03/30 (Mon)

私は現在事務系の仕事についています。

業務内容は今までの企業で担っていた「総務課」のような内容です。

要は契約している会社から足りない備品があれば届けるといった内容です。

5年前に転職してやっと慣れてきた感じです。

自分の部署は女性が多いです。

その中でも一番のトップは半沢さんです。

すでに孫がいると言いますが、そんな雰囲気はみじんも感じません。

新入りだった自分にも仕事を丁寧に教えてくれました。

決して威張ることもない気さくな人です。

それに普段からバレーボールに参加しているそうで、体も締まっており、特にお尻はプリンプリンでした。

その次がゆかりさんで今年45歳の高○生の子供がいる人です。

すごい色気があって、実際町でナンパされたこともあったそうです。

美恵子さんは今年47歳ですが、ゆかりさんとは反対の静かな印象の人です。

だけど筋が通らない要求には毅然と反論する頼もしい方です。

【熟女体験談】旦那しか男を知らない真面目系熟女が部下との一度限りの中出しセックス

kage

2020/03/29 (Sun)

五十路の主婦兼会社員です。

子供のようにかわいがっている部下(20代独身)と先日出張に行った時のことです。

彼はとても頑張ってくれ契約は大成功。

彼は一ヶ月後には本社に転勤、とっても良い業績が出来ました。

その夜は、居酒屋で二人で祝杯です。

お酒も入り話題は彼の彼女の話へ、しかし、はぐらかしてばかり。

「実はだいぶ前に別れてからはいないんですよ」

「そう、寂しいね」

「でも、今は好きな人がいるから大丈夫」

「そうなんだ」そんな話も続かずお店を出ましたが彼はまだ飲みたそう、「ホテルのラウンジで飲むか?」

「高いから悪いですよ」私は上司として奢る約束でした。

「生意気なこと言って、でもそうね。部屋で飲もうか」

「じゃあ僕の部屋で」私も彼にこれ以上負担掛けまいとつい、気軽に言ってしまいました。

途中、彼はコンビニでお酒を買い隠すように持込しました。

【熟女体験談】引っ越してきた淫乱な中年おばさんと中出しセックス

kage

2020/03/29 (Sun)

私の住んでいる団地の隣の部屋に、40代中盤ぐらいの中年の夫婦が引っ越してきた。

旦那はパチンコ屋勤務みたい。

夜遅く勤務を終えた旦那を奥さんが迎えに行き、そして、遅い食事を済ませ、しばらくして奥さんは1人で出掛けるという日々が続いていた。

ある夜ベランダでタバコを吸っていると、隣の暗い部屋のカーテンに、テレビの光で映し出された人影が2つはっきりと見えた。

フェラ、騎乗位、正常位、そして腰の動きが止まる二人の様子がはっきりと見え、窓が開いている時は女性の艶声も聞こることがあった。

昼間は隣の熟れた人妻が1人で部屋の掃除をし布団を干したりしていた。

洗濯物が落ちていたので届けたことから時々言葉を交わすようになった。

パチンコ屋に行くと裏口で隣の夫婦が何か話していた。

奥さんは顔を手で覆い泣いている様だったがパチンコに負けて帰ろうと駐車場を歩いていたら奥さんが声を掛けてきた。

「あらお久しぶり帰るから乗っていけば」と言葉に甘え助手席に乗り込んだ。

「気分転換に少しドライブ付き合ってね」

「さっき裏口で泣いているところを見てしまって」

「えっ見てたの悲しくなって、つい」

「でも仲がいいですね。カーテンに映る二人のセックスの影を見たことがありますよ。

【熟女体験談】近所に住んでいた叔母に筆おろしされ性教育をしてもらった

kage

2020/03/29 (Sun)

近所に伯母が住んでいた私がC2年生の時に伯母に筆おろしされ性教育をしてもらいました

伯母は、母の姉で、母とは結構年が離れていて当時55歳ぐらいの高齢熟女

この五十路の伯母は、離婚して、子供もなく、一人暮らしをしていました。

後から聞いた話では、伯母の浮気が激しく、相当なヤリマンで尻軽女だったらしく、それが原因で離婚されたようです。

子供がないせいか、私は、伯母に可愛がられて、近いこともあり、よく遊びに行っていました。

両親が法事などで旅行するときなどは、泊まりにもいっていました。

伯母は、派手好きで、とかく噂の絶えない人でした。

よく出歩いたり飲みに行ったりして、いきずりの男性との関係やワンナイトラブなど経験豊富な女性だったようです。

両親や親戚なかでは、困った人みたいにいつも言われてました。

私も、伯母の洗濯物のなかに、派手な下着などはよく見かけました。

しょっちゅう遊びに行っていたので、伯母が不在の時にでも、郵便受けの下から鍵を出して、勝手に部屋に入り、お菓子などを食べていることもよくありました。

その日も、インターフォンをいくら鳴らしても、返事がないので、鍵を開けて、勝手知ったる他人の家とばかりに、入っていきました。

しかし、留守だと思っていたのに、奥の部屋に人の気配がします。

かすかに声がするようです。

【熟女体験談】スレンダーで痴女なインテリ美人熟女にねだられた時だけセックスするセフレ

kage

2020/03/28 (Sat)

セフレの人妻ナオミはスレンダーで痴女なインテリ美人熟女

週4くらいで外で働いているだけに小綺麗な感じがする。

仕事や家庭のストレスをパアッと発散するために後腐れのないセフレが欲しくて癒し妻新空間を利用したらしい。

ホテル代彼女持ちで、女盛りのカラダをたっぷりと堪能できる今の関係は俺にとっても理想的だ。

待ち合わせ場所でナオミをピックアップし、即ラブホテルに直行する。

ナオミ「シャワー浴びるから、好きなもの食べてて」彼女のストリップとシャワーシーンを眺めながら

ルームサービスのおにぎりで腹ごしらえしてこれからのセックスに備える。

濡らさないようにまとめられた髪とメガネをとった意外と幼い素顔はアンバランスで逆に萌える。

ナオミが桃色に火照ったカラダにバスタオルを巻いてベッドに来る頃には俺のちんぽは臨戦体勢になっていた。

「ねえ、メガネかけてしゃぶってよ」俺が甘えたように言うと、ナオミはため息をつきながらメガネをかけて俺の汚いままのちんぽをしゃぶってくれる。

冷たい印象さえうけそうな整ったナオミの顔が俺のちんぽを咥えて薄っすらと赤らんでいくのは何度見てもいい。

我ながら衛生的とは言えない俺の臭いちんぽを潔癖症にも見えるナオミが躊躇いなく咥えてくれるのはいつもちょっと不思議だ。

ナオミはちんぽの根元から先端まで余すところ無く、丁寧に何度も舐めてくれる。

玉袋をしゃぶり、ちゅるちゅると奥まで咥えてもらうと俺のちんぽは射精寸前にまで追い込まれた。