FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

【熟女体験談】期せずして託卵をさせた相手と子どもの幸せを願う男の懺悔物語

kage

2020/02/22 (Sat)

23年前、私(40歳、課長)の職場に雅美がパートでやってきた。

32歳。

10月からの半年の雇用対策で、私の下で事務的な仕事をすることになった。

長髪の美人でしかもプロポーション抜群だった。

身長163㎝、バストはおよそ90㎝。

高校ではバレーのエースアタッカー。

正男という小学5年生の男の子がいた。

旦那の浮気による離婚で、実家の近くのアパートに越してきていた。

パート募集の張り紙を見て応募してきた。

美人だし、面接をした私は即決で採用を決めた。

彼女が勤め始めた。

結婚前に事務をしていたから、覚えは早かった。

いろいろ仕事を教えてあげた。

【熟女体験談】妊婦の本気の不倫体験談

kage

2020/02/22 (Sat)

私は30歳。

結婚して2年目です。

結婚してからずっとお風呂は夫と一緒です。

その日も脱衣所で裸になりました。

いつもと違うことは、夫に背を向けてパンティーを脱いだこと。

実は、今、私は妊娠して、産婦人科行っています背中を向けたのは、大きくなったおなかを隠すためではありません。

両手で恥ずかしい部分を隠して夫のほうを向きました夫は「なんだよいったい?」

「ジャーン!」両手をどけて私のあそこを夫に見せました「病院へ行ったら剃られちゃった~」思いきっり甘えた感じの声で言いました。

「な~あんだ、言ってくれたら俺が剃ってやったのに」ちょっと残念そうな夫はそういいながら、

つるつるになったあそこを舌でなめあげました剃りあとがむずがゆくて感じてしまいます。

でも、この剃毛は病院でしたのではありませんでした。

結婚前から付き合っていたK君に剃毛してもらったのです。

おなかの子?夫とも夫婦である以上は、最小限はセックスします

もちろんK君とはそれ以上にね

K君は外回りの仕事で半ば自営業ですから、時間が自由になるみたい

【熟女体験談】ブラジル美人妻とセフレになったのだがひどい結果となった

kage

2020/02/22 (Sat)

俺が一浪して大学に通っていた時の話です。

特に部活をやるでもなく、かといってバイトに燃えるわけでもなく、なんとなくダラダラとすごしていたある日、

「Y君もこない?」と同じクラスのHさんに、とあるボランティア活動に誘われた。

俺はスペイン語を専攻していたのだが、ボランティアの内容は、出稼ぎに来てる日系ブラジル人や、ペルー人などの子供と遊んだり、

言葉が出来ず困っている日系人の相談のお手伝いをする、といった感じだった。

「始めはわかんなくても、子供とかと話してたら結構上達するよ」というHさんの言葉に、特に引かれたわけでもないが、まあ暇だったのでついていって見た。

行ってみるとまあそれなりに楽しく、俺はいつのまにかそのボランティアの中心メンバーみたいなことになっていた。

確かにスペイン語は上達するし、ポルトガル語も覚えることが出来る。

ジャナさんと仲良くなったのは、俺が平日に、とある自治体で、相談所の通訳みたいな手伝いをしていたときのことだった。

あいにく専属の職員の人が、誰かの病院に付き添いに言っていたので、窓口には俺しかいなかった。

ジャナが言うには、すんでいるアパートの大家さんに怒られたが、実は何を文句言われてるのかわからない。

今朝もメチャクチャ怒られた、どうしたらいいのか?とのことだった。

とりあえず俺は大家さんに電話してみた。

えらく怒っていた。