FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

【熟女体験談】ウナギ弁当で精力をつけてラブホで熟女と6時間セックス

kage

2020/02/12 (Wed)

サイトのお友達募集の方とメールが繋がることができた。

「近くの方、ご連絡ください。趣味は料理とドライブ。婚は秘密。」

とあったので、「料理は食べる専門。ドライブは助手席が好き」と返信。

1週間ほど朝夕のメールで会話をしあった。

バツ一で子供は二人で上が男、下が女でこの春、高校を出て近くの法人に就職。共に家から通勤とのこと。

「直接お逢いしてお話したい」

と、メールがあったので、その数日後の平日昼間逢うことにした。

お互いの中間地点のS市の大型ショッピングセンター最上階の駐車場の一番奥で会うことになった。

彼女の車に移って、後部座席に座りながら話し出した。

名前はキョウコ・年齢49歳。

ガラス窓は外から見えないようにスモークが貼ってあって、二人は直ぐに抱き合いキスとなった。

服の上からオッパイを揉みだしたら、

「直接・・・・・直接・・」

と言いながら、自らボタンを外した。

【熟女体験談】場末のスナックの店内で熟女店員と初体験中出しセックス

kage

2020/02/12 (Wed)

人生初の彼女が出来た。

今でもたまに会うガキの頃からの友人達には、

「お前は絶対彼女が出来ない。20歳の誕生日の日に俺らが金を出し合うから、ソープランドに行って童貞捨てろ」

と言われていた自分が、20歳を迎える1週間前に人生初の彼女が出来た。

友人達の言うように、自分も彼女が作れるとは夢にも思わなかった。

ブサイクで、その上髭が濃く、朝剃っても昼前には顎当たりが青くなってくる。

そして女性の前に行くと全く会話が弾まないし、何を話せば良いのか思いつかない。

大学に入学しても、周りは浮かれた雰囲気なのに、私だけ1人ポツンのぼっち。

当然ながらサークルにも勧誘されず、淡々と決してテレビドラマでは決して描かれない、暗くひとりぼっちの大学生活を送っていた。

たまの気晴らしは、ソープランドを奢ってやると言ってくれる友人達と会う事ぐらい。

その友達も以前は

「お前小学校の時はあんなに明るかったのに、何でそんな根暗キャラになったんだよ」

と訝しげに尋ねてきて、憂鬱になった時もある。

【熟女体験談】近所の居酒屋の手伝いをし、店仕舞いした後にママと中出しセックス

kage

2020/02/12 (Wed)

なんていい女なんだ・・・

腕枕で行為の余韻に浸っている女を見て、つくづくそう思った・・・。

女の名は喜美子。私と同い年の40歳。

もっとも30代前半と言っても通用しそうな感じである。美人というよりも可愛いといった方が彼女には合っている。

私の家の近所の居酒屋のママである。48歳のマスターと夫婦での経営している。

この店が開店したのは今から約1年前。

住宅街のど真ん中にこじんまりとした佇まいであるが、開店前にポスティングしたチラシの効果もあって初日から繁盛していた。

私も酒は大好きなので初日に行ってみたが、いかんせん店が小さく、中で飲むことは出来なかった。

初めて入ったのは5日目くらいだったと記憶している。

初めての店に入ったときの私のパターンに沿って、まず生ビール(開店キャンペーンのタダ券)と焼き鳥2本、玉子焼きを注文。

待っている間にお通しを口にして「!」

出された焼き鳥を食べて「!!」

玉子焼きを食べて「!!!」

美味い!絶妙な味付けだ。