FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

【熟女体験談】小学4年のときに教育実習できたバツイチの先生とばったり会い、その親友である人妻に味見され、1ヶ月間ほぼ毎日セックスしてた

kage

2020/02/07 (Fri)

俺が裏日本の田舎で必死こいて勉強して、東京の西のはずれの国立大学に入った頃の話です。

もう4年前かあ。

下宿も決めて、公園のやたら多い街のショッピングセンターで生活道具を揃えて、

くたびれて噴水のベンチで座っていると、俺の目の前をお金持ちの若奥様風の二人が通っていった。

「!」

俺はびっくりして、思わず声をかけた。

「高木先生!」

ひとりが驚いてふりむくと、しばらく俺の顔をじーとみて、やっと気付いてくれた。

「ヤマダ君?そうだよね?大きくなったんだーー」

この女性は、俺が東京に住んでいたころ、小学4年のときに教育実習できていた人だった。

そんなやつ生徒の顔をおぼえてるわけないだろ!

とつっこまれそうだが、実はその年に俺は両親を交通事故でなくして(俺はのっていたが助かったのだ)、

学期の途中でじいちゃんばあちゃんのすむ裏日本に引き取られて行くという、悲劇のヒーローになったので、高木先生も憶えていたのだ。

とりあえずお茶をすることになった。

【熟女体験談】熟女のストッキングに興奮したマッサージ師が我慢できずに中出しセックス

kage

2020/02/07 (Fri)

僕は20代の後半からマッサージの道に入り現在、マッサージ師や整体師として1人で開業しています。

初めの2~3ヶ月間は余り患者さんもなく知り合いの男性や40~50才代のオバサンばかりでした。

次第に口コミで、評判を聞きつけ患者さんも増加し何とか僕、独り食べていける様になった頃でした。

1年半が過ぎた頃です。

ある常連のオバサンから紹介されたと聞いて電話があり予約をして来た50才の女性が来院して来ました。

彼女(美佐子さん)と言いますが、とても50才には見えない位の綺麗な女性でした。

仕事は化粧品の販売員をしていると言うことで、彼女は早番と遅番の2交替で仕事の終わったPM7時に来院して来たのです。

正直、綺麗な女性で緊張していました。

昔から腰が悪いらしく数日前から腰と脚が張ると言うことで黒いスーツの上着とスカート、ブラウスを脱いで貰うと

用意してある白いガウンに着替えて貰いベッドに俯せになって貰いました。

薄手の黒いストッキングは、そのまま、履いたままでした。

彼女は中肉中背で、この年齢にしては、スタイルも良い方だと思いました。

正直、彼女(美佐子さん)を見た時は、少し興奮してしまいました。

俯せになって肩から背中を優しく揉みながら腰から太腿裏、そして脚を中心にと揉み始めました。

【熟女体験談】ビル内清掃のおばさんとトイレの個室で中出しセックス

kage

2020/02/07 (Fri)

会社のビル内清掃をしてくれているおばさんがいて見た目ちょっと太っていてよくありません。

ただ話をしているととても気持ちのいい、しっかりした人だと思いました。

いつのまにか自分の名前を覚えられてしまって、「ショウ君おはよ。」とか言われ、自分はおばさんの名前を知らないので

「あ、おはようございます。」

とだけ返してました。

つい最近まで、事務所で徹夜になる事が多く、毎日が眠い日々が続いてました。

なので会うたびに

「ショウ君大丈夫?顔色悪いわよ?」

とか言ってくれてました。

「なんとか大丈夫です。」

と答えてその場は終わらせてました。

で、この前徹夜空けの早朝5時くらいにふとトイレに行くと早出勤とかでおばさんがきてました。