FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

【熟女体験談】独身巨乳熟女の従姉にお願いされて中出しセックスした結果

kage

2020/01/22 (Wed)

年末に隣の親戚の家に貴ちゃんが帰って来た。

従姉で8つ上のムッちりした巨乳の従姉。

今年40になるけど、独身で隣の県で1人暮らしをしている。

そんな貴ちゃんが帰ってきて、土産を貰った時に

「今日は誰も帰って来ないし、友達と飲むから来ない?」

と誘われて夜に飲みに行った。

そこには従姉の親友の女性がおり、3人で昔話をしたりしてた。

しかし酒が強い2人にはついていけずにいつの間にか寝てた。

気がついたら布団をかけてもらってて、隣に貴ちゃんが寝てた。

風邪引いたらヤバイと思い、布団を貴ちゃんに掛けて寝ようとしたら、

「まだ帰らなくていいじゃん」

と腕を掴まれ、2人で横になりながら過去の恋愛話をしたりしたが、貴ちゃんもしばらくは恋愛してないみたいだった。

【熟女体験談】無防備な義母は外では男達を喜ばせる格好の餌食となっている

kage

2020/01/22 (Wed)

ちょっと無防備なところのある妻の母親。

私と彼女が男女の関係なったときのことは以前に書いたから、今日は義母が、外でどれだけ男達を喜ばせているか書いてみようと思う。

まずは親戚で法事が営まれ、義母と2人で出かけたときのこと。

義母は、喪服姿だったが、ミニスカートで、ちょっと派手だった。

親戚の家に着いて間もなく、お墓に向かった。線香を上げ、親戚の家に戻ると食事が出された。私と義母は隣に座り、周りには知らない親戚が大勢座った。

法事ともなると、ほとんどは初老か年配の男性で、数人の女性も見えた。

酒が注がれ、私は車だったので、ジュースを飲み義母が代わりに飲んでいた。

時間と共に、1人・1人と帰り数人程が残っている状態で、女性はほとんど姿が無くなった。

義母は酒をドンドン進められ、もう結構飲んでいた。顔も赤らめ、男性陣に話しかけられると若干呂律も回らなくなっていた。

火照った体を冷やすかのように、義母が胸元のボタンを外した。

豊満な胸が現れ、ブラジャーも見えていた。足も崩れ、スカートの隙間にパンティが見えていたと思う。

私がトイレに立ち、戻りながら義母を確認すると、向い側からは白いパンティが丸見えだった。

男達はそれに気づき、義母の反対側に席を移していた。

ニタニタ話す親戚男性。義母も私に寄りかかり、ダウン寸前だった。

【熟女体験談】家族の留守中に昔から憧れていた叔母に家事をやってもらい、その後中出しセックス

kage

2020/01/22 (Wed)

私は結婚をしてもう10年。

結婚は早かった方なので33歳ですが子供も二人います。

新築の家を購入してもう5年です。

近くには私の実家と母の妹の小百合叔母さんが住んでいます。

どちらの家も車で10分とかからない場所です。

どうしてこの場所を選んだかというと当然自分の実家も近かったし、昔から憧れていた叔母の家が近かったからです。

そんなことは当然妻は知りません。

つい先日のことです。

子供達は夏休みになって妻の実家である宮崎に妻と一緒に行くことになりました。

パパも一緒に行こうよ。。と子供達からは言われましたが、当然のことながらまだ会社は夏期休暇でもなく。

子供達にはお休みになったら迎えにいくからと妻と子供を見送りました。

妻も私の実家が近いこともあり何かあれば実家にお願いしてと安心しているようです。

私は久しぶりの独身生活を満喫していました。

仕事を終えて私は家の近くの居酒屋で一人で飲んでいました。