FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

【熟女体験談】後輩のお母さんと街で偶然会い、映画館で手マンをした後、部屋で中出しセックス

kage

2020/01/25 (Sat)

転勤先の東京で大学のクラブの後輩のお母さんと街で偶然あった。

50代後半の割にスタイルが良く、胸も大きそうだった。

お茶に誘い1時間くらい会話をした。

「まさか東京で賢治さんに会えるなんて凄い偶然ね。」

お母さんは喜んでくれた。

ずっとニコニコしていて優しそうなお母さんは俺好みの熟女だった。

旦那は地方に単身中で息子も海外勤務とのことで押せばイケルと思い、後日、ご飯に誘うと喜んでOKしてくれた。

それから数回、夜、おしゃれな店で食事をした。

お母さんは

「最近、外食なんかしないから、こんな素敵なお店に連れてきてもらえて嬉しいわ。」

と楽しそうにしていた。

食事の後はバーでお酒を飲んだが家が近くなので帰りはタクシーできっちり送るようにした。

先日、お母さんの方から

「今度の休みはどうしてるの?」

と聞いてきて「何も予定は無い。」と答えると「桜を見に行きたい。」と言いだした。

【熟女体験談】叔母の家に家庭教師として通い、叔母と従妹に睡眠薬を飲ませて昏睡レイプ

kage

2020/01/25 (Sat)

当時21歳、大学へ通う私は叔母の家に娘の家庭教師として週2・3日通っていました。

叔母(佳子)は36歳、娘(奈緒)は14歳で高校受験のためにと頼まれたのですが、叔母の肉感的な身体にあこがれて引き受けたのが本音でした。

トイレに行く際、脱衣籠にある叔母の下着を何度となく物色し、匂いを嗅いで射精することもありました。

その中に叔父の下着もあると激しい嫉妬と怒りを覚えるようになっていました。

娘も叔母に似て中学生とは思えない身体をしており、親娘を想像してオナニーも幾度となくしました。

ある日、叔母が

「今日はおじさんが旅行でいないから、秀君、終わってご飯を食べて帰ったら」

と言われ「はい、ありがとう」と返事をしながら、「今日、実行する」と自分に言い聞かせ、

この日のため悪友から買っておいた睡眠薬をポケットに入れました。

「叔母さんビールを買ってきますが、叔母さんも飲みます」

と尋ねコンビニへ行きましたが、買うのが目的ではなく、錠剤の薬を水に溶かすためでした。

薬を溶かせたので、家に戻ると食事の準備中で二人でキッチンに居たので、

「叔母さんビール注いでおきます。奈緒ちゃんはジュースね」

と薬入りの飲み物を注いで食事を始めました。

【熟女体験談】人生で初めて熟女のナンパに成功し中出しセックスした体験談

kage

2020/01/25 (Sat)

今までの相手は10代20代の独身でしたが、ついに人生初46才の人妻とヤッちまいました。ここで初めて明かしますが僕は熟女好きです。

もしかしたら店員は気付いていたかもしれませんがAVは熟女モノが多いです。

僕が求めるのは可愛さじゃないんです、エロさと興奮です。それと上品な話し方。

今まで何人ナンパしても失敗で、人妻熟女は雲の上の存在でした。

いつものように雑貨屋で後ろ姿のセクシーさにビビビッ、前へ回り美人で巨乳、谷間もろ見えビビビビビッ。

目があったら吸い寄せられて(本能的に)

「それなんの香りですか」

「柑橘系、フルーティーなの、嗅いでみる?」

首筋に一吹き

「どうぉ?」

「えっ?どおって、嗅いでいいんですか?」

谷間に鼻を近づけ息を吸い込むと

「甘い…」

「どこ嗅いでんのよ、恥ずかしいじゃない」

【熟女体験談】酔って寝ている母に挿入して、中出しをしてしまった

kage

2020/01/24 (Fri)

実は、夜、酔って寝ている母に挿入して、中出しをしてしまいました。

僕は今日から休みに入ったので、昼過ぎまで寝ていたのですが、起きると母は家にいないので、どうなったか心配で、今はちょっと後悔しています。

昨夜は、本当に僕が変に興奮して見境が無くなってしまって、いけないことをやってしまいました。

今になって母が、もしも妊娠したらどうしようとか、などと思ってなんだか心配です。

母は43歳で、色白のぽっちゃり型で、友達にも好かれているくらい、そこそこの美人です。

父は単身赴任で家を空けて、もう3年になります。

昨夜は、叔父が釣った魚と缶チューハイをいっぱい持って飲みに来たのです。

酒があまり強くない母が相手をさせられていました。

叔父は脂ぎった顔を真っ赤にして、いい気分で、大声ではしゃいで、母の体を抱き寄せて触ったりしていました。

10時になっても叔父がなかなか帰ろうとしないので、僕が叔母に電話して迎えに来てもらいました。

叔父がしぶしぶ帰ったあと、相当飲まされていた母は、すごく酔っ払っていて居間の畳に横になって寝息をたて始めました。

ここじゃ風邪を引いてしまうので、無理に母を起こして、僕の肩を貸して寝室まで何とか連れて行きました。

やっとの思いで、ベッドまで運んで寝かせようとしたとき、「おみず…」と母が言いました。

急いでコップに水を入れて戻ってきたら、もう寝息をたてていました。

【熟女体験談】友達のお母さんの干してある下着をチラ見していたらセックスさせてくれた

kage

2020/01/24 (Fri)

俺が高校生の頃の話です。同じ中学から同じ高校に行った友達がいた。

高校に入りしばらくしてその友達はあまり学校に来なくなりはじめていた。

クラスも同じで住まいも近いってことで、その友達のたまった連絡事項のプリントを届けるついでに様子を見てこいと先生に言われた‥。

友達と言っても遊んだりはしたことなく、話をしたことがある程度だったので気はのらなかったが、仕方なく友達の家に行ってみた。

インターホンを押し母親が出てきたが、友達は留守らしくあまり家にもいないらしい!

学校のみんなが心配してるなど話しをして、届け物を渡しその日は俺は帰った。

‥しかしビックリしたのが友達のお母さん!俺の母親とは違い見た目は30前後ときた! 感じもとても良かった!

それからと言うもの、俺はしばしば友達の家に行くようになった。プリントを渡すのを口実に‥。

ある日友達の家に行ったとき、相変わらず留守の友達。

母親は

「いつもありがとう。うちの馬鹿息子は何してるんだか!いつも悪いからお茶でも飲んで行って」

などと言ってきた。

【熟女体験談】叔父の葬式で酔った喪服の叔母セックスし、うっかり中出ししてしまった

kage

2020/01/24 (Fri)

もう4年前のことです。東京の大学に進学が決まり、

田舎から出てきた当初は右往左往している僕を親戚の叔父さん夫婦がいろいろ面倒を見てくれました。

叔父さん夫婦には子供がいない為、僕を息子のように可愛がってくれました。

ことあるごとに食事やお酒の相手に呼ばれて学業のこと、健康面のこと、恋愛のこと、

就職のことなどいろいろと相談に乗ってもらったりもしていました。

東京にも慣れて就職活動とバイトで忙しくなってきたきとのことでした。

叔父さんに癌が発見され、お見舞いに行くたびにどんどん痩せていき半年余りで亡くなりました。

もちろん僕は悲しみに暮れている叔母さんに代わって、ほぼ徹夜で通夜、葬儀の準備をしました。

田舎から僕の両親と妹、久しぶりに会う親戚、叔父さんの会社の関係者、友人・知人と故人を偲びに参列者がきました。

そして通夜、葬儀、出棺とバタバタと過ぎて行きました。

僕は疲れも忘れて出棺まで段取りをして、ようやく叔母さんと叔父さん宅に戻ってきたときは深夜でした。

叔母さんと僕も疲れていましたが、ひとまず滞りなく葬儀を終らせたという感じで叔母さんと二人で叔父を偲んで飲みましょうとうことになりました。

気が付くとお互いかなり飲んで酔いしれました。

【熟女体験談】両親のセックスの声に悶々としてしまい、母の下着でオナり近親相姦セックス

kage

2020/01/23 (Thu)

私が中坊の時、ラジオの深夜放送を聴いていると

「あん、あーん、うん、いいっ、あん」

となかなか強烈な喘ぎ声がする。両親がセックスしていたのだ。

最初は嫌で堪らなく、ヘッドホンに切り替え、ボリュームをあげて聞こえないようにしたが、

聞きなれると少しムラムラして、試しに喘ぎ声に合わせてオナニーをすると、

胸の鼓動が、異様に早まり、今までで最高のオナニーができてから、一線を越えてしまった。

母は高島礼子のような感じで、今まで意識してなかったけれど、その一件があってから凄い魅力的に感じてしまい、

風呂に入ったときに母の使用済みの、パンティを風呂に持ち込んで、チンポを挟んでしごき、

おまんこの部分に少し水を垂らして、チューチュー吸ったり、私が履いて、勃起させて、オナニーをするのが楽しみになってしまった。

異常ともいえる行動に歯止めが利かず、それ以降、ティッシュに射精はせず、母のタンスの奥に、

あまり履かなくなったパンティーを盗んで、そのパンティーに射精した。

最初青かったパンティーが、シミで全体が黄色くなるほどで、いやらしい匂いを放っていた。

喘ぎ声をテープに録音し、それを聞きながらオナニーもしました。

私は、東北の生まれで、当時父親は冬の間、関東に出稼ぎに行っていた。

【熟女体験談】美魔女のような義母とのヤバい秘密の体験

kage

2020/01/23 (Thu)

40代の美魔女のような義母とのヤバい秘密の体験を綴っています。

義母は42歳だが、実際は三十路といっても十分通用する、20代でもいけそうな程、若々しい美人。

俺は、今年幼稚園に入園する長女の通園を考えて近隣のハイツに引っ越した。

でっ、新居につけるカーテンを義母が縫製して届けてくれることに。

水曜日で会社が休みだったこともあり、嫁の言いつけで俺はカーテンを取り付けに来てくれる四十路の美人な義母を一人で迎えることになったわけ。

嫁は23歳で、その日は、娘と幼稚園のオリエンテーションに行って、家に居るのは俺と義母の2人きり。

前から感じていた事だが、嫁よりも四十を越えた義母の方がはるかに色っぽく官能的。

何かにつけ義母の体中から発散されるエロいフェロモンに俺は悩まされ続けていた。

義母は体のラインにぴったりとしたスカートにきれいな網目模様のストッキングをはいていた。

家中の窓に義母お手製のカーテンが吊されていく。

義母が踏み台の上に登ってカーテンを吊り下げていくさまを俺は食い入るような眼差しで見入っていた。

ようやく全部吊り下げ作業が終わった。

「お母さん有難う、大変だったでしょう。」

「ええ、久し振りに縫い物したから肩が凝っちゃって。」

【熟女体験談】処女で独身な熟女管理人をレイプして盛大に中出し

kage

2020/01/23 (Thu)

七年前に大学を卒業し、某一流企業に就職。

これを機に実家を離れ、マンションを借りた。そのマンションで住み込みの管理人をしていたのは、41歳の綺麗なおばさんだった。

聞けば独身。結婚していないのが不思議でならなかった。

しかし、それ以上に気になったのが、初対面の時に着ていたセーターで強調された豊満な胸だった。

なおかつ管理人さんは、日常的にブラウスやキャミソール等の胸が強調される服を好み、繊維で身体の線が浮き出て、その大きな乳房は際立っていた。

その為、マンションの敷地内ですれ違う度に目のやり場に困っていた。

管理人さんも俺の事を何かと気に掛けてくれ、お裾分けを持って来たり、

俺の部屋で一緒にお茶をしたりして距離を縮めていき、いつしか年の差を忘れて好意すら抱いていた。

そして入居してから数ヶ月が経ったとある日。

俺はいつも通り会社から帰宅し、管理人室の前を通った際・・・。

「ねえ伊藤くん、今日一緒に晩酌しない?」

「ええ、いいですよ」

「じゃあ後で私の部屋に来てね。親戚から良い肴が手に入ったのよ」

これまで管理人さんが俺の部屋に来る事はあっても、その逆は一度もなかった。

【熟女体験談】独身巨乳熟女の従姉にお願いされて中出しセックスした結果

kage

2020/01/22 (Wed)

年末に隣の親戚の家に貴ちゃんが帰って来た。

従姉で8つ上のムッちりした巨乳の従姉。

今年40になるけど、独身で隣の県で1人暮らしをしている。

そんな貴ちゃんが帰ってきて、土産を貰った時に

「今日は誰も帰って来ないし、友達と飲むから来ない?」

と誘われて夜に飲みに行った。

そこには従姉の親友の女性がおり、3人で昔話をしたりしてた。

しかし酒が強い2人にはついていけずにいつの間にか寝てた。

気がついたら布団をかけてもらってて、隣に貴ちゃんが寝てた。

風邪引いたらヤバイと思い、布団を貴ちゃんに掛けて寝ようとしたら、

「まだ帰らなくていいじゃん」

と腕を掴まれ、2人で横になりながら過去の恋愛話をしたりしたが、貴ちゃんもしばらくは恋愛してないみたいだった。