FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

【熟女体験談】メッセージカードで店員のような立場の熟女をナンパして喰いまくる方法

kage

2019/12/13 (Fri)

熟女が好きだが誘えない、どうしたら付き合えるかと、多くの方が相手を見つけるのに汲々とされています。

私は66才で、これまで長く、ほとんどが街で声を掛ける形のナンパで多くの女性を誘ってきましたが、

この10年ほど別なやり方でも成績を上げていますので、そちらを今日は紹介したいと思います。

それは、主に店員さんのような立場の人にメッセージカードの形で渡す方法です。

具体的に書いてみます。

ショッピングモールに入っているような大きなスーパーで、できれば閉店間際の客も店員も少ないような時刻、

気に入っている熟女店員のレジで会計し、最後に小声で「これ」と言って名刺大のメッセージカードを渡します。

カードには、例えば、

「鈴木様」

とし、裏(または中)に

「鈴木さんのファンです。

電話かショートメール下さい。

お願いします。

山本太郎 090-xxxx-xxxx」

などとします。

【熟女体験談】アラフィフの女性課長と出張先で移動手段がなくなり、温泉旅館に泊まることになりバックで中出し

kage

2019/12/13 (Fri)

俺27歳。

アラフィフの女性課長から「吉田くん北海道出身だったよね?」と、2月末の北海道への営業に連れ出された。

まさかあんなことになるとは……。

得意先まわりとはいえ、冬の北海道。

札幌、旭川、帯広方面と移動距離もある。

2泊3日の強行スケジュールで、天候は悪化し地吹雪、通行止めで帯広で足止め。

負けず嫌いで男勝りの課長も気が焦っていた。

会社に戻って結果を一刻も早く社長に伝えたい気持ちはわかるが、さすがにこれは無理だ。

「飛行機が飛ばないんじゃ無理ですよね~」

「そうよね!」

ようやく機嫌が直った様子で部長に連絡を入れ、天気の回復を待って一日様子を見ることになった。

課長が明日の飛行機の手配のため電話をし、俺は宿泊先をスマホで探す。

シングルは高いホテルしか空きがなく温泉旅館が空いていることを伝えると、とりあえず外観だけでも見ようと車を走らせた。

渋滞でなかなか進まず、到着したのは17時半。

【熟女体験談】SNSで知り合ったデブ熟女とのセックスが気持ちよすぎて中出し

kage

2019/12/13 (Fri)

俺は25歳、妻の年齢は秘密だけど年下。

妻はめちゃくちゃ可愛いけれどセックス嫌いで、俺はセックスやイチャイチャが大好き。

こんな2人、合うわけないよね……そんなわけで、SNSで女の子を探しては、テレホンセックス三昧です。

近いと素性がバレるからね。

そんな俺が出会ったのが、多恵子という53歳の熟女でした。

夫とは死に別れていて、男性経験は3人。

フェラ経験なし、しかも正常位しかしたことがないらしいです。

住まいは和歌山で、俺が神奈川だからかなり離れています。

多恵子は俺を気に入ったようで、声がいいと言ってくれました。

それに優しいって。

多恵子はかなりのデブらしいけれど、どうせ会うわけじゃないから俺は多恵子をホメ殺しにしました。

そのうち、恋愛経験の少ない多恵子は俺のトリコになって、和歌山から逢いに来ると言うようになりました。

でも、いくらなんでも53歳のデブは勘弁……と思いつつはぐらかしているうちに数ヶ月が経ち、

結局は俺も欲求不満になってしまったので多恵子に逢いに来るよう言ってみました。