FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

【熟女体験談】メル友だった元得意先の熟女と初エッチしてから不倫相手に昇格

kage

2019/12/02 (Mon)

恵理さん46歳と不倫をしています。

彼女は得意先の女性で、目はぱっちり、身体はムッチリした派手目の女性です。

年上なので怖かったけど、話してみたら意外に話が合い、仲良くなりました。

彼女には子供が2人いるとのことでした。

出会ってから数年、会社を辞めることにして引き継ぎをしてるときに、「寂しくなるね」と彼女から電話が来ました。

そんな話をした後に「今度1人で来て」と言われました。

数日後、1人で得意先に行き恵理さんといつものように話をして帰る時に、

彼女から渡された伝票の中に紙が混じってて、「良かったらメール頂戴」と彼女のアドレスが書いてありました。

早速夜にメールを送り、彼女とメールのやりとりが始まりました。

辞めてしばらくしてから、「来週の土曜日何してるの?」と恵理さんからメールが来ました。

「暇だよ」と返すと「そっかぁ…じゃあ友達との飲み会なんだけれど、その後に逢わない?」とお誘いがありました。

その日、待ち合わせの時間よりちょっと早めに着いて、車を停めてしばらく待つと、彼女が酔った姿で現れました。

彼女を乗せてドライブです。

【熟女体験談】セフレとの2回目のエッチで淫語責め

kage

2019/12/02 (Mon)

52歳の俺のセフレ。

バツイチのデカケツ熟女の雪乃からのお誘いメールが来ました。

「2時から4時ぐらいまでなら、誰もいないよ」ということだったので、その時間にお邪魔します。

勝手知ったるダチの家。

トレーナーにジーパンという一見色気のなさそうなかっこでお出迎えの雪乃。

しかし、ジーパンのデカケツは、いつ見てもたまらないです。

玄関でディープキスのあと押し倒して、貧乳をもみ始めると「シャワー、シャワー」と言ってきて中断。

一緒にシャワーを浴びました。

お互いを洗いっこするうちに当然ムラムラしてきて、マンコに指を入れるともうぐちゅぐちゅ。

「あーあ、何これ。ぐちょぐちょじゃん」と言うと、

「あ、あ、でも次郎もカチカチだよ?」とチンポを握りしめてきました。

立ちバックで合体。

【熟女体験談】熟女との言葉では言い表せないド淫乱なドロドロのセックスは最高

kage

2019/12/02 (Mon)

もともと特別に熟女好きでもなかったんです。

中学の時から出来れば誰でもいいタイプでした。

ブスでもデブでも貧乳でも誰でもいいから出来るタイプをキープしたかったんです。

志が低いのでなかなか美人は当たらなかったんですが、セックスが出来ればよかったんです。

そんな流れで手っ取り早くて性交率が高いので自然に熟女に嵌まっていった下衆野郎です。

女も40代になると、男の高校生並みに性欲が高まるといいますが、あながちオーバーではないと思います。

専門家でもないので熟女のホルモンや心理的な事は興味ないのですが、

ヤリたさ、大胆さ、しつこさは、私のようなエッチ好きには宝の山です。

彼女らも隙あらばエッチの機会を探していると思っています。

家庭では母親役をさせられて旦那にはかまわれず、高まる性欲と老いの焦りに悶々としていると思います。

キッカケは千差万別、下手な鉄砲を撃ちまくっています。

とにかく話しかけて貴女に興味あります的なスタンスで、

飲みなりカラオケなりラインなりに持ち込んで、なし崩し的にやっちゃいます。