FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

【熟女体験談】隣に住む色っぽい熟女へのイタズラをエスカレートさせ、ついには中出しでたっぷり楽しませてもらった

kage

2019/11/17 (Sun)

単身赴任でアパート暮らしをしています。

隣に住む熟が色っぽく、よくオナニーネタに使っていますが、

その熟から「ネットが繋がらなくなったからみてくれる?」と頼まれ部屋に行くことに。

部屋に上がるといい香りで、それだけでも興奮してきました。

「これがネットのなんだけど」って熟が屈んで教えてくれたので見ると、おっ!谷間が丸見えじゃん!

「あぁそれですかランプはどれが点いてます?」と言いながら、谷間をガン見。

「ランプって…これのこと?」と答えていましたが、そんなことはどうでもよく、

(ほほぅ、黒のブラを着けてるのか。おっ!ブラが浮いてるじゃん)とジロジロ。

熟の乳首ちゃんが丸見えでした。

「コンセントはどうですか?」と聞くと、こちらにショートパンツの巨尻を向けてしゃがむ熟。

「えー、ちゃんとささってるけど」

巨尻を見せられ、

どんどんイタズラ心が出てきた私は「どれどれ?」と言いながら熟に密着してコンセントの方を見ました。

【熟女体験談】取引先の熟女事務員が退社するとのことで飲みに誘い、ラブホでセックス

kage

2019/11/17 (Sun)

知り合って15年、取引先の事務員の熟女57歳。

その熟女が退社する挨拶で、こちらの会社に来てくれた時に夜飲みに誘ったところ、是非とかなり乗り気だった。

エッチ出来そうな予感を感じ、いざバーへ。

少し飲んだところで、熟女がおっぱいを腕に押し付けてきた。

これはイケると思いまずカラオケボックスへ、くっついて座り、歌っている所で肩に腕を回してこちらを向かせてキス。

応えるように舌を絡めてきた。

キスしながら、熟女の年齢を感じさせない張りのあるおっばい、

下着のすき間から触って乳首を指でつまんだら、なんとも言えない艶かしいあえぎ声を洩らした。

こうなればあとはセックスするだけ。

下をまさぐって指をクリに当て、じらすようにクリだけ責めるとまたあえぎ声が出てくる。

指を中に入れないのがコツだ。

「中に欲しい?」

「欲しい・・・」の返事にカラオケボックスを早々に出て、ラブホへ。

【熟女体験談】よく通ってたバーでゲットした、痩せ&デブおばさん2人と一回きりの3P中出し

kage

2019/11/17 (Sun)

以前、よく通ってたバーに行くと、背の低いムチムチなおばさんと色気のない痩せたおばさんがふたりで呑んでた。

薄暗いから、よくわからなかったけど30後半から40半ばぐらい?終電もない時間で、客はこのふたりだけだった。

店もヒマなのか、店員がひとりでカウンターに立っていた。

俺のそこそこ呑んでたので、酔っ払ったおばさんたちと打ち解けた。

色気のないおばさんは見た目によらず、けっこう下ネタOKで、貧乳に触っても全然OKで、

カラオケでデュエットしながらかなり生地の薄いワンピースの上から尻を揉みまくった。

手に伝わるのは生尻の感触でたぶんTバック。

このおばさんはヤレそうだと思い、ウィスキーを奢りながらもうひとりのおばさんには聞こえないように「お姐さんとヤリたい」と誘った。

普段はこんなナンパはしないけど、誘ったら本当にヤれそうだというぐらいノリのいいおばさんだった。

だけど意外とこのおばさんガードが固く、チュッとキスしたりしてくる割にのらりくらりと躱してて、なかなかセックスに持ち込めそうになかった。

もうムラムラしてて収まりがつかなかった俺は、小太りのおばさんに目をつけた。

身長は150ぐらい?体重は70には行ってないぐらい?グレーのスーツ姿で、痩せたおばさんより少し歳上に見えた。

痩せおばさんがトイレに立ったときに、横に座っていろいろ話してると、だいぶ飲んでるっぽかったけど明るくて楽しい人だった。