FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

【熟女体験談】息子の家庭教師の先生とふとしたきっかけで距離が近くなり、今ではお互いの肉体を貪り続ける関係になってしまった

kage

2019/10/13 (Sun)

40前半の主婦です。

息子の家庭教師の先生と関係を持ってます。

ドラマみたいな話ですが、私に起きた現実を書いてみたいと思います。

私が住んでるとこは塾までかなり歩くのと、私は車の運転ができないので考えて家庭教師を頼む事にしました。

息子なので、男の先生を選びました。

その日は、前日から息子が熱を出し翌朝更に上がってたので学校を休ませ病院に行きました。

病院は混んでいて、薬局込みで三時間ほどかかりました。

タクシーで帰路に着き、息子を自室に寝かせた後、自分も疲れからかソファーでうたた寝してしまいました。

夕方になり、ドアホンで起きました。

しまった。

家庭教師のキャンセルを忘れてた事を思い出し、取り合えず髪を整えドアを開けました。

事情を説明して帰って貰おうと思いましたが、

この寒い中悪いので「コーヒー飲んで行きませんか?」と言うと「助かります」と言うので家にあがって貰いました。

センターには休みの連絡を入れてないので、ぽっかりと時間が開いたと言われました。

【熟女体験談】着物を着た熟女さんとひょんなことから仲良くなり、ダメ元でホテルに誘ったら中出しさせてくれた

kage

2019/10/13 (Sun)

営業リーマンの27歳です。

昨日の午後の事、仕事で福岡の中心街を歩いてた時のことです。

歩道の向う側に着物を着た熟女さんで、

歳は僕の母より少し若い感じの人が歩道を渡って私の方に歩いて来たかと思いきや、少しの段差につまづいてしまいました。

前方に転びそうになったところをとっさに手を出し、支えて助けたところ、

熟女さんは両手に荷物を持ってて僕に身体を預ける形になってしまいました。

熟女さんが「アッ、すみません」と言ってから驚いているので何かと思えば……

「アラァ……ごめんなさい!口紅が付いてしまいました……」とのこと。

見ると僕のコートにクッキリと赤い口紅が付いていました。

「ごめんなさい!どうしよう??」と言ってる熟女さんに、

じゃあお詫びの代わりに食事に付き合って下さいと、

ダメ元で言うと、少し考えた後で「良いですよ!どうせ主人も居ないから」と快くOKしてくれました。

車を止めている駐車場から郊外のファミレスに行き、色々と話しをしながら食事。

出た後の車内で誘うと頷いてくれてホテルに行くことになりました。

【熟女体験談】甥とお互いの愛と性に溺れきってしまった結果、甥の子を妊娠してしまった

kage

2019/10/13 (Sun)

甥との関係について、どうして良いのかわからずに悩んでいます。

私は早苗、36才のバツイチ、甥は20才の学生、

男の女の関係になってから1年と少し経ちました。

もうお互いなしでは生きていけない、私たちはお互いの愛と性に溺れきってしまった結果、

私は甥の子を妊娠してしまったようです。

でも、こうなってしまった原因はすべて私にあります。

一昨年の夏でした。

私は離婚したばかりで気楽になった反面、幸せそうな夫婦を見ては淋しい思いをしていました。

そんな時、田舎で行われた父の法事で10年以上会ってなかった甥と顔をあわせました。

甥は私の一番上の姉の子でこの時ちょうど18才、大学生になったばかりでした。

最後に会ったのは私の結婚式の時だったと思いますが、子供の頃とは全然違いすっかり男らしくなっていました。

不謹慎な言い方ですが、会いたくもない親戚が集まって法事とは名ばかりの酒宴、

私の顔を見れば「小さい子がいるのにどうして離婚なんか」という話ばかり。