FC2ブログ
2020 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 02

カテゴリ:熟女エロ体験談 の記事リスト(エントリー順)

【熟女体験談】下に子供がいるのにサッカーコーチにレイプされてしまった

kage

2021/01/20 (Wed)

その日は土曜日で私は家に居た。

妻は午後から子供のサッカー教室の手伝いで子供達と学校に出掛けて行った。

私は一人で家に居るのも暇なので、散歩がてら子供のサッカーでも見に行こうかと家を出た。

学校に着くと、子供達はグランド一杯に広がってボールを蹴っていた。私はブラブラと奥さん達の集まっている方に行ったが、そこに妻の姿は無かった。

「あの、ウチの女房来てませんか?」

「あらっ、さっきまで一緒に居たのに。ねえっ?」一人の奥さんが隣に居た奥さんに聞いた。

すると隣の奥さんは顔をしかめ、しいっ、と口に指を当てて、ダメという風に顔を横に振った。す

ると最初の奥さんもしまった、という顔をして、急にオドオドした様子になった。

「あ、あの、そう、おトイレにでも行ったのかしら。ねえっ、」

周りの奥さん方の雰囲気が急に気まずいものに変わった。

「あ、あの、何かご用事でしたら、探してきましょうか?」

別の奥さんが校舎の方を振り返りながら言った。

「いえ、別に用事って訳じゃ。」私はその場を離れることにして、奥さん方に適当に挨拶していったん学校を出た。

私は怪しい雰囲気を感じて、学校の裏口から校舎の中に入り、裸足で足音をひそめて階段を上った。

2階の教室を端から順番に覗いていったが、どの教室にも誰もいなかった。

私は3階に上がった。3階の教室も2階と同じ様にひっそりと静まりかえり、校庭から遠く子供の声が聞こえるだけだった。

(私はいったい何をやってるんだ?)私は馬鹿らしくなって4階まで階段を上ったところで、もう帰ろうとしかけた。

その時、「ああっ、」という女の悲鳴のような声がどこからか聞こえてきた。私は耳を澄ませた。

【熟女体験談】妻がバイト先で調教されていた

kage

2021/01/19 (Tue)

妻が喫茶店のバイトをはじめてからポニーテールの髪型に変えた。

まるで、大学生の頃に戻ったようなかわいさだ。

何度か喫茶店に行ってみたが、妻のバツグンのプロポーションに短めの黒のタイトスカートはHIPが際立ち、制服姿がたまらなくいい。

そんな妻が、最近の大学生の男の子っておもしろいね。と、同じバイトに来ているの子の事を話す機会が増えた。

マスターは妻が言うには×イチらしい。でも、とっても楽しい人らしい。

何気なく聞き流してるが…やはり気になる。

仕事中近くに車を止め、歩いて、喫茶店の道を挟んだ反対側から、そっと喫茶店の中を見てみた。

お客さんはいなかった。妻は何かを話してるのだろう。

バイトの子と談笑していた。急に妻が身体を半分ひねりうつむいてしまった。

目をこらして見てみると、ヤツが妻の腰に手を廻している。

妻の腰に手を廻しそのままカウンターの中に移動しようとしているのが分かった。

カウンターは高めだ。中に入ってしまうと上半身しか見えなってしまう。

入り口付近で、やっと妻は向きを変えヤツと向き合ってすり抜けようとしたが

結局は向き合ったままお互いの身体を密着させるようなカタチになりゆっくりと中に押し込まれていった。

カウンター内で2人は横に並んで立ってるようにしか見えない。

ただ、妻はうつむいたままだ。

終始、ヤツは妻に何か話しかけているように見える。

【熟女体験談】悪友のデカチンに興味を持った妻がいやらしく変身し、アナルセックス

kage

2021/01/19 (Tue)

かなり無理なローンではあったが新婦と家を構えた俺を、悪友たちがお祝いしてく

れることになり、悪友たちが約束通りビールとスナックを抱えてやってきた。

連中は、持ってきたものを妻に手渡して、ソファに座り込むと健二が俺に聞いてきた。

「おい、いつのまにこんなかわいい奥さんをめっけたんだい?」と。

「俺のあそこがいいてっさ??」とニタニタして応える、、昔から酒に女に、、一緒に遊び回っていた悪友たちだ、、自然話は下の方へ行く、、

「それが本当なら、あっちのサンボンのモノになってるはずだぜ」とも言う。

俺は笑って、「それもそうだな」と言った。

妻はよくわからずに恥ずかしそうに微笑んでいるだけだった。

妻はこれまで2、3回しか俺の友達に会っていなかった。

実際、誰も知らないんじゃないかと思う。

最初はちょっと恥ずかしそうな感じにしていたのだった。

だが、酒が進んでくるといつもの明るい妻に戻っていた。

妻は自分から進んでビールを注いでくれたり、チップスを用意したりしくれていた。

そのうち男たちはかなり大騒ぎになり、ビールが急速に消費されていく。

妻が短いスカートで跳ねるようにして立ち上がって台所に行く所を、みんなが目で追っていた。

体に密着したタンクトップと短いスカート姿で、体の線がはっきりと見えてた。

タンクトップの方は、胸元が切れ込んでいて豊かな谷間が見えていた。

【熟女体験談】息子をいじめていた不良のリーダーにレイプされてしまった母

kage

2021/01/19 (Tue)

僕は、大学1年生です。

ちょうど2年前、高2の時に母が犯されるのを見てしまいました。

母は、真由美その時41歳です。

元スチュワーデスで僕が言うのも変ですが松坂慶子に似ていて美人です。

父は、海外赴任をしています。

当時僕は、学校の不良たちからいじめを毎日のように遭っていました。

ある日、母と買い物の途中、2つ上の不良のリーダー弘樹に会ってしまいました。

弘樹は、母に丁寧に挨拶をすると僕に「困ったことがあったら電話して来いよ」と

携帯の電話番号を書いた紙を渡しました。

母は、僕がいじめに遭っているのを知っていたので、弘樹のことをいろいろと聞いてきました。

数日後、弘樹にばったり会った時に、

「おまえの母ちゃんから電話あったぜ、水曜日に話するからよ。でもいい女だ..

水曜日は遅くかえって来いよ。そうしたら助けてやるよ、

分かったな、さもないと..」と脅かされました。

僕はとても気になり、水曜日、普通通り家を出て学校に行かずに、

近くで弘樹が来るのを待ちました。

11時頃、弘樹が現れました。

【熟女体験談】仲が良かったサークルの先輩と久しぶりに飲みに行き、セックスをしたら言いなりドM女になった

kage

2021/01/18 (Mon)

俺と甘熟女な先輩の出会いは大学のサークルだった。

俺は女性にあまり免疫なかったけど、出身地が同じだった事もあってすぐに仲良くなれた。

先輩はすごく社交的で、さばさばした性格をしていた男女の友達も多く、性格とスタイルのせいかすげえモテる女性だった。

一方、俺は入学して初めての彼女が出来てその娘に夢中だった。

在学中はずっと付き合っていたので、若熟女な先輩とは酒は飲むけど恋愛感情はまったくなかった。

そのまま月日が経ち、先輩は卒業して地元に帰って行った。

俺も大学を卒業して無事に就職できた。

東京勤務を希望していたけど、地元での勤務が決まった。

地元に帰り、先輩とは2、3回飲んだり合コンを行ったが、お互い忙しかったので、頻繁には連絡を取り合わなかった。

その間に遠距離恋愛していた彼女とは別れてしまっていた。

そして先月、先輩から一通のメールが来た。

どうやら職場で急に転勤が決まったらしく、二人で飲みに行かないか、というお誘いだった。

断る理由も無いので俺は二つ返事でOKした。

若熟女な先輩はかなりの酒飲みなので、俺は酒の品揃えが良い店を探し予約して当日を迎えた店の近くの駅前で待ち合わせの約束をした。

早く着いた俺は先輩の到着を待った。

会うのは3年ぶりくらいなので、俺は変に緊張しており心臓がやけに高鳴っていた。

突然、背中を軽く叩かれた。