fc2ブログ
2022 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2022 10

【熟女体験談】妻以上にセックスの快感がある義母とは相性がものすごく良い

kage

2022/09/26 (Mon)

お義母さんとはもう何年も続いている。

不思議な可愛さがあるし、

セックスそのものの快感も妻以上だな。

今や64~5歳のお義母さん。

いくら奥深くに放っても妊娠の可能性はないし、

妻と違って快感を求めるどん欲さみたいなものは凄いね。

俺の下で、顔とか胸とかを赤らめて目をつぶっている義母さん。

可愛く思えたりする。

妻にはさせられないような、いやらしい服や下着を着せたり、

いやらしい言葉を連発させたり、恥ずかしいポーズをさせたり。

それがお義母さんだと思うと余計に興奮する。

最後に中に注ぐ時はこのまま俺の子を妊娠させたいって思いで、

俺のとお義母さんのを密着させたまま深いところに放っている。

不思議と出した後も萎えなくて、

2回、3回と続けざまにする時もある。

この感じ、相性がものすごく良い相手と出会ったことがある人なら、

分かってくれると思う。

萎えないし何度でも出来るしまた出せる。

【熟女体験談】初めての彼女と再会し、ホテルで30年ぶりの少し寂しさが残るセックスをした

kage

2022/09/26 (Mon)

高校1年の夏、初めて出来た彼女の忍と初体験した。

忍の家の納屋の二階、蒸し暑さの中で汗だくの童貞マラが処女マンを貫いた。

それ以降、暑さ寒さを凌いで若い二人が肉弾戦を繰り広げた。

高校を卒業して別々の道へ進む二人は、初めてラブホテルに入った。

初めて一緒にお風呂に入った。

初めてクンニとフェラをした。

愛液の味を味を初めて知った。

清潔マラでコンドームを着けずに初めて生入れした。

快楽が倍増した。

忍の子供っぽい体形に初めてスペルマをかけた。

「お互い頑張ろうな。」

「元気でね。」

俺は、自分と同じ年齢の新幹線に乗って、故郷を離れた。

今年48歳になる俺は、出張で生まれ故郷に出向いた。

用事のあった建物での仕事が済んだ俺は、突然実家を訪ねて兄貴や甥っ子を驚かそうと思ったが、同じタイミングで入館証を返す女性と目が合った。

「典孝君?」

「忍?」

約30年ぶりの再会だった。

実家へ行くのを取りやめて、まだ5時前だというのに忍と居酒屋へ入った。

【熟女体験談】娘婿とエッチをしてから、全てを受け入れるようになった義母

kage

2022/09/26 (Mon)

48歳で一人暮らしの女です。

一昨年に一人娘が出来ちゃった婚で結婚してから一人で暮らしになっていたのですが、娘が切迫流産しそうで早めの入院になった時、娘の旦那さんの料理や洗濯などお世話してあげてた時に、関係してしまいました。

最初の切っ掛けは、娘の家の掃除や旦那さんの食事を準備したりで疲れていたのです。

そんな夜に勧められるがままにワインを飲まされ、少し酔ってしまって、Hな話に乗ってしまって・・・キスされてから・・・です。

今は週に2、3回くらいのペースで彼が会社の帰りに来たり、私が平日休みの日にやって来ます。

彼の歳は29歳です。

彼が帰った後はいつも、もう止めようと思っては居るのですが、じっと顔を見られてキスされるとダメなんです!

今夜もまだ身体の中に彼の物が残ってます。

罪悪感はいつも感じています。

でも、身体が求めているのも本当です。

どうも娘がお産や子育てのせいか彼の求めを拒否してるみたいで、彼が気の毒になってしまいました。

彼自身の欲求も私に向いてるようです。

なので、彼が求める行為は全て受け入れるつもりです。

その後も彼が家に来る回数は減ってはいません。

先週は娘には仕事でと言って、彼が泊まっていきました。

彼は私の陰毛を剃ったり、SM的な事を求めてきます。

【熟女体験談】欲求不満の塊になっているのを承知の上で中出しセックスさせてくれた義母

kage

2022/09/25 (Sun)

私は娘婿の立場です。

皆様と同じようなきっかけで、

妻が出産で入院している間に義母と関係を持ちました。

私が28歳、義母は52歳の時のことです。

義母は夫(つまり義父)がいるのですが、

妻の出産の時に泊まりで来てくれました。

最初の夜から義母は早速食事を作ってくれて、

ビールを注ぎあって乾杯、

思いがけず二人で良いムードに。

そして義母はほとんど抵抗なく、

私の体を受け入れてくれました。

「欲求不満だったのね」

と言いながら舐めたり触ったりのフルサービスで、

セックスの最後イクときも

「妊娠しないから」

と言ってそのまま中で出させてくれました。

昔から、娘のお産の時にこんなになることが多いのよ、などと

義母自身への言い訳みたいな感じでしたが、

いま思うとこちらが欲求不満の塊になっているのを承知の上で

来てくれたのかなとも思います。

【熟女体験談】隣の家のおばさんに貴重な初体験セックスをさせてもらった思い出

kage

2022/09/25 (Sun)

10年以上も前の話だ。

当時住んでいた家のお隣さんは山口さんという夫婦が住んでいた。

子供はいなかったものの、

母とは仲がよかったので山口さんの奥さん(おばさんと呼んでいた)が

ちょくちょく家に遊びに来ていた。

当時私は受験生。

勉強のかたわら悪友から借りてきたエロ本を見ては、

ズボンからチンポコを出しオナったりしていた。

そんなところへ、私の部屋へおばさんが入って来た。

オナニーで丸出しのところをバッチリと見られてしまった。

おばさんは気にする様子もなく

「あ、ごめんごめん……。

でも、一樹君も男なんだね」

と部屋に入って来て、私の目の前に座り込んだ。

私はもう頭が真っ白で、手も凍り付いたように止まっていた。

おばさんはおもむろに

「私がしてあげる」

と、チンポコを握って、上下にしごきはじめた。

「うちのお父さんのより、一樹君のほうが大きいね~」

と言いながら、しごき続ける。

おばさんの責めが止まる様子はない。