FC2ブログ
2021 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 07

【熟女体験談】アスリート系のパート主婦のおばさんとパコパコとハメまくってしまった

kage

2021/06/19 (Sat)

俺は20代の独身だが

アスリート系のおばさんとパコパコと

ハメまくってしまった

相手は俺が働いてる会社に

パート主婦のオバちゃん(理恵さん)

48歳で体格が良くて背も高く、

筋肉質。

そのマッチョおばさんの理恵さんとHしたんだよ

理恵さんは明るくてどんな話でも

乗ってくるんで気軽に話しやすいから、

毎日下ネタバリバリだった(笑)

ある日、俺と理恵さんと2人で

会社の倉庫でいつものように話しながら

仕事してた時の事。

「理恵さんは旦那さんとセックスしてる?」

「旦那とは最近はしてないな~、

昔は毎日してたよ(笑)」

【熟女体験談】美脚ストッキングのおばさん保険レディは安全日に中出しさせてくれる完璧なパートナー

kage

2021/06/19 (Sat)

会社に四十路半ばのおばさん保険レディが出入りしてました。

最初は挨拶程度から

徐々に世間話をしだしました。

まあ生保レディ特有のアプローチの仕方でしょう。

3ヶ月程して保険の話しをし出しました。

私は翌月末で退職し

独立する事になってました。

小さな事務所も決まり、

後はデスクや事務用品を揃えるだけ。

退職の1週間前に生保レディのおばさんが

来たので事情を説明しましたら、

連絡先を教えて欲しいと。

以前からあわよくばと

考えていたので教えました。

新しい仕事はネット関連を

メインにした様々な代理店。

友人と二人でやり特に事務員は

雇わない予定でした。

友人は引き継ぎの関係で

合流するのが1ヶ月遅れます。

【熟女体験談】苦手なタイプの取引先の女性支店長と暗黙の了解で大人のお医者さんごっこ

kage

2021/06/19 (Sat)

35歳の営業マンです。

苦手なタイプの女性って

誰でもいると思うんですが、

僕の場合は仕事の取引先の女性支店長

T子さんという57歳の独身熟女がそうでした。

凄く嫌みくさく、

何でも上から目線で物を言う感じの人で、

ほとんどの人は苦手な人種だと思います。

僕も以前はよくこの性格が

糞悪いキャリアウーマンのおばさんに

イジメられたり嫌な思いをしましたが、

そんな苦手だったおばさんとも

今現在は非常に良好な関係を築いています。

でも、良好な関係と言うのは決して

一線を越えたいかがわしい関係とかではなく、

健全な関係ですよ。

お互いにそう認識してるので

間違い有りません!

僕とT子支店長が、

その良好な関係となったキッカケと

関係内容を告白します。

【熟女体験談】ぽっちゃりな豊満熟女と痩せたガリガリなブスおばさんとでフェラチオゲームをすることになった人妻専門のデリヘル運転手

kage

2021/06/18 (Fri)

俺は、風俗店勤務で

人妻専門のデリヘル運転手をしている。

それで今回人妻デリヘル嬢の

A子、38歳のぽっちゃりな豊満熟女と

B子、43歳の痩せたガリガリなブスおばさんの事を

投稿してみようと思います

その日、B子に、1時くらいに仕事が入り、

3人のおばさんを乗せて

ラブホに送るとその後は客足も無く暇でした。

ワンルームマンションを

待機場兼事務所にしてまして、

待機してるのはAとBと俺でした。

AVでもある様に、

この業界の面接はフェラチオで始まるのですが、

それは上の人達だけで

俺みたいな下っ端にはおこぼれはないです。

俺からするとこんなおばさんを

お金出して買うなんて有り得ないと思っていたので、

ソファーでだらだらするAやBの

パンチラ見ても何とも思ってなかったです。

【熟女体験談】蒸れた臭い足の匂いを嗅ぎながら指ピストンの羞恥プレイで潮吹きするセールスレディの叔母とのセックス

kage

2021/06/18 (Fri)

叔母の洋子は

母の従妹でバツイチの43才の中年熟女

保険会社で新人教育の

トレーナーや保険のセールスレディをしている

保険外交員。

昔から叔母の洋子さんには

可愛がって貰っていて何処となく好きだった。

良く自宅に遊びに来たりしていた。

去年、僕は実家から出て1人暮らしをしている。

両親は心配していたが離れて自由だった。

叔母の洋子さんのマンションの近くだったから

偶に洋子さんも食事を心配してくれ

行き来していました。

週末の金曜日、

洋子さんから食事に誘われ

保険の話になり年齢的にも

若いからと安く保険に入ったんです。

洋子さんは食事をしながら飲むに従い

酔ってしまい僕とエロバナになってしまったんです。