FC2ブログ
2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

【熟女体験談】親しいご近所の奥さんと旦那が海外駐在中に月数回の不倫セックス

kage

2020/04/01 (Wed)

私ご近所の奥さんと親しいんです。

私は43歳のバツ1独身です。

おとなりの奥さんは39歳、娘あり。

去年の夏、町の夜店で金魚すくいやヨーヨーしたりして楽しみました。

その前から自転車修理してあげたりしてたんだけど。

奥さんのスペックは身長、166センチのサイズ93でFカップ(ブラジャーのタッグを見た)

腰から尻にかけてのラインがすごいスタイル抜群な人妻骨盤が横に大きく張ってる。

昔、バレーボールの選手。

ダンナ、商社勤務海外駐在中。

奥さん、娘さん、浴衣姿でとても綺麗だった。

奥さん浴衣、白っぽくて薄紫色のアサガオの柄だった。

浴衣にも何種類かサイズがあって、ふくよか長身用とか言ってた。

夜店の帰りに私の部屋(マンション)でアイス、ビール飲んで休んだんです。

金魚の話で盛り上がりました。

【熟女体験談】妻の妹とのセックスが義母にバレ、義母とも関係を持ち3股近親相姦セックス

kage

2020/03/31 (Tue)

妻33才の義母は、早くに結婚出産したため、まだ51才、妻と私の歳の離れているため、私よりも年下である。

年に1.2度近くに来たからとうちに寄って行くことがあるが、大抵は妻の休みの日の昼間の事でもう何年も顔を合わせてはいない。

そんな妻の義母から、携帯に電話が入った。

話したいことがあるから会いたいとのこと、それも妻には知られないように。

私から言うのもだが、妻も妻の妹もかなり整った顔立ちなのは、この義母譲りで、10才くらいは若く見える。

妻の義母としてこれまで見て来たので、性の対照として見たことは無かったが、妻には内緒で会いたいとの連絡で、一気に性の対照になってしまった。

仕事を終え、待ち合わせの場所に向かった。

約束の時間より少し早く着いたが、義母は既に着いていた。

クラクションを軽く2回鳴らすと、振り向きそのまま小走りに車に近づき、挨拶もせずに車に乗り込んできた。

何やら周りの目を気にしている様子なので、一先ず車を走らせた。

「話って何ですか?」車に乗り込んでから、何も言わず少し怖い顔で前を見ているだけの義母との空間に耐えきれず僕から、切り出した。

それでも、義母は?口をひらかず、前を見ているだけだった。

10分もあてなく走っただろうか、義母が「今日する話は人には聞かれたく無いから、二人きりになれるところへ行って…」とようやく口を開いた。

【熟女体験談】人生初のボーナスで人妻ヘルスに行ったら、まさかの叔母が相手となり人生初のボーナスで人妻ヘルスに行ったら、まさかの叔母が相手となり近親相姦セックス

kage

2020/03/31 (Tue)

新社会人になって、一番の楽しみだったのは初めて貰うボーナス。

ボーナスで何を買おうか?それとも貯金して将来の結婚資金でも貯めるか使い道に頭を悩ますのが楽しかった。

でも一年目のボーナスだから中途半端な金額だからイマイチ欲しいものが買えない。

そんな時、先輩社員から声がかかりました。

「おまえな~、貯金なんてだるい事言ってたらダメだぞ」

「えっ?マズイっすか?」

「男は黙ってフーゾク!これだよ~」

「風俗ってもったいないような気が・・・」人生初のボーナスの使い道がフーゾク?ちょっと嫌な感じがしたけど断れないオーラを先輩が発しています。

とても断れない感じなので仕方なく一緒にいくことになりました。

熟女フェチ向けの人妻ヘルスに行ったんですが、常連の先輩はテキパキ指名をしています。

「おまえ、分からないんだろ?お前の相手は俺が選んでやる」頼むから力士みたいなデブおばさんだけはよしてくれと祈ってました。

店員さんから何枚か写真をもらって吟味している先輩。

なぜぷくっと笑う?その中から1枚の写真を取り出すと私に見せながら、この人で決めっ!先輩。

写真裏側なんですけど…。

反論出来ないままの緊張の30分。

【熟女体験談】掛かり付け歯科医のセレブマダムに夢叶い挿入し寝取ってきた

kage

2020/03/31 (Tue)

掛かり付け歯科医のセレブマダムに夢叶い挿入し寝取ってきました

治療に行った際、駐車場に暫し車を停め、

隣接に聳え建つ豪邸から、

たまに姿を表すセレブマダムな奥様を眺めては、

いい女だな~!

一回で良いからやりたいな~と、

スケベ心を抱き視姦していました

挿入の切っ掛けは、棚からぼた餅の諺の如く美味しい物でした。

私の知り合いから「○○に食事に行った際、マスターから店主宰のゴルフコンペをするから出席してよ」と!

お願いされたから一緒に申し込んでおいたから宜しくの連絡が。

マスターの店には、私も食事やビールを頻繁に頂きに行っている関係から

「店に来てる客ばかりだし、暇だから行って楽しんで来れば良いか~」

の楽な気持ち。

【熟女体験談】シングルマザーな後輩の母親に女の本性を思い出させ、デカチンアナル責め

kage

2020/03/30 (Mon)

後輩の母親(46歳)は苦労人で旦那は女を作って家を出ていき女手一つで二人の子供を育て現在一人で住んでいる

そんな後輩の母の家にちょっとした用があって行くことになった。

行ったのは、昼間だったが、出迎えてくれた母親の姿に少し驚いた。

小柄な母親だが胸と尻がでかいグラマーなのだが、薄手のよれよれのTシャツにパンツもはみ出してしまうくらいの短パン姿だった

内心、『誘われてるのかな?』と思いつつも、『いやいや、勘違いだろう』との思いが、交錯していた。

まぁ、昔から知ってるし、身内みたいなもんだから、誘われることは無いだろうと途中から思って、用を済ませた。

お茶を出してくれた時に、Tシャツがよれよれだったから、首元からブラが丸見えの状態になっていた。

心の中でまた葛藤が始まった。

気を紛らわせようと、一度トイレに立つも、リビングに戻って、母親の姿を見たら、また葛藤が始まった。

どうせ二人きりだし、母親と最低限の会話しかしない後輩たちの事も知ってるから、

ここで何か間違いを犯しても、余所にばれることはないだろうと思って、一つテストを行ってみることにした。

帰ろうとして、お茶を一緒にキッチンまで運んだ時に、少し立ち話をしてみた。

昔から知ってる分、話題なんかいくらでも作れた。

話しているうちに距離を徐々に縮めていくが、母親は予想通りに出してくれたグラスを洗い始めた。