fc2ブログ
2021 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2022 02

【熟女体験談】セフレの素人熟女二人と某温泉宿で乱交セックス旅行

kage

2022/01/23 (Sun)

この前の週末、セフレの敬子(36歳)と

敬子の知り合いの主婦、友美(34歳)と

3人で某温泉宿にsex旅行に行ってきた

敬子の車で知美を迎えに行ってもらい友美の旦那には女2人旅行という事になっている。

友美とは初対面だったが、165cmほどのの背が高めで「本上まなみ」のような清楚な感じだった。

かなりストライクゾーンに入ったのでこの時点でチンポは半起ち。

車の中ではすぐに打ち解けて初めからエロい下ネタの連続。

途中「暑くなってきた」と友美が上着を脱ぐと体のラインが判るタイトなシャツ。

シートベルトが胸の谷間に挟まりこれがまたエロい。

敬子が友美に

「友美さん、今日は旦那のことは忘れて3人で楽しみましょうね、ね?」

と俺にも目配せしてきた。

「もちろん、今日の為に4日抜かずに我慢してきたから濃いのタップリ2人の中に出してあげるよ」

と答えると友美が

「え?中出しですか?」

少し驚いていた。

【熟女体験談】出会い系でエロ可愛い美熟女おばさんとフェラチオからのバックからセックス

kage

2022/01/23 (Sun)

出会い系で五十路のエロ可愛い美熟女おばさんとパコッた

ドキドキしながら

待ち合わせ場所に来たのはかわいい感じのおばさん

「めっちゃ好み〜」

とりあえず、飲みましょうかということになり、近くの居酒屋に入る事にした。

たまたま個室が空いていたので向かい合わせで座った。

彼女の服装は、上は胸が開いたニットで下はミニスカートだった。

脚が長くキレイで美脚

脚を組み替えるたび、黒のパンティがチラチラ見えた。

豊満な胸(Dカップか?)と脚、交互に見入る。

年齢は聞いては失礼かと思ったが聞いてみた。

彼女は恥ずかしそうに右の手のひらを出した。

「5?」

僕が聞くと、さらに左の手で人差し指。

「51歳です」

恥ずかしそうに言った。

「えー、全然見えないですよぉ〜」

「お世辞でも、嬉しいなぁ」

笑顔がとてもかわいかった。


【熟女体験談】ぽっちゃり体型な雌豚お母さんに夜這いして勝手に中出しセックス

kage

2022/01/22 (Sat)

ぽっちゃり体型な雌豚お母さんに夜這いして勝手に中出ししてしまいました。

夜這いした次の日は僕は休みで昼過ぎまで寝ていたのですが、起きると母は家にいないので、どうなったか心配で、今はちょっと後悔しています。

昨夜は、本当に僕が変に興奮して見境が無くなってしまって、いけないことをやってしまいました。

今になって母が、もしも妊娠したらどうしようとか、などと思ってなんだか心配です。

母は43歳で、色白のぽっちゃり型で、友達にも好かれているくらい、そこそこの美人です。

父は単身赴任で家を空けて、もう3年になります。

昨夜は、叔父が釣った魚と缶チューハイをいっぱい持って飲みに来たのです。

酒があまり強くない母が相手をさせられていました。

叔父は脂ぎった顔を真っ赤にして、いい気分で、大声ではしゃいで、母の体を抱き寄せて触ったりしていました。

10時になっても叔父がなかなか帰ろうとしないので、僕が叔母に電話して迎えに来てもらいました。

叔父がしぶしぶ帰ったあと、相当飲まされていた母は、すごく酔っ払っていて居間の畳に横になって寝息をたて始めました。

ここじゃ風邪を引いてしまうので、無理に母を起こして、僕の肩を貸して寝室まで何とか連れて行きました。

やっとの思いで、ベッドまで運んで寝かせようとしたとき、「おみず…」と母が言いました。

急いでコップに水を入れて戻ってきたら、もう寝息をたてていました。

【熟女体験談】夫と体の相性が悪くてセフレとのセックスがやめられない人妻

kage

2022/01/22 (Sat)

新婚の新妻なのに夫と体の相性が悪くてセフレとのSEXがやめられないんです。

先週の土曜日に久しぶりにセフレとエッチしました。セフレのオチンチンは20センチくらいで最高に気持ちいいです。

ラブホに向かうまでに車でジュポジュポジュポジュポ…

チュッチュパッチュパッてフェラしてごっくん。

ラブホに着いて部屋に入ったら即押し倒されて首にいっぱいキスマークつけられた。

おっぱいモミモミされながら乳首チュッチュされてあっあんあぁって声出ちゃった。

M字でペッティングされていきそうになったら止められて何回も焦らされてもうビチョビチョ。

指入れられてグチュグチュされてグチャグチャピチャピチャ…

「ほらほら!気持ち良いんだろ?ん?」

「あぁっあんあんだめぇ!」って潮吹きしちゃった。

大量でシーツがすごいことに…

そしたらバックで太いバイブ入れられて大きい声で喘ぎまくり。

「どうした?もう限界?まだまだだよ」

って言われていってもいっても抜いてくれなくておかしくなりそうだった。

「もう我慢できないよね?まさかバイブで満足?」

「あん、オチンチンちょうだい!」

「くださいは?」

【熟女体験談】キャリアウーマンなアラサー女上司と中出しセックスで寝取った結果、言いなり女隷となり結婚することになった

kage

2022/01/22 (Sat)

キャリアウーマンな女上司と僕の恋に物語です。

僕は大学卒業後、都内の企業に入社した。

僕が配属されたのは、商品開発部。

いわば企業の心臓部である。

その中でもたくさんのセクションがあり、僕は3課に。

そこの課長はなんとアラサーの女上司

この若さで課長まで昇進することなど、この老舗の会社では異例のことである。

それだけにハキハキしていたし、言うことも物怖じせず言う。

そして何より、鼻筋の整った美貌、細い肢体を持つ美女だった。

日○テレビの、西○アナウンサー似で、僕の完璧にタイプの女だった。

そんなキャリアウーマンな女上司だから

当然社内のマドンナだった。

大阪に赴任中の彼氏がいるらしく、その彼氏は若くして将来の幹部候補だ。

「2時間くらいクンニして~」それが彼女を見た第一印象だった(笑)

去年の6月頃、会社の社運のかかった商品開発を担うことになり、3課は大忙しになった。

緊迫の現場ではビッグプロジェクトを委ねられた課長・小山三咲(仮)の罵声が飛び交った。