FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

【熟女体験談】掃除会社で働いているおばさんにオナニーを見せてもらった

kage

2019/09/13 (Fri)

俺の会社が入居しているビルの掃除会社で働いているK子さん64歳と変な関係になった。
俺は単身赴任でY市に住んでいる。
月に一回のビル規定によりそこの会社で働くK子さんと知り合った。
身長は1m50cm位かな?でもなんとなく色気を感じてしまった。

顔を見て話をするようになってからのことです。
俺が会社が入っているフロアのトイレに入り小用をしているとK子さんが入って来た。

俺は横を向いて挨拶をしたんだが、そこで変な気持が急に沸き起こり、
ファスナーを締めないで用を足したばかりの状態でK子さんの方に身体を向けた。
当然K子さんはそれを見る。

「あらあら、大事なものをしまわないでこちらを向くから見えてしまったじゃないの」
と笑いながら言った。
俺は「いいんだよ。ほかならぬK子さんだから。・・・」と意味深な顔で言った。

その後の事だった。
一度K子さんの手料理食べたいな?と言っていたら、彼女から
「今度の土曜日早終いだから、なにかおふくろ料理作ってあげるから我が家に来ない?」
と誘ってくれた。
俺は其の日は休みだった。

時間通りに教えられた○○コーポと書いてある建物の中に入った。
ベルを押すとK子さんが顔を出した。
仕事服と違ってすごく若く見えた。
フレアにスカートのブラウス姿だった。
俺はTシャツにジーパン。

【熟女体験談】泊まりがけの宴会でいつも中出し輪姦レイプをされていた妻

kage

2019/09/13 (Fri)

私の妻、知子は先月35歳になったばかりの美人ではないけど、
かわいい感じのスラッとした、スタイルのいい女性です。
妻は私と結婚する前から、ある製薬会社で働いています。
私の職場でも妻の会社の医療機器を使っているため、
消耗品等の部品を発注することが良く有ります。

世間で言うお得いさんになっていますそのためか
うちの担当者から一泊での慰安旅行件忘年会に誘われました。

その担当は、私とそこで働いている妻が夫婦であることは知りませんでした。
つまり結婚した後に入社した新人さんがうちの担当だったためです。

私も妻の会社の社員旅行なんて行った事が今まで無かったので
妻を驚かせようと楽しみにしていました。

しかし其の日驚かされたのは私の方でした・・・

当日、仕事が遅くなってしまい、遅れてその宴会会場につくと、
既に皆さん出来上がっていて中にはそのまま寝込んでしまっている人もいました。

その広い会場の中での角のあたりで数人の男性が集まっていて、
異様な雰囲気が伝わってきます。
私は妻を捜してうろうろとして歩きまわって見ましたが、姿が見えません。

そのとき角の集団から男の声で「毎年これが楽しみで、来てるんだぜ」
私は?と思いその集団の中心を人の隙間から覗くと、
そこに妻の姿が有りました浴衣が肌けていて胸が丸出しです。

【熟女体験談】近所に住むドスケベなおばちゃんに童貞を奪われた

kage

2019/09/13 (Fri)

近所に住むドスケベなおばちゃんに童貞を奪われました。

当時、母の手伝いで町会費の集金をやっていました。
共働きで帰宅が遅い母に代わって、市営住宅の一戸一戸を回ってたのですが、
その中に40,50代ぐらいの夫婦が住む家がありました。

旦那さんは土木関係者で、俺が夕方に訪問すると酒の飲んでて怖かったので、
早い時間に集金するようにしてました。奥さんは夜の仕事をしているそうで、
俺が訪問すると寝起きだったり、化粧中だったりとしたんですが、
案外フレンドリーなおばちゃんでよくお菓子なんかをくれました。

ある日、道でおばちゃんにばったり出くわし、挨拶すると、

「タカちゃん、甘いもん好きか?貰ったケーキあるんだけど、うちの人食べんから・・・」

というので、ホイホイとついてくと、

「お茶入れてあげるから、あがって」

と自宅に誘われました。

おばちゃんは貰い物というパウンドケーキと、紅茶を入れてくれると、
ソファの隣に腰掛けて煙草に火をつけました。
俺は他人の家に興味があって、キョロキョロと観察していると、
旦那さんのものなのかかなりエグいエロ本が無造作に置いてあったり、
おばちゃんのスケスケのネグリジェや派手な下着が部屋の隅に干してありました。