FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

【熟女体験談】ブラジル美人妻とセフレになったのだがひどい結果となった

kage

2020/02/22 (Sat)

俺が一浪して大学に通っていた時の話です。

特に部活をやるでもなく、かといってバイトに燃えるわけでもなく、なんとなくダラダラとすごしていたある日、

「Y君もこない?」と同じクラスのHさんに、とあるボランティア活動に誘われた。

俺はスペイン語を専攻していたのだが、ボランティアの内容は、出稼ぎに来てる日系ブラジル人や、ペルー人などの子供と遊んだり、

言葉が出来ず困っている日系人の相談のお手伝いをする、といった感じだった。

「始めはわかんなくても、子供とかと話してたら結構上達するよ」というHさんの言葉に、特に引かれたわけでもないが、まあ暇だったのでついていって見た。

行ってみるとまあそれなりに楽しく、俺はいつのまにかそのボランティアの中心メンバーみたいなことになっていた。

確かにスペイン語は上達するし、ポルトガル語も覚えることが出来る。

ジャナさんと仲良くなったのは、俺が平日に、とある自治体で、相談所の通訳みたいな手伝いをしていたときのことだった。

あいにく専属の職員の人が、誰かの病院に付き添いに言っていたので、窓口には俺しかいなかった。

ジャナが言うには、すんでいるアパートの大家さんに怒られたが、実は何を文句言われてるのかわからない。

今朝もメチャクチャ怒られた、どうしたらいいのか?とのことだった。

とりあえず俺は大家さんに電話してみた。

えらく怒っていた。

【熟女体験談】父の欲求が爆発し、妻とセックスした父との関係を公認したことで目の前でセックスを見せられる夫

kage

2020/02/21 (Fri)

私は幼い時、母を亡くし父に育てられました。

父は、幼い私を育てるのに苦労したようです。

そんな事もあり、父は独身で一番いい年齢を淋しく過ごしていたんです。

そんな私も35歳になり、ようやく結婚(妻32歳)する事になりました。

父は60歳になり、定年を迎えました。

私は、父を一人に出来ないと妻を説得し、同居する事にしたんです。

妻は、私が言うのも何ですが妻はヤリマンで、これまで何人もの男性と経験していた様です。

顔は普通ですが、学生時代のあだ名は自動販売機!(100円でも寝る女)

職場で知り合い結婚する事になったが、同僚にも抱かれた位で穴兄弟が多いのも事実です。

妻は優しく・気が利く女性ですが、性欲大盛なのが欠点かも知れません。

まぁ、男好きな体系で胸は小さめですが、下半身デブでムッチリしたお尻は溜まりません。

特に、タイトスカートを履くと、色気ムンムンで殆どの男性が見る位です。

同居して1ヵ月も過ぎた頃でしょうか?父と妻が結ばれたんです。

妻を紹介した時から、父の目は女性を見る目で妻をジロジロ物色していました。

【熟女体験談】母親の友達の小柄で巨乳なオナペットだったおばさんとトイレでセックス

kage

2020/02/21 (Fri)

母は世代を問わず友達が多く、毎日のようにうちに誰かが来ていたり、出掛けている。

その中に、小柄だが、巨乳でもある随分前から俺のオナペットだった現在47歳の恵子もいる。

恵子には一人娘がいて、母が留守の時に俺が一人で子供を預かった事もあった事から、いつの間にか連絡先を交換していた。

7,8年くらい前の事、母に恵子の精神状態が少し不安定になってるから、色々と気を付けて欲しいと言われたことがあった。

別に気にすることもなかったが、その絡みなのか、恵子からメールが来た。

『私を女として見れますか?』

とその文だけだった。

返信に困っていて、返事を考えていると、謝りのメールが次に入ってきた。

母にそれとなく恵子の状況を聞いてみると、簡単に言えば、夫婦仲が悪くなっているという事と、

さらに情緒不安定になった恵子は友達とも疎遠になり始めていて、すでに天敵のような友達まで出てきてしまっているという事だった。

普通ならば、見守っていくのだろうが、俺はオナペットの恵子を体だけ自分の物に出来るかもと思った。

恵子に『デートしませんか?』とだけメールを送った。

しばらくして、『主人と子供がいるから、いつになるか分からないけど、良いですよ。』と返信が来た。

正直、モノになるなら、時間が掛ってもいいと思っていたから、恵子の都合に合わせることにした。

【熟女体験談】休日出勤してきた大変セクシーな熟女に職場で4回も中出ししたのが最高の思い出

kage

2020/02/21 (Fri)

今から12年前の夏です。当時勤めていた職場に、大変セクシーな熟女がいました。

その日は土曜日で職場は休み。

しかし、仕入管理の仕事をしていた私は、システムが不調だった事もあり、休日出勤していました。

広い事務所で1人きり(だと思っていました)、冷房も切られていたので、ランニングとトランクスという出で立ちで仕事していました。

一通りの作業も終わり、システムの動作チェックをパソコンが勝手に行っている間、

暇だった私は出勤途中にコンビニで買った弁当を食べながら、一緒に買ったエロ雑誌を見ていました。

30歳代後半で精力も余っていた(当時は毎日射精しないとスッキリしませんでした)私は、直ぐに勃起してしまい、

誰も居ない事を幸いにして、エロ雑誌を見ながらオナニーを始めてしまったのです。

トランクスを脱ぎ捨て、勃起したぺニスを夢中でしごいていました。

そのためか、そのセクシーな熟女も休日出勤してきた事に気付かなかったのです。

「あらっ?タモさんも休日出勤なの?」

突然、声をかけられた私は、あわててトランクスを穿き、勃起したぺニスを隠しました。

しかし、そろそろ逝きそうだった事もあり、勃起したぺニスからは先走りの汁が溢れてしまいました。

【熟女体験談】仲居さんのスカートの中から見えたアソコに勃起したらエッチさせてくれた

kage

2020/02/20 (Thu)

今から約30年程前の話で恐縮です。

当時、高校生で夏休みは決まって父の取引先の国際観光ホテルでプール監視員のアルバイトをしていました。

土日などの宴会などが入ったときに、プールが終わってから調理場と仲居さんの配膳室までを、

カートで料理を運ぶ人手が足りない時は、その手伝いもしていました。

何度目かのカート運びのアルバイトで大きな宴会が終わり、着物を着替えた仲居さんが数名、

食器を片付けている手伝いで、配膳室に山積みの食器を下げる作業中のことです。

宴会場を見ると2人の仲居さんが宴会用のテーブルの食器を別の箱に重ね、テーブルを折りたたんで積んでいく作業中、

仲居さんのスカートの中がチラチラ見えるんです。

最初は遠め見ていたので解らなかったがテーブルの片づけを手伝いに、宴会場に入って近くから見ると、ノーパンで陰毛が見えていました。

驚いて、直視していると

「平野君始めて?」

「えっ?」

「女人のアソコ見るの?」

「あっ!すみません。覗くつもりではなかったんですが、つい・・・」