FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

【熟女体験談】セミナーで知り合った清楚な人妻をナンパし、何度もイカせまくってセックスの良さを教えた

kage

2020/09/26 (Sat)

今日は、公共施設のセミナーで知り合った清楚系インテリ妻ユカ(仮名)と結ばれたことを報告したいと思います。

ちなみに、私は女の子をイカせることに最大の喜びを感じます。

1回よりも5回、5回よりも10回というように、1回でも多く女の子をイカせられればそれだけ満足度は高まります。

女の子をイカせるのに夢中になって、自分がイクのを忘れてしまうこともしょっちゅうですが、なぜか俺はそれで満足できるんです。

信じられないかもしれないけど。

前置きが長過ぎましたね。

ユカとは前から顔は合わせていて、とてもきれいな女性だなと密かに心を寄せていました。

でもなかなか声が掛けられなかったんです。

やっと先日、セミナーが終わった後、思い切って声をかけることが出来ました。

ゆかも俺のことが気になっていたらしく、スムーズに会話が運びました。

そこでお茶に誘うとすんなりOK。

結構、話が盛り上がりったので思い切ってお酒に誘ってみた。

するとこれもOK。

とりあえず居酒屋に行き、ユカは羽目を外したのか、家庭のことなどいろんなことを話してくれた。

今30歳で子どもがいること。

【熟女体験談】プールで当たり前のようにセックスする日々だが、初めてプールでセックスした話をします

kage

2020/09/25 (Fri)

プールでの妻とのSEXについて語ります。

結婚前から結婚後も続いてます。

妻は露出好きではないのですがTバックとかブラジリアンとかその手の水着を好みます。

水着になるのは好きなようです。

今ではコレクターなのでかなりの枚数の水着を保有していて100枚以上あります。

ですから週末は生理とかでなければプールや温泉に行くことが多く、夏ともなれば月に5~6回は水着になる感じです。

つきあい始めたころは半同棲だったので毎晩欠かさず。

週末は2回は当たり前で朝も1発という感じでした。

身体の相性なのか異常なほどやりまくってましたね。

前段はここまでです。

以下本題。

初めてのプールでのSEXはつきあい始めて3ヶ月ほどしたときのこと。

もちろん結婚前です。

土曜日に無料招待券をもらったのでワイ○ドブ○ーに行くことに。

彼女の水着はいつも俺が選んで持参。

【熟女体験談】スポーツジムで知り合った人妻との極上セックス体験

kage

2020/09/25 (Fri)

最近スポーツジムに筋トレ中心のプログラムで週2-3回通っていますが、同じ時間帯に相当鍛えている女性を見つけました。

ちなみに、私は、30代男、小笠原(仮名)。

ストイックに打ち込む姿はカッコイイの一言です。

インストラクターがスタジオでリードしてくれるコースがあり、参加したら常連の彼女がおり、回数通っているうち挨拶を交わすようになりました。

数ヶ月が経ち、インストラクターから「小笠原さん、締まってきました!いい感じです」と褒められ、

”やった!”って思っていると、彼女からも「ホントですよね!痩せましたよね!」って!

嬉しい気持ちのままその日のメニューを終え、風呂に入り、休憩処でくつろいでいました。

そこへ、女風呂から彼女が出できました。

「あら!」2人で顔を見合わせます。

「お疲れっす」

「ホント、痩せましたよね~」

「ありがとうございます。でも、まだまだですよ」と僕。

その時、彼女の名前を知らなかった事に気づき「小笠原です。小笠原建男です。あの・・・」

「長谷川です。長谷川恭子です」それからも、そんなに会話はありませんでしたが、よく一緒にトレーニングしてました。

【熟女体験談】メールだけでやり取りしていた人妻と偶然会って旦那の愚痴を聞きまくり寝取りセックス

kage

2020/09/25 (Fri)

三十路になる二人の子持ち妻と寝取りセックスをした。

前から連絡取り合ってはいたんだけど、お互い暇な時の世間話程度で、まったく意識したことはなかった。

会ったのも意図的じゃなく偶然。

俺は震災で被害受けたあと、いろいろあって会社辞めて、4月はいろんなとこ一人旅してた。

京都、神奈川、新潟と回って最後に宮城に行くことになった。

んで宮城行く前日に、相手から久しぶりに連絡来て、「いまから宮城に行くんだよね」と何気なしに伝えたら、『○○の顔写メ見たい』と言い出した。

「なんで急に?」と思ったが、何事もあまり深く考えない俺は顔写を撮って相手に送った。

数分後にメールがきて、『宮城の何処に来るの?泊まり?』と聞かれたので、

「仙台、二泊ぐらいかな」と返信したら『二日目の夜、会わない?』といきなりお誘い。

一人旅が続いてたから、少し人と長く会話する機会が欲しかったのもあり「いいよ、牛タン美味いとこ連れてって」と軽く返事をした。

んで、色々やりとりしつつ、二日目の夜に某所で無事合流。

待ち合わせ場所に来たのは、上下とも黒で決めてる、羽田美智子のような大人の女。

普通に美人だったから「美人だね」と言ったら『ありがとう』と微笑みながら返してきた。

メールだと、もっと騒がしそうな女をイメージしてたから少し驚いた。

適当な会話しながら、居酒屋に移動して個室で飲み始めた。

【熟女体験談】営業先の会社で知り合ったOLと停電のハプニングでチャンスを得て、相手の自宅で調教中出しセックス

kage

2020/09/24 (Thu)

OLとして働く奥さんの調教を続けている。

彼女は、営業先の会社で知り合っためぐみというOL。

その会社は富山にあり、当然ウチの北陸支店のカバー出来る範囲なのでよく出入りしておりました。

ある日僕がいつものようにその会社を訪れると、約束してたはずの担当部長がまだ帰ってませんでした。

なんでも現場でトラブルがあったらしく一時間ばかり遅れるとのこと。

仕方なく応接イスに座り待つ事に。

珍しくその日は全員出払っていて会社のなかには僕と彼女だけに。

僕が大阪から転勤でこちらに来ていること、は彼女も知ってましたから色々大阪の様子なんかを聞かれました。

話が盛り上がったところで担当部長も帰ってきたので彼女とはそれまで。

打ち合わせが終わったので駐車場に戻ると丁度彼女も帰るところだったらしくバッタリ会いました。

「これからお帰りですか?よかったらメシでもどうですか?」と誘うと一瞬迷ってましたが「はい、じゃあ御一緒させて下さい」と誘いに乗ってきました。

なんせ地元じゃないので彼女の案内ですし屋へ。

色々話を聞くと彼女は27歳で花の新婚1年目の新妻。

でも結婚して半年でダンナが東京に転勤。

当然彼女も付いていくべしなんですが、彼女の父親の身体の具合が悪く、それが落ち着いたら向こうに行くとかで、今は一人暮らしなんですよと言ってました。