FC2ブログ
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

【熟女体験談】SNSで仲良くなったエロい素人デブおばさんと短い時間で激しくSEX

kage

2018/09/23 (Sun)

SNSでデブで痴女な
素人熟女と仲良くなりました

どうやら露出フェチな人妻のようで
会う前からライブチャットでオナニーを見せてくれたり
かなりエロい素人デブおばさんでした

そんなスケベなデブ人妻さんでしたが
ご主人とはすっかりSEXレスだというんです

こんなエロデブスケベなババアなら
いくら抱いても飽きなそうなのに

旦那は違うらしい

それで浮気したけど
車の免許を持っていないし
狭い土地で地元だと顔見知りに会いやすくて

とても浮気なんて出来ないと
いつもこぼしていました

そしてあるときいつものように
メッセで話していると

ご主人と東京に来る事になったということで
東京には僕という知りあいもいる事だし

どうにかして、
エッチな事をしてみたいという話になった

【熟女体験談】女傑家族の叔母達からフェラ責めされ、精通前で何回も連続でイッた小学生

kage

2018/09/22 (Sat)

女傑家族とでもいうのだろうか

俺の親族はやたらと女が強く
男衆は情けない程、肩身が狭いのだ

毎年、夏休みや冬休みの長期休暇になると
母方の祖父母の家に大勢の親戚が
集まるのが恒例になっていた

そして、俺は幼い時から親戚の従姉妹や叔母達に
手厳しく躾をされていた

軽い悪ふざけの場合は
叔母達が俺の尻をキュっと抓って

「コラ!」

って軽い折檻されたり

そして、調子乗りすぎた場合は
ズボンとパンツを脱がされて
お尻がパシパシってほんと漫画みたいに
叩かれていて折檻してくる

そんな時、父や叔父達、祖父は
見てみぬフリをしてお茶を飲んでたりする

親戚一同が集まった時
男に発言権は全くないのだ

でも、子供の時の俺は
頼りがいがあってパワフルで
いつも明るい叔母達と一緒にいるのは楽しくて
好きだった

【熟女体験談】妻の恥ずかしい姿を他人に見せるのが大好きな変態夫がブラホックを外し、みんなの前でおっぱいを露出させるエッチな悪戯をしてきた

kage

2018/09/22 (Sat)

夫は変態で、妻の私の恥ずかしい姿を
他人に見せるのが大好きで
困っています

私は私は小柄な割には
結構おっぱいは大きくて巨乳なんです

だから夫と夫婦の営みをしている時に

「おまえの大きなおっぱいを
みんなに見せて自慢したいよ」

とか言ってきます

友人夫婦とかと会うときなんかは

「絶対に谷間が見えるような服着ろ」

って

そして、夏に海水浴行く時なんかは
もちろん水着はビキニ

それも三角ブラみたいな露出度の
多いのじゃないとダメってって
夫は言うんです

まあ、私もビキニとか好きだし
胸きれいだねとか言われるとうれしーから
その位はいいんだけど

この間夫の命令されるがままに
ちょっとやり過ぎちゃった羞恥体験があるんです

【熟女体験談】給食のおばさんとお餅のように太った少年と買い物に出かけた帰り道に偶然出会って自宅でSEX

kage

2018/09/22 (Sat)

給食センターで長年働いていましたが
私が52歳の時に給食センターを閉鎖して
学校に調理場を併設するようになり

私はいわゆる「給食のおばさん」になりました

当時、私が働いていたのは中学校で
給食センターから学校で調理するようになり
生徒達や先生たちからは

「美味しくなった!」

と言われ、残飯もほとんど出なくなり
他の給食のおばさんとも

これなら作りがいあるわね!

とか皆、喜んでいました

給食のおばさんって仕事は
当然、毎日学校にいるんですけど
調理場に篭って働いているので
生徒との接点はほとんどありませんでした

でも、一人の太った少年と
私は仲良くなったんです

名前はナオキ君という
まん丸に太った中学2年生

【熟女体験談】夫の実家に帰省した時に、複数の男達に押し入り集団レイプをされてしまった人妻

kage

2018/09/21 (Fri)

五十路の中年おばさんなんですが
この前、夫の実家に夫婦二人だけで
帰省した時にとんてもない目にあったんです

夕方にはもう用事が終わり
義母は親戚のところに泊まるらしく
主人と実家に戻りました

しかし、主人は地元にいる旧友達と
飲みに行ってしまい
私と義父の二人だけになっていました

旦那の実家は超田舎の農家で

田舎の家で鍵を掛ける習慣はなく
裏の勝手口には鍵すらありませんので

私もその風習に習い
家に入って鍵もかけずに
くつろごうとしていると
複数の男達が凶器を持って
襲ってきたんです

私は殺されると恐怖心で

なんでもいう事を聞くから
命だけは助けて

と言いました

凶悪な男達は
証拠だ!と私に携帯を向けたんです