FC2ブログ
2019 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2019 03

【熟女体験談】人妻専門の出会い系でゲットした痴女な熟女とセックスして玄関にいやらしい声がひびいた

kage

2019/02/16 (Sat)

人妻専門の出会い系でゲットしてパコパコハメた

バツイチ30代半ばの熟女とのエロ体験です

最初はメルトモから始まったんですが、

俺はセックスレスだし彼女は離婚して相手もいないし、

お互いの都合がつけばセックスするようになりました。

あとのほうでは、メールはほとんどいやらしい内容ばかりで

彼女の休みが不規則なため会えない時は

それで満足していたところもあります。

それでも月一回くらいのペースで会っていました。

ある日ひと月以上あえない日があったので

しびれをきらした俺は彼女のパート先まで迎えに行った

(彼女は車の免許を持っていません)

仕事が終わって会社から出てきた彼女は

「来てくれたんだあうれしいでもあんまり時間ないね」と言いながら

俺の車に乗り込んできた。

【熟女体験談】会社の3階のトイレは不倫相手の人妻と不倫セックスの場所となっている

kage

2019/02/16 (Sat)

俺は都内に勤める40歳の会社員。

同僚に36歳の不倫相手の人妻がいる。

うちの会社は完全週休2日の一般的な企業だが、部署によっては、当番制で出勤を強いられる場所もある。

俺の部署がそれであり、そこの課長がこの俺だ。

ある週末のこと、平日の仕事が思うように進まなかったことから、土曜日に出勤するハメになった。

社屋に入り、エレベーターを使用し、事務所のある8階まで上がる。

事務所の扉を開け、出勤者を見渡した時、そこに彼女の姿があった。

彼女も当番のため出勤していたのだ。
 
誰が当番かということを把握していなかったため少々驚きもあったが、そこは平静を装いデスクに着く。

決して下心で計画的に出勤した訳ではなかった。

普段不倫関係にあるような素振りは全く見せない。

周囲の人間にバレたら大変な事になることをお互い十分に判っているからだ。

ちなみに彼女の旦那もウチの社員の1人だ。

俺は当番要員ではないため、自分の仕事を片付ければいつでも帰れる立場にある。

その日も、午後2時には一通りの事を終わらせ、帰ることにした。

帰る前に会社の2階にある喫煙所に寄り、一服する習慣がある。

【熟女体験談】忘年会で酔っ払った受付の子とラブホに入り、我慢できずに中出ししてしまった

kage

2019/02/16 (Sat)

会社で忘年会だったなあ。事務の子が受付の友達連れてきてた。

かなりの美人でキレイだなって。好みによるけどね。

退社後に宝くじキャンペーンガール?もやってたくらいだし。良いほうじゃないかな。

お酒注いで貰ってキレイですよねなんて話しながら彼氏いいねえ。羨ましいよな。なんて何気ない話し。

事務の子が酔っちゃって俺が送ることになって受付の子も一緒についてきた。

オレも酔ってるもんでフラフラ三人で二人三脚みたいで歩き無事に送り届けた。

受付の子を送る段階で結構飲んでたのか安心感かわかんないけどグタッってもたれ掛かってきた。

うわっラッキーだなあ。でもタクシー捕まえなきゃって通りに出てると、えっ気分悪くて休みたいって言い出した。マジか?

吐きたいって言い出すもんだから公衆トイレに入った。深夜だからひっそりしてて、ついてきてって、、。ついていったよ。

後ろから支えて口の中にオレの指入れて吐かせた。何かこんな状況下だが大きくなってきて彼女に当たってるんだが支えてて離せないんだよね。

ハンカチで彼女の顔を拭いてタクシーに何とか乗った。

彼女が何か小声で言ってるけどよく聴こえないから口元に耳を寄せた。

気分悪くてまたダメみたい、、。って。慌てて停めて降りた。

何故か前にこれでもかってギラギラのラブホ、、。入っちまった

服脱がせて着替えたい。って言う。脱がせたよ。パンストも。

【熟女体験談】嫁ぐ直前の人妻と出会い系サイトで知り合い、騎上位で攻めて大量中出し

kage

2019/02/15 (Fri)

のり子と知り合ったのはかれこれ3年前。

某出会い系サイトで、もうすぐ結婚の掲示板に

「来月から埼玉⇒山梨へ嫁ぎに行きます 仕事を辞めたので、しばらくは暇になりますので、メールだけで話しませんか?」

に引かれて、メールを入れてみました。

自分もメールだけのつもりでしたので、旦那との出会いとか、世間話をしていました。

彼女の自宅は自分の職場から1キロだったのですが会うことは出来ませんでした。

1ヵ月後、無事山梨に引越しました。

メールは少なくなっていたけど引越ししてからでも

一日に1回ぐらいはメールしていました。

2ヶ月過ぎたある日、突然

「明日実家に帰りますが。夜は忙しいですか?」ってメールが着ました。

あいてるよってすぐ返事したら。

「この前話してたワインクーラーの美味しいお店に行きませんか?」っての誘いに、

即OKですと返事しました。

待ち合わせは19時に大宮駅、豆の木前。

【熟女体験談】チンピラに因縁をつけられてから、色んな男とおまんこしまくるようになった母親

kage

2019/02/15 (Fri)

ぼくが中学の時、隣の家の犬に吠えられ、石をぶつけた事から母の生活が変わりました。

そこの住人はチンピラで因縁をつけられて、母はそのチンピラと深い仲になったのです。

父はアメリカ北部やカナダの貯木場を頻繁に視察に行くため、ほとんど留守がちだったので、

最初は夜中に来ておまんこして帰っていましたが、そのうち朝まで見かけるようになり、

ついには1日中いてまるで夫婦のように生活するようになりました。

ぼくは学校から帰ると風呂を沸かす役です。

準備ができると男と母が一緒に風呂に入っておまんこします。

ある日その男が別の男を連れて来ました。

母は「はじめまして」と丁寧に挨拶をしていましたが、

ぼくは大きな男だったので怖くて黙って自分の部屋に入ると母から呼ばれて、

「ちゃんと挨拶しなさい」と怒られたのを覚えています。

その夜、その男はうちに泊まり母とおまんこしました。

ぼくが中学3年の頃から母は夜、隣町のバーに勤めに行くようになりました。

夜はぼく一人の生活がしばらく続きました。

ある夜タンスを開けて捜し物をしていると奥の方に雑誌があったので取り出すと、裏本で、なんと母の裏本でした。