FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

【熟女体験談】エッチ話にも寛容な人妻に激しいバキュームでフェラをされ、思いっきり中出し

kage

2018/12/15 (Sat)

ゴールデンウィーク余りにも暇で、パチンコは勝てないし、夜サイトをしてた。

25の独身サラリーマンだけど、

興味津々で歳上のおばさまに片っ端からメールを送ると何通か返事が来ました。

ついエッチな話をすると、何人かは返事が来なくなり、

仕方なく一人残った五十路のおばさんとメールをしてた。

結構、エッチ話にも寛容で人妻であるらしい。

夜寝るまでやり取りした翌朝、お誘いメールをすると、以外にあっさりと了承してくれた。

待ち合わせ場所のスーパーの立体駐車場に現れたのは、

意外と綺麗な熟女でさっそく助手席に乗り込んで来た。

膝下スカートから締まった足首のパンスト脚がエロい。

顔は年相応だが品があり、身体も太過ぎず、細過ぎずでかなりのヒット。

ドライブしながら色々話をすると、彼女(和恵)には俺より一才上の娘さんがいて、孫もいる。

でも恋愛したいのと、若い男がタイプらしく、来たとの事だった。

俺的にはかなりタイプだし、何とかエッチに持ち込みたかった。

【熟女体験談】ネットカフェでレイプされ、中出し輪姦され満足した毎日を送っている変態主婦

kage

2018/12/14 (Fri)

夫の異動で、東北の片田舎に移って今年で3年。

最初のうちは自然が満喫できると浮かれていましたが、あれは都会からたまに息抜きに出かけるからいいものなんですね。

ぐるっと360度、365日自然に囲まれていると、特に大きな魅力とは感じられないんです。

ショッピングの時の選ぶ楽しさなんてものもなく、毎日が退屈で、刺激のない生活に飽きてしまうのに時間はそれほど掛かりませんでした。

子供でもいればまた違うのでしょうけれども夫は子供を欲しがりませんし、本当に同世代の友達なんてものはできるわけなく、

趣味系のサークルに出かけても、すでに地元の方たちでのグループができていて、

なかなか混ぜてはもらえず(本当、閉鎖的な人間関係にはげんなりです)、

夫以外とは丸一日誰とも口も利かないという日も珍しくありませんでした。

今年の夏のことです。

退屈しのぎに、よく市立図書館で本を借りてたんですが、

その帰り道、国道沿いにネットカフェがオープンしたのを見つけ、チラシをもらってきました。

パソコンには興味があるのですが、夫は自分のパソコンを私に触らせてもくれず、

毎日職場に持っていってしまうので、流行のSNSとか、やりたくてもできず、

ネットカフェで自由にパソコンが使えるというのは、すごく魅力的でした。

【熟女体験談】旅行先で妻のスカートの奥を覗き込む男たちを発見し、ビデオで撮影されながら犯されている妻の横で興奮する夫

kage

2018/12/14 (Fri)

事は先日妻と2人で北海道旅行へ行った時に起きました。

予約でいっぱいのフェリーに乗ったため、2等しか取れなかったのがそもそもの始まりでした。

夜に東京を出発した船ははとんど満員の状態です。

嫌がる妻を連れて船内に入りましたが、そこは寝る場所も無いほどの状態です。

取り合えず荷物の場所と2人で寝れるスペースを確保しましたが、夜半とはいえ船内はむんむんと暑苦しく、とても寝れる状態では有りません。

妻の提案で船内を散歩することにしました。

「あんなとこでザコ寝するの嫌よ、若い子とか一人で旅行してるような人ばかりじゃない。」

「そんなこと言ったって予約しないで乗れたんだからラッキーだと思わなきゃ。」

私はそうして妻をなだめ船室へ連れ戻しました。

時間は深夜1時を過ぎ、大半の客はすでに寝ています。

私達も狭いスペースながら寝ることにしました。

寝苦しさと起きている人の話し声が気になりましたが、疲れもあって寝つくまで時間はかかりませんでした。

夜中に目が醒めたのは暑さのせいでした。

掛けていたタオルケットもはだけて隣の妻が寝ています。

着替える訳にもいかなかったのでワンピースのまま寝ていたのですが、スカートがはだけて太股が露にになっています。

その時でした、妻の足の方に枕を置いている30歳半ばの3人組の男が妻のスカートの奥を覗き込んでいたのです。

【熟女体験談】ロレツも怪しいぐらい酔っているおデブなおばさんを車で自宅まで送る間に中出しカーセックス

kage

2018/12/14 (Fri)

取引先との打ち合わせが長引き、
やれやれと思いながらコインパーキングに向かってるとおデブなおばさんが千鳥足でボテボテと歩いてました。

かなり飲んでるな・・・と思いつつ横を通り抜けようとした時にドテ!っと跪いき(コケ)ました。

おいおい、大丈夫かよ・・・声を掛けて手を差し伸べます。

ロレツも若干怪しいぐらいの酔いっぷり。

駅の方向がわからないとか。

話をしながら一緒に歩き、若干の下心を隠しつつ「じゃあ送ってあげようか?」と言うと大喜び。

助手席に乗り込みとさっきコケた時にパンストが破け膝からにじむ程度の出血。

絆創膏を渡してあげると、パンストを脱ぎ始めました。

真っ白な太ももが露になり、若干の下心が本格的な下心にレベルアップ。

車を走らせながら、しばし会話を。四十路でバツイチ、子どもは無いOLだとか。

学生時代の友達と飲んだ帰りだそうで。

ほんの10分ほど、返事がないなと思ったら夢の中へ落ちてました。

走りながら、膝の上に乗せてるバッグをそっとベンチシートの真ん中に。

信号待ちの時に少しだけ背もたれを倒しました。

車を進めながら太もも辺りに手を乗せます。

【熟女体験談】農家に婿に入り、老婆な義母とほぼ毎日SEX

kage

2018/12/13 (Thu)

朝、義父と義母の話し声で目が覚めました。

二階から降りて行くと、既に義父は庭先で農機具の整備。

義母は朝食の後片付けをしてました。

洗い物をしてる義母の尻に朝勃ちチンポを押し付けると、俺に気づき

「トシちゃんおはよう(笑)…ダメよ…お父さん庭に居るから…」

「おはよう」

70代の老婆な義母に後ろから抱きついて肩越しに頬ずりすると、

老女な義母は振り返る様に顔を向けて唇を合わせます。

唇を合わせたまま、義母の乳を弄りワンピースを捲り上げ、

パンティーの中に手を入れマンコを弄ると

「ダメだってぇ…お父さんが…」

そんな義母の手は俺のパンツの中に入って勃起したチンポを握って扱いてました。

義母を丸裸にして俺も裸に成り台所の床で義母を上に69。

不意に、義父が玄関先から義母に呼びかけてきました。