FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】目隠しを取るとそこには○学生が…

kage

2015/05/30 (Sat)

40歳独身の小学校に勤務する女教師です。女教師というと、みなさんエッチな想像をするかもしれませんが私は地味で大人しい性格です。学校でも動きやすさを優先してジャージにトレーナーやパーカーなんかを着ていて、派手な服装はひかえています。

顔はフジテレビの女子アナの佐々木恭子さんに似ていると何度か言われた事があります。体型は歳も歳ですから、若いころと比べてそれなりに脂肪もついてきました。ただ、今でも子どもと一緒に体を動かしているので、決してデブではありませんよ。まあ、セクシーさとは無縁の私ですが、今付き合っている彼からは、かえってそれがいいと言われています。

本題に入る前に、今付き合っている彼について紹介します。彼は1つ年上の同じ学校で働く同僚です。仕事もでき、保護者からも信頼されていて、同業者として尊敬できる人です。基本的にやさしい人なのですが、セックスの時になると少し変態というか、普通ではなくなります。

彼は子どもの頃にそうとう早熟だったらしく、初体験は小学校6年生の時に、若い女の先生を相手に済ませたそうです。半ば強引に体の関係を持ったらしく、初めて話を聞いたときにはとても驚きました。

そんな彼ですから、セックスは彼が小学生になり、私が子どもに犯される女教師というシチュエーションでする事が多いのです。仕事帰りに私の家に行き、学校で着ている服装のままでするのです。セックスの最中、彼はずっと私を「先生」と呼んでいます。「自分のクラスのお気に入りの男子を想像してみろよ。」とか言われると、私もその気になってドキドキしてしまいます。私は今、6年生の担任をしているのですが、小学生とはいえ大人顔負けの体格の男の子もいて、確かに非現実的な話ではないのです。

去年の夏にはちょっと変化をつけて、体育の水泳の授業をイメージして、実際に着ている水着なんかでした事もありました。とにかく、普通にするより、そういうセックスの方が興奮するらしいのです。その彼に想像もしてなかった、衝撃的な経験をさせられてしまいました。

それは、今年の春休みの事でした。仕事が一段落した私と彼は、外で食事をした後、ラブホテルに向かいました。この日は彼の提案で、卒業式や入学式の時に着ているスーツ姿でセックスをする事になりました。「タイトスカートにストッキングがいかにもなんだよなあ。」と彼はギラギラした目で言いました。彼はエッチでマセた子どもになりきり、女教師である私のスカートをまくろうと攻撃をしかけてきました。

私も、「自分のクラスの子ども達にこんな事されたらどうしよう‥‥。」なんて想像しながら、ベッドの周りを逃げ回り、彼の手を必死で払いのけました。しかし、最後は体力で勝る彼につかまり、ベッドの上に押し倒されて、凄い勢いでスカートをまくられました。「やったぞ、先生のパンティを見たぞ!」と子どものようにはしゃぐ彼の言葉に、「○○くん、やめなさい。先生にこんな事しちゃダメッ!」とこたえる私。2人とも演技を通り越して本気でなりきっています。この日は更に手足を縄で縛られベッドに固定され、目隠しまでされてしまいました。

「どうだ、俺の顔が見えない方が興奮するだろ。」と彼が私の耳元で囁きました。確かに彼の言うとおり、私は頭の中で自分のクラスの男の子達の姿を思い浮かべていました。身動きが取れない状態の私の身体にむしゃぶりつき、一気に挿入してくる小学生の彼。興奮が高まり、2人ともあっという間に昇りつめてしまいました。

ハアハアと荒い息で余韻に浸っていた私でしたが、間髪入れずに彼が2回戦を挑んできました。今日はいつもより元気だなと思っていた私ですが、すぐに違和感を感じました。「これ‥‥、彼じゃない!」と私は直感的に思いました。私を愛撫する手はあきらかに小さく、上にのしかかる重さもいつもの半分くらいしかありません。肌の感触もすべすべして大人の男性とは明らかにちがう感じです。「もしかして、子ども‥‥?」と想像し、私は一気にパニックになってしまいました。

すると少し離れたところから、彼の笑い声が聞こえてきました。たぶん彼の手によって私の目隠しが外されると、見た事もない小学校5,6年生くらいの裸の少年が私の上にいたのです。「何、何なのよ、これ!」と叫ぶ私。横を見ると彼がビデオカメラで私と少年のセックスを撮影していました。もう何が何だかわからず、「いや~、やめて~!」と言うしか私にできる事はありませんでした。163センチメートルの身長がある私より、10センチ以上は明らかに小さく華奢な少年でしたが、縛られているのでまるで抵抗はできません。

少年にとっては初めて見た成熟した女性の身体だったのでしょう。もう興味本位で私の胸やお尻、そしてアソコをいじりまわしました。力の加減はメチャクチャでしたが、この異常なシチュエーションに私の身体も過剰なまでに反応しました。大人の女を好きなようにできる状態に、少年はどんどん男の表情になっていき、私は恐怖すら感じる程でした。「すげ~な。やっぱりガキでも男だぜ。おい、坊や。そろそろお前のビンビンのオチンチンをこの先生のマンコに入れてやれよ。」と彼が促しました。

少年は私と彼の交わりを見ていたのでしょう。少し手間取りながらも、包茎気味のオチンチンを私のアソコに挿入してきました。少年は凄い勢いで腰を動かしてきます。明らかに彼より小さく細いオチンチンでしたがガムシャラで元気いっぱいの出し入れに私はあっという間にイカされてしまいました。意識がとんで、あまり記憶がないのですが、少し後に少年もイッたようでした。私の目から一筋の涙がこぼれ、まくらに落ちていきました。

その後、彼と少年が順番に交代で私の身体を抱いていきました。彼が見せた体位を少年が真似をする。まるで、私の身体を使った性教育の授業のようでした。少年は回数を重ねるにしたがい、持続力も長くなり、最後の方になると自信満々に私の身体を弄ぶのでした。「坊や、なかなかやるな。おじさんの子どもの頃とそっくりだぞ。」と彼はうれしそうに言いました。少年も満更ではない表情で照れくさそうに微笑みました。

彼は以前から、私の相手ができる少年を探していたようです。さすがに私達の勤める学校からはまずいと考え少し離れた町に住む小学校6年生の少年を見つけてきたのです。少年はとてもセックスに興味があったらしく、自分の母親や担任の女教師の事を思い浮かべながらオナニーにはげんでいたそうです。自分のやりたい事ができけっこうな金額のお小遣いももらえたそうなので、喜んで彼についてきたのでした。

何だか騙されたようで、少しの間彼との関係がギクシャクしたのですが、結局時間の経過とともに2人の仲はもとに戻っていきました。しかし、学校が普通に始まってからというもの、クラスの男の子達の事を変に意識をしてしまう自分がいて怖くなります。私の事を考えてオナニーとかしているのかと思うと、授業中にもかかわらず少し興奮してしまうのです。彼は夏休みにまたやらないかと誘ってくるのですが、強く断れない自分がいるのです。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する