FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】超デカチンの兄が、口うるさい母をヤったときのこと

kage

2015/05/27 (Wed)

家は両親と大学生の兄と専門学校生の私と中学生の妹の5人家族です。
私はいわゆる不良娘で、ほとんど学校には行かず渋谷あたりで遊びまわり、
たまにしか家に帰らない。
母が口うるさくウザく、顔を合わすと口喧嘩になるからです。

兄は私以上、母とは仲が悪く、小学生の頃はよく叩かれていました。
妹だけは真面目で素直なので両親に可愛がられています。
母の実家は金持ちで、家も祖父母に建ててもらったので、
父は母に頭が上がらないのです。
さらに子供のことは無関心。そんなわけで家で一番の権力者は母です。

半年前、久しぶりに家に戻って自室にいると、
隣の兄の部屋で兄が女を連れ込んでセックスしていたのです。
ギシ、ギシ、とかすかにベッドがきしんで、あんあんと女の声が聞こえて、
また連れ込んでる、と呆れていました。
私が居るときはいつもなので、週に何度ものようです。
兄の相手はほとんどプロの女です。
というのは、兄のペニスはばかデカイからです。
以前、兄に迫られてセックスしようとしたけど、デカすぎて入らなかったのです。

無理したら裂けそうでした。
亀頭は子供の拳くらいで陰茎は牛乳ビンほどで25センチ以上ありそうでした。

そんな兄もどういう理由か最近女に不自由しているようで、
一月前、夜遅く家に帰ると兄が両親の寝室のドアのところで
中を覗いてデカイちんこをむき出してシゴイていました。
父と母のセックスを覗いていたのです。
私は気づかれないよう二階の部屋に行きました。

次の日、目がを覚ますと下で母と兄が激しく言い争いをしていて、
しばらくするとドタンバタン、ガシャンと取っ組みあいが始まりました。
二人とも私が帰宅しているのに気づいてないようで、
大声で罵りあい組み合っている。

150センチの母はアメフトをやっている190センチの兄に、
果敢に立ち向かっているようでした。
私は寝起きが悪くぼおっとしていると急に静かになったのです。
そして兄がドスドスとゆっくり二階に上がり、
部屋に入るとドサッとベッドに何かを落としたのです。

気になってドアごしに兄の部屋を覗きました。
窓きわのベッドには下半身だけ裸にされ、放心状態の母が横たわっていました。
ベッドのそばに仁王立ちした兄が母に何か言うと母は兄の方を向きました。
兄がパジャマのズボンをさっと脱ぐと母が驚いたように目を丸くしました。
父の何倍もあるバカデカイものを見たのだから当然です。
兄はベッドに上がると手慣れたように母の太ももに抱えて尻を持ち上げ
母の腰下に枕をあてがって、
母の両足を肩に担ぐと母を二つ折りに覆い被さりました。

母は無抵抗ながらも兄に抵抗するかのようにカッと兄の顔を睨み付けていました。
兄も母の顔を見ながらゆっくりと腰を落としたのです。
母は兄の巨大な肉の塊が入った瞬間、固く目をつむり口をへの字に曲げ、
歯をくいしばり苦痛に顔をしかめました。グオオンと母がうなり続けました。
兄は母の苦しそうな顔を見ながら更に腰を落としました。

しばらくするともう母の膣の最奥に達したのか兄の腰が止まりました。
まだ兄のペニスは10センチほど入り切らないので、
兄は一旦腰を引くと素早く腰を落としたのです。
うわー、と母は大声あげ、顔を左右にふり手で兄の背中を激しく叩きました。
兄はそんな母の反応を楽しむかのように、
更に力強くスピードを上げて突きまくりはじめました。
母は兄の体の下で目ぱちくりして口をパクパクさせて、
大型犬のようなうなり声をあげていました。
射精が近づいたのか兄が力いっぱい突き入れると、
とうとう巨大な肉の塊が全て母の体内に入ったようでした。
兄は入った入ったと歓喜の声を上げて母に腰を強く押し着けたまま
母の両足と顔を抱えこみ尻をひくつかせて放精したようでした。
母は兄の大きな体のしたでつきでた手足をひくつかせていました。

凄いセックスで私は呆然として静かに部屋に戻り気を落ち着かせようと
買い物に行きました。三時間して家に戻ると玄関入るとまだやっているようで
ベッドが壊れそうなほどガンガンと壁にあたる音と、
母のわめきたてる大声がしたので、また外に出ました。
夕方、7時に戻ると、父と兄がテレビを見ながら食事していて
母は普段通りキッチンでおかずを作っていました。

5日ほど昨日まで友達の所に居たけれど家族は何もいいませんでした。
その日以来、家の主導権は兄ににぎられ、
母は毎日兄の巨大ペニスに突きまくられているようです。
父が出張で留守の日は昼ばかりか夜もしているようです。

ちなみに母は57歳、兄は22歳です。
兄は母方の祖父の会社に入るので就活はしていません。
今は母が兄の女になったので、他の女には興味がなくなったようです。
母も少しおとなしくなり、私も家に戻っています。
隣の部屋のセックスを邪魔しないよう昼は出掛けます。
学校にも行っています。

尚、父はまだ何も知らないようです。母とたまにセックスしているようです。
でも今は父のペニスでは母は何も感じないみたいです。
先日父母のセックス見たので分かりました。母はマグロでした。
兄のもので臍の近くまで突き込まれたら、
父のペニスでは遥かに届かないし太さの圧迫感がまるで違うから。
でも私はそうならないよう、あまりデカイのはさけたいです。
兄には絶対やらせません。
関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する