FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】体験は太ったおばさん

kage

2015/05/27 (Wed)

自分は23歳で童貞で、とあるサイトで熟年のカップルさんに知り合いました。
男性Kさんと女性Mさんというそうです。Mさんは51歳、かなり太めの女性だという話でした。
しばらくメール等でやり取りしていてKさん同伴のもとで
Mさんに筆下ろししていただくことになりました。

そして当日予定通りの時間、場所で待ち合わせ。
写メの交換等はしていなかったため、
目の前で電話をする羽目になってしまいましたが。
実際に会ってみた男性Kさん女性Mさんは想像以上に
普通のおじさん、おばさんといった感じでした。

その後軽い食事と雑談を交えホテルへと向かいました。

(ほとんど自分が質問に答えているだけでしたが・・・)
ホテルへ着いた後は順番にシャワーを浴びるのと、
その順番待ちの間、店ではできなかった下の方の話も色々としました。
シャワーを浴びる時、荷物は手元に置いておいた方がいい等アドバイスを頂き、
かなり遊び慣れているようでした。
そしてKさんの観察、指導のもと筆下ろしが始まりました。

Mさんの身体は太めの50代らしく全身の肉はたるんでいて乳首も黒く、
アソコも少々グロテスクでした。
ですが自分にはその豊満な身体がとても魅力的に見え、興奮して勃起しっぱなしでした。

ベッドに押し倒され覆い被さられるといきなりキスをされ、
口の中に舌が入り込んで来ました。生まれて初めて母親以外とするキス、
それもディープキスだったので頭が真っ白になりそうでした。
キスをしてる間に全身を手で撫で回され愛撫されましたが焦らすように股間には触れません。
少しするとMさんの手が股間に触れ「あっ」と情けない声を出してしまいた。
Mさんは「可愛い」と言って手で扱き始めました。
当然自分以外の人にされるのなんて初めてなので数秒持たずに
「あっあっ出るぅ」なんて声をあげてイッてしまいました。

申し訳ないやら恥ずかしいやらの気持ちでしたが「少し休んだらまたしよう」
と言われMさんはKさんとペッティング?を始めました。
しかし一回射精してどこか冷静になってしまったのか、
他人のプレイを間近で見るのって想像以上につまらないなぁ、
Kさんは見ていて面白いのかなぁなんて考えてしまっていました。

しばらくするとまたムラムラとしてきてビンビンになり
それを見たMさんが「じゃあしよっか?」とまた覆い被さって来ました。
ガチガチなった股間に触れ「若いね~」と言いおもむろに体勢を変えました。
69の体勢です。目の前がグロテスクなMさんのアソコで埋め尽くされ
「舐めて」と言われ何の抵抗もなく舐め始めました。
無味、でしたが何とも言えないような臭いがしました。
しかし自分が女性のアソコを舐めているという事実に非常に興奮し夢中で舐め回しました。

突如股間が温かい物に包まれるような感覚が来ました。
おそらくフェラをされているのでしょうが自分からは全く見えません。
非常に気持ちよく腰がガクガクとしてしまい、クンニをする所ではありませんでした。
またすぐに出そうになってしまいましたが
すんでの所で止められてMさんがこちらに向き直りました。
「生がいい?」と聞かれ自分は二つ返事ではいと答えたらいきなり根本まで挿入されました。
「あっあっあっあっ」と終始喘ぎっぱなしでした。
初めて味わう女性の膣内は非常に暖かく絡み付いてくるようで心地よかったです。
Mさんの身体中の肉という肉がたぷたぷと揺れていて、さらに興奮しました。
Mさん以上に自分が喘ぎまくり数分も持たずMさんの中に射精しました。

その後はしばらく引き抜かずに抱き合い、満足感と余韻に浸っていると、
Mさんが「いっぱい出たかな?」と引き抜きました。
さすがに精液は垂れて来ませんでした。

そしてしばらく感想やら何やらの雑談。
また元気になったので二回戦となりました。
「今度は上になってみる?」と言われましたが、
自分はバックがやってみたかったのでその旨を伝えると
「難しいと思うよ?」とお尻を向けてもらいました。

目の前にはだらしなくたるんだ大きなお尻、自分が尻フェチなのもあり素晴らしい光景でした。
挿入するのに手惑い導いてもらいなんとか挿入。
相変わらず中は暖かく非常に気持ちいいです。
腰を振って打ち付けると尻肉がプルプルと揺れパンパンと音が響き、
これもまた興奮して騎乗位とは違う気持ち良さがありました。
今回もまた数分たたずに中に出してしまいました。

その後はまた雑談、しかし時間が押していて名残おしいですが
自分は帰宅することになりました。
お二人はまだホテルで楽しむそうです。

何度もお礼をし、自分はホテルを後にしました。
・・・もう、何というか自分の理想というか感動的な初体験でした。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する