FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】近所のオバサンのパンツを盗んだら童貞喪失

kage

2015/05/25 (Mon)

中学2年のとき、近所のおばさんの干してあったパンツを拝借した。
すぐにおばさんが家にやってきて、怒られるかと思ったら、
「おばさんのパンツなんか盗んでどうすんの?」と聞いてきたので、
オナニー使用としていたことを伝えた。

「洗ったパンツじゃ、臭いもしないよ」とスカートを捲り、
その場でパンツを脱いで渡してくれた。
おばさんのマンコの匂いが付いたパンツを嗅ぐと大きく勃起。
すると、おばさんは「パンツ脱いで横になりな」と言うので、
そのとおりにすると、顔の上に跨ってチンポを舐めてくれた。
目の前にある、おばさんの毛深くて大きなビラビラの臭いマンコを舐めまわすと、
数分でおばさんの口の中に射精してしまった。
その後もおばさんのマンコを舐め続けると、また勃起。
おばさんに「マンコに入れさせて」と言うと、おばさんの家に連れて行かれた。

布団を敷くと、おばさんも全裸になり、仰向けの私の勃起したチンポに
「これ付けないと妊娠しちゃうからね」とコンドームを付け、
おばさんが跨って騎乗位で挿入してくれた。
初めてのマンコへの挿入で、温かく、
柔らかくてまとわり付くような感触にすぐにいきそうになると、
「いいよ、出しな、いっぱい出しな」と
垂れたおっぱいをブルンブルン振り回していかせてくれた。

しばらくそのままで、おばさんがキスをしてきて舌を入れられると、
おばさんの唾の匂いで興奮しまた勃起。
「すごいねー、また勃ってるの。もっとしてあげようか」
と再びおばさんは腰をくねらせ始めた。
おばさんも「あっ、あっ、あぁいい」といやらしい声を出して腰を振り続けるた。
「おばさん、また出るよ」
「もう少し我慢して、おばさんもいきそうだから」
おばさんの腰の動きが激しくなり、我慢できずに射精すると、直後におばさんも
「ああっ、ああっ、いく、いく、いっくぅぅぅーーーっ」と大声を上げていったようだった。
ピクピクと痙攣させながらチンポを抜く瞬間、おばさんは「ああーっ」と声を上げた。
コンドームを付けていたが、おばさんのマンコからは白いものが大量に出ていて、
それを舐めると甘酸っぱかった。

その後、高校を卒業するまでの5年間はおばさんにはとてもお世話になった。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する