FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】彼女と彼女のお母さん、1日で2人とセックス

kage

2015/05/01 (Fri)

小学校5年生のときの話です。
当時隣に住んでいた由貴子は母子家庭のためか、
転校してきて以来ずっといじめられていました。
僕はそんな由貴子がかわいそうで、帰宅したあとはいつもふたりこっそりと
彼女のうちで漫画を読んだりゲームしたりしてました。

ある日いつもは夕方に帰ってくる彼女の母親が帰りが遅くなるという電話があったので、
一度帰宅したあとにこっそりの彼女のうちへ行きパジャマでテレビをみてました.

彼女のパジャマは薄手のブルーのワンピースでいつものようにいたずらで
スカートをまくるといつも必ずはいているスパッツはなく、小さなパンティが見えました。

急に互いに恥ずかしくなってきたのに、どんどん興奮してゆっくりと唇を重ねました。
同時に僕の手はユキコの胸、そして下腹部へ伸びていきました。
「触ってもいい?」と聞くと、「パンツだけだよ。」というので、
ずっとアソコを撫でていたのですが、
我慢できなくなり股の部分から指滑らせるとうっすらとした毛の感触と同時に
パンティがじっとりと湿っていることに気づきました。

「タカ、やめて。これ以上は・・・」と指の進入を拒むユキコの手にはすでに力はなく
一気にワンピースをまくりあげるとぷっくりした肉唇を鼻で押し開け
石鹸の香りがするオマンコへ舌を捻じ込みました。

「ダメ・・・ダメ・・・やめて」と懇願するユキの口を手でふさぎ、
浅い知識でしか知らない挿入を試みようと、まだ包茎のちんぽを小さなオマンコへ埋めようとした。
ユキももう抵抗はせずゆっくりと身を任せていたが、
思うように入らず割れ目とクリトリスを滑らせてるうちに愛液が滲み出し、
ヌルっと先が入ったかと思うとズズズブブとどうやっても入らなかったのに一気に根元まで貫いた。

ユキが痛みであっと叫んだ瞬間、彼女の母親が酔って帰ってきた。
感激の余韻も冷めぬうちにふたりでお風呂場へ逃げ込んだが、そこへ彼女の母が入ってきた。
「遊びに来てたの?けど遅いからもう帰らんとあかんよ」

てっきり怒られると思ってたが、拍子ぬけした。
その後母親も一緒に入ってきて、アパートの小さいお風呂はいっぱいになった。
僕とユキはすっかりのぼせてしまい、先にユキがあがったが僕はお母さんに
洗ってあげるとひき止められた。

ユキのオマンコと違い、お母さんのオマンコはかなり黒々としており
正直興奮しなかったが、湯船からあがる瞬間、
目の前にお母さんは太ももを開き濡れたバラのような肉襞が見えた。

僕は立っていることを感づかれないように股間を抑えていたが、
お母さんは僕の背中を洗いながら「タカちゃん、ユキとエッチなことしてたでしょ?」
心臓が破裂するかと思いました。
動揺した僕をお母さんは、自分の正面に向かせこういった
「ユキはタカちゃんが好きなの。だけど、こんなことしちゃダメ!
もう一緒にお風呂入ったりしちゃダメだよ。わかった?」
どうやらセックスしようとしてたことは気づいてないようでした。
ほっとした僕はもうしないと約束しました。

しかし、今度はお母さんのオマンコを見てどんどん大きくなってしまいました。
かなり酔ってるらしく目が座ってたお母さんはそんな僕のようすを見て、
「タカちゃん、女の体に興味あるんか?ウチのやったら触ってもええよ。」
と僕を手をとりおっぱいへ導きました。

当時のつたない知識では乳首さえ触れば女は感じると思っていたので、
これでもかと捻りまわしましたが、「痛い、痛い、もっと優しくして」
といいながら僕のチンポをギュっと皮のむけるほうへひっぱりました。

僕もおもわず「いたいいたい、おばちゃん離して!」と叫んだら、
お母さんは「ごめんな~今治してあげるから」と僕をあお向けに寝かせ、
皮が半分以上むけたチンポを舐めはじめました。

敏感になってて正直、痛きもちいい状態でしたが、
僕も興奮してお母さんのオマンコを触ろうとしましたが届きません。
なんとか触ろうと夢中になって手を伸ばしますと
お母さんが少しずつ下半身を僕を方へずらしてくれました。
ようやく手が茂みに触れたかと思うと、お母さんはすっと立ち上がってしまいました。

「タカちゃん、今ちんちん治してあげるからな」というとお母さんは
完全に剥けてしまった僕のチンポをオマンコへ入れてしまった。

そのときのお母さんの顔をとても優しく・・・しかし怖かったです。
ユキの時とは違い、敏感になっているので、
お母さんがヌチャヌチャと動くたびに狂いそうな刺激が走り、
射精したあとのことは覚えていません。

気が付いたら、裸のままでユキの布団の中でした。
心配そうに覗き込んでるユキと軽いキスをしたあと、僕は窓からうちへ帰りました。
その後、ユキとは約束どおり高校生までセックスは我慢しましたが、
お母さんとは月2,3の割合でセックスを堪能しました。

しかし18のときにお母さんとユキがほとんど同時に妊娠したことで、僕とお母さんがデキてたこと。
またユキが僕以外の男とセックスしてたことがわかり、別れることになりました。
僕が隣の県へ進学すると同じ時期に彼女たちは再婚で引越していき、
去年、偶然再会したお母さんと現在不倫しています。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する