FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】近親相姦めいた未遂?

kage

2015/04/13 (Mon)

〝後バレ筒抜け〟と云う言葉があるかどうかは判らないが、
そうとでも…云うより無い昔の辱しい思い出がある。

それは

〝その時点では自分だけの内面的な秘密で、他人には判りっこ無い〟

と、思ったことが、後になると

それは人間なら誰もが経験していることで、

僅かな動作や表情からでも容易に読み取れることだった…と云う

〝突然丸裸で街頭に立たされた〟ような、惨めな晒しものの

顔が熱くなる辱しさなのである。
話は近親相姦めいた未遂?の話だが、

それには個人的な事情と時代の背景がある。

勿論悪いのは自分で無知で無恥な行為なのだが、

それは私の少年期の終わり…

青年期の入り口での話である。

他の記事にも書いたことだが

私は幼児期に父を亡くし、

お袋は女手ひとつで私を育ててくれた。

それに十代の後半は戦争末期の言論統制から、

戦後もまだ性の解放など行われ無い、性情報の乏しい時代であった。





そのお袋も大分前に亡くなったが、

当時私は十代前半の中学時代に精通を体験していたとは云え、

まだ精神的には子供だった。

精通も猥ノートの描写を盗み読んで射精したのだが、

それは頭の想像だけで、

私自身まだ身体で実際の女性との交接は経験してい無かったから、

身体の芯から起こる性の衝動に基づいたものでは無かった。

話はそんな赤ちゃんに毛が生えた程度の男が、寝床でお袋に甘えた処から始まる。


昭和二十年代には私は十代後半だった。

家は焼け出されお袋はある大会社の男子寮の寮母を遣りながら、

その部屋の一つの六畳間に私と住んでいた。

私はいつも部屋の奥に床を延べて早めに横になるが、

お袋は11時頃まで寮生が話しに来ることがあるので、床を取らず

私の布団の左側に潜り込んで、身体を休めウツラウツラしているのが日常だった。

そんなある日私はふと隣で寝ているお袋の乳に触りたくなった。


戦災前は私の家にはまだ自宅に風呂場が無く、

銭湯に行くのに身体が小さかったこともあり、

中学の始め頃までときどきお袋と一緒に女湯に這入ることもあった。

つまり私にはお袋への異性意識は無いし

お袋もまた小学生まで乳をシャブっていた私をいつまでも幼児扱いしていた。

そんな情況である晩例によってお袋が私の左側に寝ていた。

私は左側のお袋の方へ寝返って、横向きにまるで胎児のように丸くなっていた。


膝を屈め両コブシを胸の前に合わせてお袋を見上げると、そこには懐かしい胸がある。

お袋は眼を瞑っているのでそのままそっと右手を伸ばし、

少し寛げている胸の合わせ目に手を差し込んだら、

途端に「バカねぇ…」と云われた。

ビクッとして手を止め少し上目使いにお袋を見ると、

お袋は怒っているので無く、ニコニコと笑っている。

なんだそういうことか…と奥まで手を入れると懐かしい軟らかく温かい乳が触った。


そう…思えばもう何年もこんなことをし無かったなぁ…と思う。

お袋は真夏はアッパァパァと云っていたワンピースを着るが、

その他の時季は大概着物である。

寝巻きは古い浴衣に紐で無く、伊達巻と云う細幅の柔らかい帯を締めている。

そのときはまだ本帯を解かずにいたので、

胸は締まっていて手は差し込むだけだったが、

それでも素肌の胸は気持ち良く私はそこに手を差し込んだまま、

いつの間にか眠りに落ちて行った。


一度そんなことがあってからは毎回では無いが、

私は寝ていて触りたくなると勝手にお袋の胸に手を差し込んで、

お袋の軟らかい胸の感触に安らぎながら眠ることが多くなった。

その内あるとき少し着付けが弛んでいることがあって、

差し込んだ右手で乳房を包むように触ることが出来た。

そうなれば当然右手の中指が乳首に触れ、

その乳首を横に転がしたり回し撫ぜたりして

人差し指や薬指の間に挟んで弄くることになる。


その感触は何故か気持ち良く、

その内に私はそれで安らぐよりも

〝その感触を愉しむ〟ようになった。

あるときふと気が付くと、その最中にお袋の乳首が固くツンと立っていて、

その触った手応えがまた堪らなかった。

触りながらソッとお袋の顔を窺うと、眼を瞑り固く口を結んで寝ている。

まあ寝ているのならイイか…と、

私はそのまま指先で

〝お袋の知ら無い私だけの勝手な愉しみ〟のツモリで手を動かし始めた。


私も結婚後は女房の乳房の反応を見たり、

また他の女性の自慰の告白を読んだりして、

女性の乳房は弄くられて平気なほど鈍感じゃ無い…と云うことが判ったが、

自分が性的に未熟という時期は怖いものだった。

そのときは全く〝眠ったお袋の乳で密かに愉しんで〟

いたツモリなのだから浅ハカである。

ただ一回その最中に、お袋が額に皺を寄せ

息を荒く口を半開きにしたので〝妙だな…〟と思ったことはあったが…。


そんな〝私だけの密かな愉しみ〟(のツモリ)は更にエスカレートする。

他の記事にも書いたが

私は精通後にマス…それも〝布団への擦り付けマス〟が常習化していた。

それまで流石にお袋と同衾しているときは控えていたが、

あるときお袋の乳首を弄っている内にペニスが固く勃って来るのに気付いた。

そうなればもう右手をお袋の懐に入れたまま、身体をうつ伏せにし

〝擦り付けマス〟をするより無いではないか…。


当時の私は頭で

〝お袋は女だから男の生理…、それもマスの掻き方など判るまい〟

と、思っていた。

しかしこれも結婚してからの実感は、

この世に私が存在すると云うことは、

〝絶対に親父とお袋がシコシコ腰を使った〟

結果なのだ。

お袋がこの

〝擦り付けマス〟

を見れば

〝アッマスだ!〟

と、判る筈なのである。

その上お袋は別項の「貞節」のように、

自分もあのリズムでマスを掻いて気持ち良くイッていたのである。


だからこの話はこうなる。

始めお袋はこう考える。

息子が十代後半になって自分の乳に触って来た、

〝しょうが無い子だねぇ…〟

〝でもそう云えば何時から触ら無くなったのかしら…、

ま…いいか少し経てば本当に、もうこんなことは出来無くなるんだし…〟

〝アッ…イイ気持ち乳首が立って来ちゃった…、

でも息子は子供だしまだ女の生理は判ら無いだろうから…寝たフリをして…、

アッ…もう濡れて来ちゃったじゃ…〟。



〝アァ…ダメあたしもアソコが弄りたくなっちゃったじゃない…、

あらイヤだこの子オチンチンを布団に擦り付けているわ…〟

〝だけど親子ねぇ…死んだお父さんに腰の使い方がそっくりで…懐かしいわ〟

〝あぁら…息を荒くしてもうイクのね…、

子供だと思っていたら

何時の間にかこんなことを覚えて…〟

〝そう…あたしもシタイ…、この子と一緒に…今なら一緒にイケるわね〟

〝アッアツ…そうよ…あたしも今…アゥッ…〟。


この話はまずイイ年で母親の乳房を欲しがる息子のマザコンが浅ましい。

それを好きに弄らせている母親もオカシイ。

その上スッカリ筒抜けなのも知らず、お袋の乳首を転がして

〝擦り付けマス〟に夢中の私自身がスゴク辱しい。

そして息子の指で乳首を立てて恐らく絶対に濡れていた筈のお袋…。

まぁ…一緒にイッたは妄想だが、もしそこまでヤッて呉れたのなら、

長い空閨への僅かな代償で少しは気も休まるのだが。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する