FC2ブログ
2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

【熟女体験談】同窓会で会った元カノであり人妻と不倫セックス Part2

kage

2015/02/26 (Thu)

会社に突然女性から電話がかかってきた。
「はいっ〇〇ですが・・・」
「充子の友人の美紀です私の携帯番号・・・・・・・・・ちょっとお話できませんか」
「いいですよでは」と電話を切り場所を変え携帯で美紀に連絡した。
「〇〇ですが・・・」
「あっはいっ美紀です。すいません会社に電話してしまって」
「突然どうしたんですか」
「充子からあなたとのこと聞きまして木村君とのこと聞いてますか」
「ええっ木村とのことを聞き驚きました大変だったみたいですね」
「踏ん切りがつかなくて一度お話しできませんか」

隣町の駅前で艶っぽく化粧して目立つ服装の美紀を車に乗せファミレスで食事しながら話し始めた。
「突然の連絡で驚きましよ」
「充子から不倫していると聞いてましたミニ同窓会の後のことを聞き不倫相手を追及したらあっさり白状したの」
「ル-ル違反ですよねお恥ずかしい限りです」
「充子が羨ましいわ綺麗になってやはり女性は愛され愛を注がれることで輝くものですものね」
「不倫ル-ルは秘密厳守ですから美紀さんも体の方は大丈夫ですか」
「はいっありがとうございますもうすっかり木村とは別れようと思っているのに忘れられなくて困ったものね
充子とはこれからも」
「不倫は秘密第一ですからこの先どうなるか分からないですよ旦那に疑われれてるみたいですし」
「私も早く木村君を忘れられるような新しい出会いを見つけないとね」

ファミレスを出る前に期待しながらバイアグラ50ミリをゴックン。
美紀を乗せ「時間もたっぷりありますからドライブして家まで送りますよ」と走り始めると外の景色を眺めながら
美紀が話し始めた。
「子供を堕ろしたのは2度目なのそれも同じ人の子よ産みたかったわ」
「驚いたな初耳ですよ木村も罪作りなやつだな」
「ル-ルは守らなくてはだめよね」
「そうですねお互いのため避妊はしたほうが男の立場として生中だしできるのは最高ですけどね」
「女も同じよあの瞬間と浴びせかけられる温もりは最高だわ」
「木村とは別れられるんですか」
「忘れさせてくれるような人どなたかお願いできますか」と美紀が艶かしい眼差しを向けて来た。
「充子も子供がほしいみたいもう離れられないと言っていたわ」
「でも旦那が気づいたみたいでもう終わりかも私は大丈夫妊娠させにくい体ですから」
「エッパイプカットしているとか」
「イヤァ~まぁいろいろ」と惚けたが美紀はいい勘をしている。
「今日はまだお時間はありますの」
「たっぷりありますよ別に予定はないですから」
喉の渇きを感じながら美紀も黙り前を見ていた。国道からICへ続くバイパスに入ると
「あれっ遠回りでもするんですか」
「時間もあるしもう少しドライブしたいと思って」と言い走り続けるとラブホ街が見えてきた。
美紀の手を握り「休んでいきましょうか」と誘うと「充子にわるいわダメッ」と俯いていた。
美紀の手を取り硬くなった股間に導き「これで忘れさせたいな」とつぶやくと美紀が見つめながら頷いた。

部屋に入り美紀にシャワ-を勧めると洗面台の前で服を脱ぎ始めた。
艶かしい腰を見つめ締まったウェストとほどよい大きさの乳房を眺めているとヘヤ-キャップを着け中に消えた。
美紀が「暗くして」と言うので薄明かりに絞るとバスタオルを取りベッド中に入ってきた。
抱き寄せ「美紀さん」とキスすると「美紀と呼んで」と抱きついてきた。
乳房を揉みながらキスを楽しみ生膣に触れると陰毛が剃られていた。
灯りを明るくすると「イヤッ恥ずかしいわっ」
「自分剃ったの」
「けじめのつもりよ旦那は知らないわ剃ってからはあなたが初めてよ」
初めてのパイパン生膣に指を這わせ中指を入れ弄んだ。充子より狭く指に纏わりついてくる感じであった。
乳首を舐め回し顔をパイパン生膣へ近づけ美紀をM字開脚させパイパン生膣を間近に鑑賞しゆっくりと舐めると
「アッアアッ~」と小さな艶声が聞こえ始めた。
クリトリスに吸付き舐め回すと一瞬ビクッと腰を震わせ「アッアアアッアアッ~イイッ~」と艶声が大きくなった。
生膣にも舌先を入れとたっぷりと味わった。
仰向けになると美紀が淫靡な口唇と舌先によるフェラを始めた。「久しぶりすごく硬いッ」とバキュ-ムフェラを続ける美紀の
腰を引き寄せ69を艶声の中楽しんだ。
美紀を仰向けにしM字開脚させて50ミリ効果の硬直した陰茎をパイパン生膣にあてがい
「ゴムつけようか」
「大丈夫でなんでしょう生がいいの」
ゆっくりと正常位で美紀のパイパン生膣に腰を沈めた。
「アッ~きッきついッアッアッイッ~」と美紀の大きな艶声を聞きながら締まるパイパン生膣を味わいはじめると
「忘れさせてぇ~」と抱きついてきた。
美紀の両足を抱えた屈曲位でパイパン生膣深く陰茎すべてを挿入し激しく突き捲くった。
「アアッ~あたるっ~あたってるぅ~」と腰を震わせてきた。美紀のGスポット子宮口に届いているようだ。
側位でも子宮に当たるほど美紀のパイパン生膣深く突き捲くると「もうっ~イヤァッ~すっすごいイイッいきそうっ~」
バックで少し下から突き上げるように美紀を楽しんだ。
「硬いっイイッ~アッアアッ~もうっもうっ~ダメェ~」
木村を忘れられるように屈曲位で美紀のパイパン生膣深く陰茎を押し込み締りを堪能しながら突き捲くり
「美紀いっしょにいこう」
「もうっいきそう~アアッすごいっイクイクッイクッ~中ッ~」と部屋に響く艶声を出し爪を立ててきた。
「美紀イクッ」
ドクッドクッドックンドックンドクドクッと精液をパイパン生膣深く子宮に浴びせかけるように射精した。
「すっすごイイッ~アアッ熱いッ~アアッ~イクイグゥッ~」パイパン生膣をビクッピクッと痙攣させてきた。
人妻充子では経験できない美味な痙攣パイパン生膣を美紀は持っている。

パイパン生膣深く射精し終え上体を起こすと50ミリ効果で陰茎が硬いまま生膣深く納まっていた。
「まだ硬いね」
「エッエエッ硬いわ」と美紀が微笑んだ。
「もう1回」とそのまま腰を動かし始めた。
「エッそっそんな~ウッ~ンアハッアアッ~」と美紀も次第に反応してきた。
50ミリ効果陰茎で屈曲位にして美紀のパイパン生膣を深く激しく突き巻くり
「もうっ~初めてェ~またイクイクッイッチャウ~イグッ~」
「美紀中に出す」
「アグァッ~イグゥイグゥ~イグゥッ~アアッ~」と艶声とともに美紀はパイパン生膣を痙攣させ奥深くに
再びたっぷりとザ-メンを受け入れた。
M字開脚の美紀からまだ硬い陰茎を引き抜くとドロッ~とパイパン生膣は2回分の精液を滴り出してきた。
淫靡な絶景である。

腕枕してやると
「すごかったわ生で抜かずの連発なんて初めて充子に悪いけど忘れられなくなりそうよ」
「美紀の締まるパイパン生膣も病みつきになりそうだよ」
「少し休もう」とまどろんだ。

目を覚ますと美紀が艶かしく見つめ頬にキスしてきた。
「寝ている間にシャワ-を使ったわねぇもう1度」
と甘えた声を出しながら淫靡な口唇で咥え込み始めた。
美紀のフェラを堪能しながらパイパン生膣をたっぷりと舐め吸い回していると
「もうっ入れるわよ」と美紀は騎乗位でパイパン生膣深く陰茎を咥え込んだ。
「アアッ~アッイイッ~」と艶声を出しながら腰を淫靡に動かし続けた。
3度目の余裕で体を入れ替え正常位、側位と美紀のパイパン生膣を堪能し屈曲位で美紀の両足が肩に着くほど折広げ
「美紀中に出すぞ」
「ずこいっもうっもうっ~またおかしくなっちゃうっ~」
美紀の艶声を聞きパイパン生膣の痙攣を味わいながらドックンドックンドクッドクッと至福の歓喜とともに美紀の中深くに放った。

美紀のパイパン痙攣生膣にのめりこんでしまいそうである。

家の近くまで車で送ると
「充子に内緒でまた会えるかしら」
「充子に絶対秘密にするなら」
「うれしいわ連絡するわね」
と艶かしく見つめながら手を握り返して降りていった。

旦那に気づかれたかもしれない人妻充子から離れ美紀との不倫に溺れそうな感じがしてきた。


---


とんでもない場面に出くわした。
あのSC駐車場で人妻充子を久しぶりに見かけた。車で近づき声を掛けようと思ったがこちらに気づかず誰かを探している様子。
そしてあの木村が現れ人妻充子が木村の車に乗り込んだ。
しばらく車内で話しているようであったが木村の車がSCを出て走り始めた。
見失わないように見つからないように離れて木村の車の後を走っていくと急にラブホの手前の路肩に停車した。
停まるわけにもいかず横を通り抜けラブホを過ぎたわき道で急ぎUタ-ンしラブホの手前の路肩に停車。
ハンドルの陰から見ると助手席の人妻充子がはっきりと見えた。
木村の車が動き出し人妻充子は俯いたままラブホの中に消えて行った。

「旦那が出張なの」と人妻充子から連絡が来た。

ラブホの部屋に入ると「久しぶり」と人妻充子が抱きついてきた。
シャワ-を済ませソファ-で待つと横に座り
「会いたかったわ」
「旦那が疑ってるんじゃないのか」
「今日は大丈夫よ」と艶かしい眼差しを向けてきた。
「木村から連絡は来るの」
「エッどうして」
「美紀と別れて再婚する木村がどうして充子に連絡してくるのかな思って」
「分からないけど美紀のこといろいろ聞きたいみたいよ」
「ねぇ~そんなことより」と人妻充子が抱きつきキスしてきた。
「充子木村に会ったのか」
「エッどうして会うわけないでしょ・・・」
「SCで充子が木村の車に乗るのを見かけたよ」
「エッ・・・」と人妻充子はみるみる青くなってきた。
「1度だけごめんなさい」と俯きながら小さな声で話し始めた。
「それで・・・ラブホに入って木村に抱かれたんだな」
木村への嫉妬心で陰茎が硬くなってきた。
「だめっいやって言ったのに無理矢理木村君が・・・」
木村とラブホに入る時の姿とは違うと思った。
「それから」
「ベッドで押さえ込まれて・・・ゴムつけてと言っのにそのまま生で・・・そして中に・・・」
「やはり・・・そうか木村のをフェラしたのか」
「ええっ・・・求められて・・・久しぶりだったし」
「何回木村を中に受入れたんだ」
「2回よイヤッダメッて言ったのよ」
「でも充子は艶声出して木村に2回も中だしされたんだ」
「もうっ~いやっ聞かないでお願い謝るから許して」
人妻充子は青ざめ泣き出しそうな顔をしていた。
「どうするこれから木村と付き合うのか」
「イヤッ別れたくない・・・あなたがいいの」
人妻充子の言葉を聞きながら最後のセックスにしようと思った。

ソファ-に浅く座りバスタオルを取り足を広げ陰茎を露わにした。
嫉妬心で硬くなっている。
人妻充子は無言で陰茎を掴むといつになく激しく口唇と舌を使い濃厚なフェラを始めた。
「深く咥えろ」
「うぐっうぐっすごいっ硬いっ」と淫靡なフェラを続けさせ
「木村のは硬かったか」と言葉攻めすると
「もうっだめっ」と立ち上がり跨ぐと硬い陰茎を生膣にあてがい腰をしずめてきた。
「ううっアッきついっアアッアッ~」と腰を動かしながら艶声を出しはじめた。
「木村の陰茎も生膣に咥えこんだんだな」
「イャァ~言わないで~イイッ~」と人妻充子は生膣深く陰茎を咥え込んだまま仰け反ってきた。
ソファ-に手をつかせバックで人妻充子の生膣を突き捲くりながら
「木村も生膣を突き捲くったのか」
「そんなぁ~イヤァ~」
腰を掴み生膣奥深く突きと
「アアッいっちゃう~もうっイクッ~」
ぐったりとソファ-に仰向けになった人妻充子の両足を抱え上げ屈曲位で
生膣深く挿入し突き捲くると
「もうっダメェ~いきそうっアッ~アアッ~」
「木村にも艶声を出して悶えたのか」
「イヤイヤァ~おかしくなっちゃう~もうっイクッイクッイグッ~」
眉間に皺を寄せ焦点の定まらない眼差しを向けてきた。
「木村の出した充子の生膣に出すぞ」
「イヤァ~イグッイグッ~イグッ~中にっ中に出してぇ~」
部屋に響き渡る人妻充子の艶声を聞きながら
「いくっ」ドクッンドックンドクッドクッと快楽に任せるまま人妻充子の
生膣深くたっぷりと精液を放った。
「アアッ~イグッ~」と人妻充子がしがみついてきた。
グッタリしたまま足を開き生膣から滴る精液をソファ-に垂れ流している人妻充子を眺めていると「もうっすごすぎるわ」
と生膣から滴る精液をティッシュで拭き始めた。
淫靡に姿態である。

部屋を出る時
「あなただけよあなたしかだめなのはなさないで」と抱きついてきた。

人妻充子と快楽の極みの中で生膣深く生中だしするセックスは終わった。
いままで気持ちよく中だしを受入れてくれ続けた人妻充子に感謝しながら

車を降りるとき人妻充子が「また会えるかしら」と言ってきた。
何も答えず振り向かずに車をだした。


---


同窓会の開催通知が届いた。
前回からもう5年が過ぎようとしていた。
たまにミニ同窓会を開くがみんな元気である。

人妻充子は
木村との不倫そして妊娠が旦那の知るところとなり離婚した。
堕ろした後実家近くの賃貸マンションに住み事務員の仕事についている。
木村は
再婚したがほどなく再婚相手は妊娠した。充子との不倫そして妊娠が発覚し流産しバツ2になった。
バツ1の原因を学習することなく繰り返した報いであろう。
木村は充子のマンションに転がり込み同居生活が始まり今となっている。
充子からは年1、2回木村への不満や愚痴を聞いて欲しいと連絡がくる。
愚痴話など口実で足を開かせると歓喜の艶声の中生膣深く全て受入れ満足して帰って行く。
充子の生膣には1度もゴムを着けずに気持ちよく放出させてもらっている。前回は木村の車の中で充子の話を聞き堪能しシ-トに
充子が受入れた私のものを垂れ流しシミになっていることを木村は気づいていない。
美紀は
私と続いているし今シャワ-を浴びている。
一度旦那に密告電話があり危機を迎えたが美紀が上手く誤魔化してくれた。
美紀にもゴムを1度も着けず毎回生膣深く中だししている。

シャワ-を終えた美紀が隣に座った。
「久しぶり会いたかった」
「わたしも」
胸を揉み乳首を吸いながらバスタオルを剥ぎ取りソファ-の上でM字開脚させた美紀のパイパン生膣を舌先でゆっくりと舐め上げ
クリトリスに吸付く。
「アッアアッ~」と頭に手を添え美紀が小さく艶声を出した。
しばらく美紀の生膣と淫汁を舐め味わい、ソファ-の前で仁王立ちになる。
「もういつも元気なんだからうれしいっ」
美紀は反り返っている陰茎を淫靡な口唇で咥え込み濃厚なフェラを始めた。
「ウグッウグッ硬いわ」
深く浅くそして激しく美紀は口唇をすぼめ前後に動かし味わっていた。
ソファ-に浅く座り陰茎を衝きたて「おいで」と誘うと美紀が両足を拡げ跨りながら
「今日は危険日なのよ奥深く浴びせかけて」
淫汁で濡れるパイパン生膣に陰茎をあてがうと対面座位で美紀は覗き込みながら生膣深く咥え込むように腰をしずめた。
「アウッアウッきついわアッイイッ~アッアアッ~」
美紀の腰を掴みパイパン生膣の締りとまとわり感を味わうように突き上げた。
美紀を浅く座らせ両足を持ち上げゆっくりと生膣を楽しみそしてソファ-も揺れるほどガツンガツンと激しく突きはじめると
「アッすごいっアアッ~壊れちゃう~壊れるぅ~」と美紀は歓んだ。
片足を背もたれに掛け美紀に覆い被さり
「美紀締りが良くて最高さ」
「イヤッ言わないでもうっ~もうっあなただけよぉ~」
美紀がしがみついてきた。
片足を抱え生膣を突き出させ深く浅く美紀の生膣を堪能した。
「美紀いっしょに」
「イイッ~アッ~いきそッ~.」
美紀のパイパン生膣を激しく奥深くへと突き始めた。
「うれしいっもうっイクッアアッイクッイクッ中にイグゥ~」
痙攣し始めた美紀のパイパン生膣を堪能しながら
「美紀危険日の中に出すぞ」
ドックンッドックンドクッドクッと浴びせかけるように精液を放った。
「アグッ~ずこいっ~イグッ~」
眉間に皺を寄せ爪をたてながら美紀が痙攣パイパン生膣を押し出してきた。
最高に美味しい美紀に体を重ね淫靡な生膣の余韻を楽しんだ。
グッタリと両足を開いたまま受入れたばかりの精液を垂れ流す美紀の生膣を鑑賞していると「シャワ-使ってくるわ」と股間に
ティッシュをはさみよろよろと離れていった。

ベッドで美紀の裸体を抱き寄せ腕枕をしてやると
「すごくよかったわ」
「美紀もイク時は最高さ」
「あなたに中に出される時はいつもすごいわ」
「相性が合うんだねきっと」
「うれしい」
「同窓会の案内が来たな」
「どうするの」
「欠席しようと思うんだけど美紀に会うだけで十分さ」
「わたしもよ」
「木村と充子は続いているのかな」
「この前充子に会ったら愚痴ばかり言ってたけど大変みたいよ」

「ねぇ~」と美紀が2度目を求めてきた。
69で美紀の濃厚なフェラを堪能し美紀のパイパン生膣を引き寄せ激しく舐め吸い味わった。
美紀が積極的に騎乗位になりパイパン生膣深く咥え込み腰を動かしはじめた。
「アアッいいわっ~もうっ好きよ離さないで」
美紀の腰を掴みながら締りを堪能した。
正常位そして美紀の両足が肩に着くほど折り曲げた屈曲位で挿入を楽しんでいると
「もうっダメッいきそっ~中に頂戴っ」
足を広げパイパン生膣深く陰茎を咥え込み抱きついてきた。
「いきそっよ~またイクッイクッきてきてっ」
美紀が眉間に皺を寄せると同時に
「アアッアッイグッ~」とパイパン生膣を痙攣させてきた。
「美紀いくっ」
激しく押し込みドックンドックンドクドクッと2度目の痺れるような快感の中美紀の痙攣する生膣深く射精した。
「美紀相性がピッタリだな最高だよ」
「もうっ~はなさないでね」と美紀が強く抱きついてきた。
他人の持物の人妻美紀にここまで言われるのは至福の極みである。
旦那さんもう少しの間美紀と美紀の美味な生膣を楽しませてもらいますね。


---


この実話投稿も終わりにしようとしていた矢先あのSC駐車場で買物帰りの人妻充子を偶然見つけた。
「おっ久しぶり元気」
「ええっ元気よ最近全然連絡くれないのね」
「忙しくてな木村とは上手くいってるの」
「えっまっあ~ね」
と曖昧な返事をしながら寂しそうに俯いていた。
「久しぶりにお茶でもマンションまで送るよ」と人妻充子を車に乗せた。
「美紀には会ってるの」
「時々会うわ新しい彼と上手くいってるとかいつもゴムなしですべて受入れていると惚気ていたわ」
美紀は具体的に話さず秘密を守っていることに安心しながら
「木村はこの前の車のシ-トに溢した汚れについて気付いたの」
「ぜんぜん気付いていないわ」
「そうかばれなくて良かったカーセックスなんて初めてだったからな」
「最近木村の帰りが遅いの疲れたとか言って直ぐ寝てしまうの全然触ってもくれないしもう3ヶ月もご無沙汰よ」
「外に女でもいるのかな」
「少し心配だけどもう少し様子を見ようと思うの」
「3ヶ月ご無沙汰というのも木村にしてはおかしいな」
「私がバカだったのよあの時木村に会ったのがいけなかったのよもう戻れないけど」
「あまり悲観するなよ人生楽しまなくては」
買物袋を持ち俯く人妻充子の手を握ってやると
「もう少しお話したいわ部屋でコ-ヒ-でも」と見つめてきた。
人妻充子からの誘いを断る理由も無くマンションの部屋へ

「ヘェッ~ここが木村との愛の巣なんだ」
部屋を見回していると人妻充子がコ-ヒ-を持ってソファ-に座った。
「隣がふたりの寝室なのかな充子と木村が重なる」
「そうよでも会話と言うかアレはご無沙汰なのよ」
俯きながら人妻充子はもじもじしながら頷いた。隣に座る人妻充子を抱き寄せキスし服の上から胸を揉むと
「ウッダメッアッア~久しぶりよ」としがみついてきた。
「でも私には木村が」
「充子とのラブホ、温泉旅行やミニ同窓会の夜のことが思い出されるな一度もゴムしなかったし今日は隅々まで綺麗に
したくなったよ」
ブラウスとブラをたくし上げ人妻充子の乳房にキスマ-クをつけ生膣を弄び始めると
「アアッダメッキスマ-クはばれてしまうでしょ」
口では抵抗するものの生膣はグチョグチョに濡れ始めてきた。
スカ-トの中に手を入れ一気にパンティ-とストッキングを荒々しく剥ぎ取った。
「そっそんな私イヤッ~そんなつもりでは」
ソファ-の上で人妻充子をM字開脚させ生膣を味わった。
「アアッ~ダメッそこっ舐められるとおかしくなっちゃぅ~アッイイッ久しぶりぃ~アアッ~」
激しくクニリングスを続けるとソファ-の上で仰け反り始めた。
「木村にもされるのか」
「イヤッ言わないでもうっアッイイッ~」
ソファ-の前で仁王立ちになると人妻充子がベルトを緩め下半身を露にしてくれた。
「ほんと久しぶりよあなたの味が」
人妻充子の淫靡な口唇と舌でたっぷりとフェラを鑑賞し堪能した。
「ふたりの寝室に行こう」
「えっでも」
嫌がる人妻充子を抱き寄せ無理矢理ふたりの寝室へ入った。
艶かしい雰囲気のベッドの前で急ぎ服を脱ぎ大の字に寝ると人妻充子はそそり起つ陰茎を美味しそうに咥え始めたので
69になり激しく貪りあった。
「木村は遅いの」
「ええ今日はだいじょうぶよ」
M字開脚で待ち望む人妻充子の生膣に陰茎を奥深くまで挿入した。
「アアアッアッそっそんな奥まですっすごいっアアッ~アッイイワァ~」
人妻充子の生膣を久しぶりに堪能し挿入スピ-ドを速め激しく突き捲くった。
騎乗位になると人妻充子は生膣でしっかりと陰茎を咥え込み
「アッアアッ奥にあたるぅ~イイッイキそっ~イイッイッアアッ~」
寝室に響き渡る艶声を出しながら久しぶりの陰茎を生膣奥深く咥え込んだまま腰を激しく動かし続けた。
ベットの端で腰を突き出させ人妻充子の生膣をバックで激しく味わった。
「アアッすっすごいっイクッイクッいっていいでしょもうっアッ~」
腰を掴みより生膣深く届くように激しく挿入し
「充子いっしょに」
「アアッイクッイクッ奥に奥にぃ~中っイグッ~」
腰を引き寄せドックンドックンドクッドクッと人妻充子の生膣奥深くに精液を浴びせかけるとシ-ツを握り締めながら大きな
艶声を出した。
太ももをピクピクさせグッタリしている人妻充子の生膣から陰茎を引き抜くとドロッドロッと受入れたばかりの精液が滴り落ちてきた。
「もうっ相変わらずすごいんだから」
「木村とどっちがいい」
「だめな私ねやはりあなたを忘れられない体になってるみたいあなたを生で受け入れ中に出されてしまったのね」
ティッシュで生膣を拭く人妻充子を抱き寄せ
「ふたりが重なる寝室のベッドだから興奮するよ」
「でも木村が悪いのよね」
「ああ代わりに奥深くまで綺麗にしたよ」
「もうっ~あなたなしではだめになりそうよ」
腕枕をしてやりしばしの休息。

「木村とはいつも生中だしなのか」
「ええっいやな思いをしたくないからピル飲んでるわ」
「このベッドの上で木村にフェラし充子は生膣深く咥え込んで艶声出しているんだ」
「いやっそんな言い方やめてそれよりねぇ~もう1度」
木村のことなど忘れたように人妻充子が濃厚なフェラを始めた。
耐え切れずに硬くなった陰茎を騎乗位で人妻充子は生膣奥深く咥え込み腰を摺り寄せてきた。
「もうっ~イイッアッこれよっあっあたるぅ~アッイイッ~」
人妻充子の艶声を聞きながら大きく開いた両足を抱え上げ屈曲位でたっぷりと
激しく気持ちよく生膣を味わった。美味である。
「アアッもうっ激しすぎるぅ~またイクイクッ~ねぇっ中に中にだしてぇ~」
「充子中に出すぞ」
生膣に腰を押し付け子宮に届けとばかりドックンドックンドクッドクッと放出した。
「イクッイグッ~アアッ~アッイイッ~」
眉間に皺を寄せ爪を立てながら仰け反り人妻充子は生膣深く射精を味わい受け入れた。
荒い息のままグッタリした人妻充子は生膣から受入れた精液を流れ出している。
「木村にいつもこんな風に中だしされているだ」
「イヤッあなたを受入れる瞬間が最高また忘れられなくなりそう」
「木村には内緒だよ」
「ええっ分かってるわでもここが言うことを聞かなくなったら如何しようかしら」
生膣をティッシュで拭きながら人妻充子が寄り添ってきた。
「言うことを聞かなくなったら連絡しておいで鎮めてあげるから」
「うれしいっ直ぐかもよ」
「だめだよ木村にばれるから気をつけなくては」
「もうっ~いじわる」
部屋の中に散らばった衣服を拾いながら帰り仕度をしていると
「ときどき会ってねお願い」
人妻充子が甘えてきたが曖昧な返事をしてマンションを後にした。

木村よちゃんと充子の相手をしてやれよ。
摘み食いも美味しいものである。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する