FC2ブログ
2019 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 08

【熟女体験談】コタツで眠るお母さんに欲情し、アソコを弄って中出しした息子

kage

2019/07/07 (Sun)

高校生の頃、コタツで眠るお母さんに欲情してしまった。

お母さんはショートヘヤで顔はまぁまぁ、身長150ぐらいで体重60半ばの、小デブな体型です。

うちは市営住宅で、お母さんはパートのほかに早朝のアルバイトをしていたので、
布団だと眠りが深すぎて起きれないと、いつも服を着たままコタツで寝ていました。

その日もTVで洋画を見ていて、布団で寝るのが面倒くさくなって、お母さんの横で寝ることにした。

普段は裸を見ても女を感じたことのない、おデブな母だったが、この日は目が冴えてどうしても、お母さんの女の部分が気になって仕方なかった。

当時のコタツの赤いランプの中で、お母さんのジーンズのジッパーを下げて、モゾモゾと手を木綿のおばさんパンツに潜り込ませた。

中坊のころに同じような木綿パンツにチンポを擦りつけてオナったこともあったが、ただ罪悪感でいっぱいでお母さんをどうこうしようという発想はなかった。

しかし、このときはどうしてもオマンコに触ってみたくて、シャリシャリとした陰毛を掻き分け、指先が割れ目の中へ進めた。

あ!?なんか突起の感触が・・・・

日頃、全身をマッサージして全てを知っていると思っていたお母さんの未知のパーツにすごく興奮した。

突起をクリクリといじっていると母のいびきが止まった。
ドキドキしながらしばらく様子を伺っていると、おだやかな寝息になったので、深呼吸して、その奥へ指を進めたとき

「貴大!?」

お母さんががばっと跳ね起きた。
俺は慌てて、たぬき寝入りをしましたが、当然バレバレだった。

お母さんは背を向けている俺に話しかけた。

「なぁ・・・タカ、起きとるんやろ?お母さん、寝ぼけててお豆いじっとんのお父さんかと思ったわ・・・。
タカ、まだ女の経験ないんやろ?そんなにアソコ、触りたかったんか?触らしてあげたいけど・・・親子やからな。な?
やめとこ・・・。今日のことは何にもなかったことにするから・・・心配せんでええ。お母さん、黙っとくから・・・」

イザってときにビビって口も聞けないほぼ震えていたオレにお母さんは優しく話しかけてれたが、自分が情けなくてどうしようもなかった。

それから数年経って、大学の卒業を間近に控えたある日。

卒論の発表も終わり、実家でのんびり過ごしていた俺はお母さんと酒を飲んでいたが、
めっきりアルコールに弱くなっていたお母さんはグラス一杯で酔ってしまった。

そのままお母さんはコタツに寝入ってしまい、俺は母が俺の大学卒業後に離婚するつもりだという話を反芻していた。
お母さんは、手紙や電話ぐらいはするけど、どこへ行くのかは教えないと言った。

もう何年も前からお母さんはいつか離婚すると俺に話していたが、その日が近づいてきたのを実感すると、
この家からお母さんがいなくなるのがとても寂しく感じてしまった。

お母さんの横に寝転がると、数年前にオマンコに触ろうとして失敗したあの日をことを思い返していた。
もう童貞を卒業して彼女もいたが、あの日のことを忘れたことはなかった。

偶然にもあの日と同じようなシチュエーションで、お母さんのジーンズのホックを外し、ジッパーを下げた。

あいかわらず色気がまったくないおばさんパンツで、下腹部は以前よりもむっちりしてウエストのゴムが若干食い込んでいた。
ここまでは、寝るのに苦しそうだったからと言い訳もできる。

だが、女にも多少慣れたこともあって、パンツの中へ手を入れると、スムーズに陰毛の上を滑らせて、女の部分に最短距離で到達した。

拙い女体の探索ではなく、お母さんを感じさせるためのクリトリスへの愛撫。
熟女の身体が反応し始め、肉襞のあたりが少しヌルっとしてきたのがわかった。

お母さんが「あっ・・・」と声をあげたかと思うと、当然のようにガバっと起きだして俺を真っ直ぐ見た。

「貴大!?」

デジャブ。しかし数年前と違い、俺は逃げずにお母さんと対峙した。

「何しとんの、もう・・・酔ってるんか?」
「まぁ、酔ってるけど・・・お母さん、おらんようになるの寂しくて」

手の膣口への侵入を一旦中止して、お母さんの出方を伺っていた。

「何言うてんの、彼女もおんのに・・・」

昔のように頭ごなしに叱るのではなく、諭すような物言いだった。

「わかっとるけど・・・高校んときのこと、忘れられなくて」

そう言って、土手の茂みを撫ぜた。指先に柔らかい、割れ目が触れる。

「あんときのこと、まだ覚えとったん?もう・・・。こんなオバンのアソコなんか興味持たんの。
色も形も汚いし、彼女なんかとかと比べられるのイヤやもん。な?そろそろ終わりにして、ねよ?」

お母さんは手を重ねて、俺は黙って、割れ目の先に指を進め、クリトリスの上の方をグリグリと円を描いていた。

「そんなのアカンて・・・お母さん、おかしなるもん・・・あっ!?」

お母さんがぎゅっと太ももを閉じたので、手をねじ込んで女陰に侵入した。
もう十分にヌルヌルになっていて、自分が生まれた穴がどうなっているのか指先でしつこいほど訪問した。

お母さんは手首を掴んで止めようしたが、もう力で俺を止めることはできなかった。

「お母さん、感じてんだ?すげーヌルヌル」
「何言うとんの、こんなん・・・女を無理やりいじるんは最低や云うてきたやろ!」

けど、母の抵抗は俺を止めるにはあまりにも力の差があった。

「お母さん、おらんようになる前に、どうしても触りたい。ちゃんと覚えていたい」
「親子でこんなのダメやって・・・」

指を曲げて、ツブツブした膣の天井をこすると、うっ・・・とお母さんがうめき声をあげて、腰を浮かせる。
たっぷりの愛液で膣口はヌルヌルになっていたので、もう一本入れると

「痛い!乱暴や・・・無茶せんといて」

それでもお母さんの股間からはどんどん汁が溢れてきて、きつかった抵抗がなくなりトロトロになった膣肉が指に吸いついてきた。

二本の指でグルグルとかき混ぜて、お母さんはハァハァと吐息を洩らし、そんな顔を見られまいと腕で隠していた。

「あ・・・ダメ・・・あ・・・んん」

お母さんが俺の手をぎゅっと掴んで身体を縮めると、何度かビクっと身体を震わせた。

「ダメ、動かさんといて!!」

お母さんの中の指を泳がせると、尻が持ち上がりギューっと力が入って仰け反った。
指を抜くと、小便と汗と女の蒸れた匂いが鼻をついた。

お母さんはぐったりして、荒い呼吸で胸が上下していた。
俺はズボンを脱ぎ捨て、下半身裸になると、コタツを部屋の隅に追いやった。

お母さんのジーンズに手をかけると、抵抗する間もなく引きぬき、下半身は剥ぎとり損ねたボロいおばパン一枚だけになった。

素足を絡めて、お母さんに抱きつくと

「こんなん嫌・・・親をレイプするんか?」

と激しく抵抗し、もうええやろ?満足したやろ?・・・お母さんはそういい俺を拒絶した。
俺はお母さんにビンビンになったチンポを握らせると、

「レイプなんかせんよ・・・けど、俺こんなになっとるもん・・・手やったらええか?」

そういうとお母さんは黙って、ゆっくりと扱き始めた。

「お母さん、あんまこういうことしたことないから・・・これでええんか?」

俺はうなづくと、母親の愛撫に赤ちゃんになったかのような錯覚を覚えた。
最初は恐る恐るだったお母さんも、息子に興味をもったのか、お腹に頭を乗せて眺めながら扱いた。

「タカの大きいね・・・小さくて可愛かったのになぁ・・・」

感慨深く、丁寧に愛撫してくれた。
皮もひっぱり、亀頭を剥き出しにすると指でコネコネといじって、先っぽの汁を広げた。

「気持ちいい?先っぽから汁出とるわ・・・出そう?」

お母さんにこんな風されていると、肩もみの延長のようで、まだいきたくなかった。

「すげー気持ちいい・・・お母さんの触ってもいい?触るだけやから・・・」

お母さんはいいと言わなかったが、黙ってトレーナの中に手を入れても怒らなかった。

俺はお母さんの豊満な乳房と固く勃った乳首を口に含み、お母さんは睾丸と竿をマッサージしてくれた。
乳首を吸ってもお母さんは嫌がらず、むしろ何度も頭を撫ぜて子供のようにあやした。

お母さんに覆いかぶさっているので、時々亀頭が木綿の上から柔らかくふかふかしたところを押し込んだが、
しっかりと握られているので、腰を入れるとギュっと掴まれた。

お母さんの胸元から首へとキスしながら、ついに唇を重ねた。
舌を入れようとすると、しっかり歯でガードされ顔を背けると

「そんなイヤラしいキス、嫌。もう気が済んだやろ?はよ、終わらそ」

お母さんとようやく親密になれたのに、お母さんはこれ以上は・・・と迷っているのがわかった。

「下手くそでごめんね・・・手でイケそう?」

お母さんから聞いてくれたのがチャンスだった。

「手だと無理かも・・・口でできる?」
「やったことない・・・彼女にもやらせとんの?」

俺がうなづくと、チンポに口を近づけて、亀頭の割れ目をチロチロした先で舐め始めた。

「これでいいんか?・・・ちょっとしょっぱいし、匂いするわ。ちゃんと洗っとるか?」

そういって、一番汚れのたまりやすいエラの部分を舐めてくれた。

「ごめん、まだ風呂入ってないから」
「綺麗にせんと、彼女に嫌われるよ。ちゃんと皮剥いて洗うんよ」

そういいながら叙々に根元まで降りていって睾丸の裏側まで舐めると、

「ねぇ?チンポの先っぽしゃぶっても大丈夫なんか?歯とか痛くない?」

と真面目なお母さんの口から、こんな言葉が出てきて驚いた。
ねっとりした舌の感触が下半身を包んだ。

「あぁ~お母さん、気持ちいい・・・もっと舌動かして」

お母さんの歯があたるものの、丁寧な舌使いで、まだ風呂に入っていないチンポを躊躇なく舐めてくれた。
ナツメ灯の暗い灯りの中、母が咥える姿に興奮し、脛で股間を何度もこすりあげた。

「もう、いたずらせんの・・・」

お母さんが呆れたように言う。

「だって、おっぱいに届かんもん」

俺がそういうと、お母さんは黙って身体を入れ替えて、お尻をこっちの方へ向けた。
最初は片手で吊り下がったおっぱいに触っているだけだったが、パンツ越しにお母さんの湿っているところを押しこむ。

溝にそってこすっているうちに母のしゃぶり方が激しくなり、俺も射精感がこみ上げてきた。

パンツの脇からはみでる陰毛もひっぱり、そこから指を入れてみたが、プックリした周辺に触れるだけで、肝心なところがうまく触れなかった。

フェラチオもあと少しで絶頂・・・まで来ていたが、最後までなかなか届かなかった。

「ごめんね・・・お母さん、口でするの初めてやし、うまく出来んわ」

顎が疲れて、お母さんはこれ以上フェラするのがきつそうだった。

「ううん、ありがと・・・すげー気持よかった。フェラチオ初めてやったのに、いきそうやった」

俺なお母さんの労って、頭の代わりにお尻を撫ぜた。

「彼女、いつもこんなことしてくれるんか?・・・精子、口に出したらどうするん?」く
「ペって吐き出せばいいよ。彼女は飲んでくれるけど」

お母さんは少し黙ったあと、

「もう一回頑張ろうか?貴大が出したいんやったら、飲んであげる」

・・・沈黙・・・

俺は黙ってお母さんに軽いキスを何度もした。

そして舌の侵入を試みる・・・何度かのトライのあと、ようやく隙間があき、舌の侵入させた。
舌をベロベロを絡めている間、お母さんを足を絡めて背中に手を回して密着した。

チンポはお母さんのポッコリしたお腹に刺さるように、主張していた。

「もうイヤラしいキス、ダメって・・・」

そういうお母さんは、もう拒まなかった。
また激しくを舌を絡ませて、唾液を交換するように口を啜る。

手はお母さんのパンツの中に潜り込み、茂みをかき分けた親指の腹でクリトリスを撫ぜて、
膣内の人差し指を曲げて、ツブツブの天井をつまんむように輪を作った。

「あ・・・いい!いい~お母さん、またおかしなる・・・」

口を離して大きく息を吐くと、お母さんはギュっと抱きついてきた。
トロトロになった膣から再び汁が溢れてきて、お母さんも触りやすいように少し股を広げると、支えにしていた中指が尻の穴にも入っていった。

それでもお母さんは拒否せず、あっあっ・・と快感に浸っていた。
俺は意を決して、

「お母さん・・・入れてもええやろ?・・・セックスしよ」

しかし、お母さんは

「ダメ・・・それだけは・・・近親相姦なんか犬畜生や」

その一点張りだった。

「お母さん、こんなになっとんのに・・・」

クリトリスを押しつぶすようにギュっと力を入れると、膣と肛門がギュっと指を締め付けた。
お母さんは涙声で、

「堪忍や、もういじめんといて・・・お前のお母さんでおれんようになる」

一生懸命、俺のチンポを扱いて満足させようとしていた。
我慢の限界だった。

俺はお母さんの太い足を大きく拡げて、湿った股布をずらしヌルヌルと亀頭を押し当てた。
お母さんに力はなく、顔を抑えて嗚咽していた。

ズブっとした感触とともにお母さんの一番深いところに沈んだ。
腰を動かすと、お母さんは大きな声で喘ぎ、ついに近親相姦してしまったことを嘆いた。

「あぁああ・・・もう、お母さんでおれん・・・なんで貴大、こんなことしたん」

お母さんはもう俺を受け入れていた。
ジュブジュブと音を立て、自分から腰を合わせているようだった彼女のよりも柔らかくて、肉厚な感じがする熟女の膣の具合に、感激した。

ゴムをつけず、性器同士が生で触れるセックスも初めてだった。
生お母さんが愛おしく、このまま膣の中で果てて、精子を受け入れて欲しいとさえ思ってた。

「後生やから、これだけ聞いて・・・避妊して、お願い」

お母さんはそれさえすれば、なんでもやらしてあげるからと懇願した。

「お母さん、妊娠しやすいの・・・去年も失敗して子供堕ろしたの知っとるやろ?一緒に供養いったの・・・」

俺はニ度お母さんふたりで、弟たちには内緒で水子供養に出かけ、その時にこれまでも何度か望まない妊娠・中絶をしたのを聞いた。

「そこのタンスの一番上の隅っこにあるから」

お母さんの中から抜いて、部屋の灯りを付けると下着入れの隅からコンドームを取り出した。
振り返ると、お母さんは四つん這いになって、お尻を高く持ち上げていた。

俺はパンツに手をかけて、白いお尻を剥き出しにして、尻たぶを広げた。
さっきまでいじられていた茶色い肛門がヒクヒクとして、初めて生でセックスした熟穴がパクパクを口を広げていた。

「こんな明るいの恥ずかしいわ・・・貴大、いいよ・・・来て」

コンドームをつけたチンポがお母さんの中に飲み込まれた。

「あぁ!?ああ・・・いい~貴大、お母さんイク・・・」

お尻をがっちり掴んだバックからの挿入に、お母さんは激しく悶えて、絞めつけた。
繋がっているところが丸見えで、膣がチンポに引っ張られて離さない様子が伺えた。

お母さんの恥丘はかなり毛深いが、オマンコの周辺は毛が薄くきれいなピンク色で彼女のように色素もあまり沈着していなかった。

「お母さんに入ってるの丸見えや。綺麗やしエロいよ・・・お母さんもホントはして欲しかったん?」
「あぁ・・・あんま、見んといて恥ずかしい・・貴大のすごい気持ちいい・・・もっといっぱいして」

性器が結合している箇所が白く泡立ち、お母さんのお尻には汗の玉が浮いて
いた。
パンパンと肉のぶつかる音がし、お母さんの深いところを抉った。絶頂まであと少しだった。

「お母さん、俺もういきそう・・・」
「いいよ・・・お母さんも何回イッたかわからんもん・・・。来て」

お母さんがイったと聞いてスパートをかけると、お母さんが一段苦しそうな喘ぎ声を搾り出して、こたつ布団のすそをギュっと握った。

俺もゴム越しで、お母さんの中でドピュドピュと射精した。
いつまでもしゃくりが止まらず、根元から溢れてきそうだった。

激しい交わりにこのあとグッタリしてしまって、俺とお母さんは下半身裸のまま、コタツの中で横たわっていた。
お母さんもだいぶ眠くなって、けだるそうだったが「離婚しても、絶対に離れない」と親子の繋がりを確認しあっていた。

親父が深夜遅くにかえってきたとき、俺とお母さんはたぬき寝入りしたまま互いに性器を弄りあってた。

俺はクリトリスを弄り、お母さんは何度も皮をひっぱったり剥いたりして、痛いぐらい勃起させようとしていた、
親父は黙ってふたりに毛布を肩にかけて、そのまま自分の部屋へ行ってしまった。

お母さんは薄目をあけて、

「もう貴大だけやから・・・いつまでも一緒にいような」そうつぶやいた。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: