FC2ブログ
2019 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 08

【熟女体験談】お風呂場でオナニーが日課になっている義母を覗いたら求められ中出しSEX

kage

2019/07/05 (Fri)

私は42歳で、嫁の母は65歳。

嫁さんが海外出張から帰ってくるまであと約1ヶ月。

義母と二人きりの生活が続きます。

そして、最近、義母の秘密をしったんです。

義母は、どうやらお風呂場でオナニーをする事が日課になっているようで、お風呂場からかすかな喘ぎ声が聞こえるんです。

昨日も夕食に一緒に少しお酒を飲み、義母はほろ酔い加減。

「お風呂入ってくるわ」

還暦の義母はパジャマを持って、お風呂場にいきました。

チャンス到来です。

今夜も義母のオナ二ーを鑑賞できると、股間はフル勃起。

息を殺して電気も消して、そのときを待ちます。

そして、体を洗い流すような音が聞こえると、義母の卑猥な声が漏れ始めるんです。

私はもう我慢出来ずに、義母の手淫している現場を見たいと、浴室のドアをあけ中を覗きこむと、

風呂椅子に腰掛け、片足を浴槽の淵にのせ右手で垂れたおっぱいを揉み、やがて手は下の方に進み、

白髪交じりの陰毛をかきわけ、クリトリスを愛撫しているです

そして、当然義母も私の存在に気づき、目があい

「たったかしさん・・・」

「お義母さん、とってもとってもセクシーです。僕のオチンチンがはちきれそうです。」

と勃起したペニスを目の前に出すと、義母はパクっとしゃぶりはじめるんです。

「駄目だと、わかっていても・・・あなた達夫婦のSEXの声で、私、この年で目覚めちゃったのよ・・

娘には、悪いけど・・・たかしさんが責任とってくれるのね」

と小悪魔のように笑い、私のペニスを美味しそうにしゃぶるんです。

たまりません。

私は、義母のフェラチオされながら、密かに隠し持っていた義母のシミ付きパンティの匂いを間の前で嗅いであげると

「もう、変態なお婿さんね」

って嬉しそうにするです。

そんあ義母のアンニュイな顔で、私は我慢できなくなって、お風呂場でふくよかな豊満な義母を立たせ、後ろから突き上げるように挿入したんです。

「あっ・・・あぁあ・・・たかしさんぁん」

お風呂場でお義母さんが私の名前を叫ぶ音が反響するんです。

甘いお義母さんの喘ぎ声が、まるで催眠のようで、私は無我夢中で腰を振り続け、そしておまんこに中出ししてしまいました。

65歳なので、妊娠する心配もありませんし。

そして膣からペニスを抜くと、白髪混じりの陰毛にザーメンがべっとりとくっついてるんです。

何とも官能的な光景なのか、私は射精したばかりなのに半立ち状態なると、お義母さんは嬉しそうに私に抱きつき、手コキしながらキスしてくるんです。

「可愛いお婿さんね」

って微笑みながら、お義母さんと濃厚キスをしました

あと1ヶ月で妻は帰ってきます。

その間、義母の裸体をたっぷり楽しみたいと思います。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: