FC2ブログ
2019 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 06

【熟女体験談】温泉街に旅行にいった時、ソープのお婆ちゃんとSEXしちゃった

kage

2019/05/05 (Sun)

年末に田舎の温泉街に旅行にいった時、温泉街のソープのお婆ちゃんとSEXしちゃったよ!

六十路は余裕に回った還暦、もしくは70代の老婆。

やはりオマンコは凄い事になってた。

しかも上の歯が入れ歯だった。

孫もいるんだってさ。

オマンコすっかすかで全然挿入感無いのに、トレーシーローズばりの喘ぎ声で、

「お兄さん固い!すごく固いよ!当たってるよ!はぁ~!」

って叫ぶんだけど、全然6分勃ちなわけ。

ティンコはどこにも触れてないような感覚。

そうだなぁ~、例えると350mm缶をくり抜いたのに突っ込んでる感じかな?

オマンコなんか全体的に飛び出してて、発情期のサルみたいなワケ。

そんでもって

「おっぱい揉んで~、はぁ~」

とか言ってんだけど、ほぼ棒読み。学芸会のレベル。

狂ったお婆さんって感じなわけだよ

エロってよりもホラーなエログロショー見てる気分で、当然ながら口臭も結構凄いわけよ。

ティンコもいい加減にゲンナリしちゃってね~。

そんな事にはお婆さんも慣れてるようでね、右手に唾液をたっぷり付けてさ、シゴクんけどさ。

これが逆手なんだ。逆手。

シゴクというよりも刃物を突き刺す手つきなわけ。

少しすると唾が乾くでしょ?摩擦で。

蒸発して臭いんだ、これが。

緑亀の水槽の臭いに近い。

そんでおばちゃんの顔みると、次の唾を口の中で貯めてるわけだ。まだやるかって感じ。

そんな条件なのに、俺のティンコ、また勃ってきてさ。何だろね?自分でもビックリ。

そしたらおばちゃん、大量の唾をティンコにベッタリ塗りたくって。

そしてやおらバックスタイルに構えてさ、こう言うわけ。

「お尻の方に入れていいよ~、お兄ちゃんの、少し大きいけど、早く~ぅん」

言っとくけどココまで生だぜ?

で一瞬躊躇してると、お婆ちゃんテメェの肛門にも唾塗ってるわけ。

で、その指をもう一回自分の口に持ってって唾追加してんの。

今度は指入れて中にも唾塗ってさ。

不思議なもんで、俺のティンコ、ギンギンになっちゃってさ。

肛門に突き刺したよ。

メリメリと。いや、メリメリではなかったな。スポーンって入った。

後はガムシャラに腰振って、振って振りまくった。

そんで射精した。中出し。

おばちゃんの絶叫聞きながら果てた。

ティンコ抜いたらさ、やっぱ○がすげえ付着してんだよね。

まだら模様になってんの。

で湯気が立ってた。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: